【日本政府は黙認】二重国籍の問題を冷静に考える。

Pocket

写真(民進党の新代表に就任した蓮舫氏) 出典:ロイター
写真(民進党の新代表に就任した蓮舫氏) 出典:ロイター

 民進党の新しい代表に選ばれた蓮舫氏がきっかけで、二重国籍問題が注目されている。二重国籍の人は22歳になるまでにどちらか一方の国籍を選び、日本国籍を選んだ場合は、もう一方を放棄するよう努めよと法律では定められている。しかし政府の推計によると現在、二重国籍者は68万人もいる。つまり、日本国籍を選びながら、他国の国籍を放棄していない人が多いことを示している。

 日本政府は二重国籍を認めていないが、法律上は努力義務であり、違法とは言えない。外国籍をはく奪するように他国へ強制する手立てはないし、本人が動くのを待つしかないのだ。法律上は、二重国籍者に対して法務省から警告文書が送られることになっている。しかし、日本政府は約68万人も存在することを知っていながら、過去数十年間、一度として警告文を送ったことがない。また、国籍法では、二重国籍者の日本国籍がはく奪される可能性について書かれているが、実際には、はく奪された事例はない。

 要するに、現実に68万人も存在する二重国籍者を日本政府は黙認しているのだ。自民党も蓮舫氏の件では、ほとんど追及らしいことはしていない。しかし、蓮舫氏は政治家であり法律の趣旨を尊重する姿勢を見せねばならない。よって、二重国籍の事実を確認後、台湾国籍放棄の手続きを取ったという。

 蓮舫氏以外の二重国籍者に対して、今後は厳しい態度を取るべきなのだろうか?実は官僚たちは及び腰である。手続きが複雑で時間がかかるというだけではない。2012年の法務省国会答弁によると、国籍選択をした人の約10%を調べたところ、約半数が日本国籍を放棄したという。68万人に対して強制的に単一国籍を迫ったら、何十万という単位で国民が減る可能性があるのだ。二重国籍者には若くて有能な納税者も多く、官僚は自分の首を絞めるようなことはできない。

 いわゆるハーフと言われる人には二重国籍が多いが、彼らは豊富な海外生活体験を有することが珍しくない。英語などの外国語を不自由なく操り、偏狭な村社会の論理に染まっていないのが魅力だ。(もちろん、全員がそうだとは言わない)日本国内で純粋培養された秀才よりは、ディスカッション能力や起業家精神が高く、日本社会に活力を与えてくれるだろう。日本政府に黙認されている二重国籍は、当の本人たちにとっても、活動の幅が広がるなどメリットがある。両親の二つの国籍に愛着を持っている場合、一方を捨てろというのは酷だろう。

 日本政府にとっても二重国籍保有者にとっても、あまり騒がずに現状の黙認状態を続けるのがベストのようだ。しかし、いつまでもグレーゾーンを続けていいのだろうか?

 世界的な潮流は、複数国籍の保持を法的に認める方向だ。1960年から現在(2016年)に至る間、一つの国籍しか認めない国は半減し、全世界の約3割にまで低下している。その一方で二重国籍者は激増している。過去十年で倍増したというデータもある。国際交流がますます活発になっている以上、ハーフの数が増えるのも避けられない。

 二重国籍の所有は黙認ではなく、法律で明確に認める方向で検討すべきだと考える。日本人を純血化しようと妄想している反動右翼がいるが、彼らの時代錯誤な発想など気にする価値はないのだ。

参考リンク:
「Japan’s dual citizens get a tacit nod but keep their status in the shadows」

「Renho and the ‘pure blood’ mythos」

以上

Pocket

【無意識の差別】日本におけるハーフの待遇は肌の色で決まる?

Pocket

 自身も日本人とアメリカ人のハーフであるジャーナリスト:Morley Robertson氏によると、日本社会では、人種や肌の色による序列が強固に根付いているという。私もこの意見には同意せざるを得なかった。

 両親のうち一人が日本人で、もう一方が外国人の場合、その子供はハーフと呼ばれている。2014年に生まれた子供のうち、ハーフの割合は3.4%と少ないが、その数は増える傾向にある。

 ハーフの中でも片親が白人の場合、日本社会ではかなり丁重に扱われる。肌の色、目の色、髪の色がいわゆる西洋風であれば、馬鹿にされたり差別される確率はかなり下がる。前出のMorley Robertson氏も、かなり優遇されたという。

 片親がアフリカ系の黒人の場合、子供のころからイジメの対象となるのが普通である。2015年にミス・ユニバースの日本代表に選ばれた宮本エリアナさんは、肌の色などにより差別され、幼少のころから辛い思いをしてきた。

写真(宮本エリアナさん) 出典:getty-images
写真(宮本エリアナさん) 出典:getty-images

 2016年にミス・ワールド日本代表となった吉川プリアンカさんは、日本人とインド人のハーフだ。10歳で日本に引っ越して来たが、肌の色が原因でいじめられ、ばい菌のように扱われたそうだ。宮本さんと吉川さんは、二人とも大会後、「混血のくせに何で日本代表に選ばれたんだ!?」という批判にさらされた。

写真(吉川プリアンカさん)
写真(吉川プリアンカさん)

