英語学習でやってはいけないこと:15項目紹介

スポンサードリンク

Pocket

考える女性2

このブログ読者の中にも英語学習の必要に迫られている人がいらっしゃるのではないでしょうか?

・会社からTOEICで〇〇点以上取るように言われている。
・受験や就職試験で勉強しなければならない。
・インターネットで情報を得る際に、英語が読めると便利
・仕事で外国人とコミュニケーションしなければならない。
・その他いろいろ・・・

長期に渡る継続学習をしなければ英語は身に付きませんが、やり方を間違えたり勘違いしていると、思うような成果を挙げられないことが多いです。
有効な方法を実践することも大切ですが、落とし穴を避けることも重要です。やった方が良いこと以外に、やってはいけないことを意識しておくことも価値があると思います。

この記事では、「英語学習でやってはいけないこと」を紹介します。私が英語学習をする中で気付いたことです。
15項目各々についての詳細は、各リンク先を読んでください。リンク先は、私が運営している別のブログ(英語ニュースと英語学習のブログ)です。

(1)英単語記憶偏重学習
(2)英単語の意味を1つだけと思い込む
(3)英文を雑に読む
(4)文法知識の穴を放置する
(5)楽して短期間で習得できると思うこと
(6)ツライと感じる方法を無理に続けようとする
(7)インプットばかりでアウトプットをしない
(8)抑揚のない小さい声でボソボソしゃべる
(9)目的意識が無く受け身の姿勢で取り組む
(10)不十分な日本語能力を放置する
(11)テスト対策だけが目的になる
(12)できないのを年齢のせいにする
(13)気が向いた時だけ取り組む
(14)復習をしない
(15)「和製英語」を英語だと勘違いする

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です