 もしも、宮本エリアナさんや吉川プリアンカさんが白人と日本人のハーフだったら、批判はほとんど起きなかったに違いない。日本人は西洋風のルックスに弱いのだ。

 2016年9月15日に民進党の代表に選ばれた蓮舫氏は、台湾人と日本人のハーフである。肌の色など見かけは、ほとんど普通の日本人と見分けがつかない。しかし、片親が台湾人というのが気に食わない人間が多いらしく、二重国籍の問題でネチネチとした批判が繰り広げられた。

写真(民進党の代表に選ばれた蓮舫氏)
写真(民進党の代表に選ばれた蓮舫氏)

 以上述べたように、日本社会では、ハーフは無意識のうちに序列化されている。頂点に立つのが白人のハーフ、底辺が黒人のハーフだ。では、白人のハーフは何をやっても許されるのかというと、そんなことはない。上意下達を当然のこととして受け止め、他人の顔色をうかがいながら自分の行動や発言を決める習慣が身に付いていなければ、組織の中で浮いてしまう。いつまでも仲間として認めてもらえず、お客さん扱いのままだ。

 民主的に議論ができず、肌の色で人を差別し、ハーフの存在を素直に受け入れない・・・ 日本社会の国際化は道半ばだが、島国に長年暮らし、周囲のほとんどが日本人だけで占められているのであれば無理からぬところもある。白人へのコンプレックスは、アメリカの植民地状態が長年続いていることも影響しているのだろう。若い世代は比較的マシだと思うが、異質な存在を受け入れようとしない雰囲気は日本ではとても根強い。

 日本社会に存在する人種差別や島国根性は、日本人ばかりに囲まれて暮らしている限り、なかなか気づきにくい。人種差別の事実を指摘すると感情的に反発する人も多い。差別される側の声に素直に耳を傾けるのは少数派だろう。この記事を最後まで読んでくれたあなたはどうだろうか?日本は美しい国だと思いますか?

参考リンク:
「Japan’s opposition chooses female, half-Taiwanese leader Renho」

「Miss Japan won by half Indian Priyanka Yoshikawa」

以上

Pocket

【不思議?】ハーフのミス日本が、日本のメディアからほとんど無視されているのはなぜか?

Pocket

 いわゆる美人コンテストについては賛否両論ありますが、その是非をこの記事では取り上げません。
 さて、2015年のミスユニバースジャパンに宮本エリアナさんが選ばれました。彼女は日本でまれ、ずっと日本で暮らしてきました。

写真(宮本エリアナさん) 出典:getty-images
写真(宮本エリアナさん) 出典:不明

 海外メディアは競うように彼女のことを取材しているのですが、日本のメディアはほとんど無視しています。なぜでしょう?

 無視するだけでなく、「ハーフをミス日本に選んでいいのかよ?」「彼女が日本代表だなんて気分が悪いわ!」、などの中傷を浴びています。なぜでしょう?

 背景や原因も含めてBBCが報道しているビデオを見つけましたのでご覧ください。(2分35秒)

 こちらがBBCの記事リンクです。↓(2015年6月4日付)

「The beauty contest winner making Japan look at itself」(ミス日本が日本社会を見直すきっかけを作った)

 宮本エリアナさんが、ハーフでない他のミス日本と異なる扱いを受けている原因を以下に述べます。私の意見です。

1)日本に住む外国人の割合が極めて低い。
 移民は全人口の1%程度に過ぎませんし、そのほとんどが中国人と韓国人です。日本は他国とは海で隔てられた島国という地理的要因も大きいでしょう。日本人とだけ交流をして一生を終わる、という人が殆どなのではないでしょうか?
 このような状況下では、ハーフを日本人だと素直に認識する人は稀でしょう。大なり小なり戸惑うのが普通です。

2)ステレオタイプ的なものの見方をする人が多い。
 ある言葉を聞くと、固定化・単純化されたイメージしか思い浮かべないのです。人の話を聞いて学び自分の考えを発展させようという態度に乏しいのは、知的怠惰といえます。忙しさを言い訳にして惰性で生きていると、視野が狭く固定観念に囚われたままになり易いのです。
 外国と異なり、日本人は議論仕方を学校で学びませんし、お上の言うことを素直に受け入れるように教育されます。自発的隷従という情けない知的怠惰が蔓延しています。ステレオタイプ的なものの見方しかしない人が多数派になってしまうのは当然でしょう。御用メディアの跋扈もこれに拍車をかけています。
 上記の理由により、ハーフの宮本エリアナさんをミス日本として素直に受け入れて祝福することができないのです。

最後に:
 政府は英語教育に力を入れようとしていますが、たとえ語学を堪能にしても、それだけでは国際化への対応はできません。日本人が持つ基本的な態度や考え方に対しても問題意識を持ち続けることが必要です。

 BBCの記事の中から宮本エリアナさんの意見を引用して本記事を終わりにしたいと思います。

「There will be more and more international marriages and there will be more mixed kids in the future. So I believe we need to change the way of thinking for those kids, for their future.」
(国際結婚やハーフの子供は、これからどんどん増えるでしょう。その子たちの将来のためにも、我々日本人は考え方を変えなきゃいけないと思います。)

以上

Pocket