【参議院選挙で改憲派圧勝!】今後、日本国憲法の改悪を阻止するために我々日本人がすべきことは何か?

スポンサードリンク

Pocket

 2016年7月10日の参議院選挙は、自公政権側の圧勝に終わりました。おおさか維新だけでなく無所属なども合わせるとの改憲派勢力は2/3に達していると思われます。安倍総理は憲法改悪をヤル気満々です。

写真(参院選圧勝を受け、憲法改正に意欲を示す安倍総理)
写真(参院選圧勝を受け、憲法改正に意欲を示す安倍総理)

 今後、国会で憲法改正の発議をすることは十分に可能でしょう。あの劣悪な自民党改憲草案がそのまま出てくるかどうかは分かりませんが、現在の先進的な憲法より劣悪なものにしようとしていることは間違いありません。国民に多くの義務を課して、支配する道具にしたいのです。

 あくまで仮の話ですが、日本の統治権力者が善良で論理的思考力ある場合、自民党の劣悪な改憲草案内容であっても、国民のためになるような解釈を行い、今よりも暮らしやすい社会を作ることが可能だと思います。現在の日本国憲法は世界の中でもかなり先進的な内容であり、崇高な理念を謳っていますが、極悪反動政治家の手にかかれば簡単に蹂躙され、歪曲された解釈でもって、戦前の暗黒社会を再現することもできてしまいます。つまり、憲法という条文に魂を入れられるかどうか、活かすことができるかどうかは、政治家やそれを選ぶ国民次第なのです。

 いまの日本の問題点は、戦前回帰願望が強い極右反動政治家たちが、近代憲法の体を成していない劣悪な代物に憲法を書き変えて、人々からの搾取をより進めようとしていることです。権力層の利益のために、まともに暮らしが不可能なアメリカ型社会を実現しようとしていることが問題なのです。将来的に徴兵制度をつくり、命を差し出すことも要求してくるでしょう。具体的な内容については、下記リンク先を参照してください。

自民党「日本国憲法改正草案」批判レジュメ~2016年参院選直前ヴァージョン

 最終的には、自民党の憲法改悪のたくらみは、国民投票で阻止しなければなりません。投票総数の半数が賛成しなければいいのですが、安倍政権と御用マスコミが連携・協力して大規模なブラックプロパガンダを繰り広げれば、またダマされる可能性大です。ダマされないためには、個々人が学習するしかありません。

 しかし、日本人のほとんどは立憲主義という言葉も、その意味も知りません。憲法が国家権力を縛るためのものだ、ということも知りません。自民党の改憲草案には粗悪な人権感覚が充満しており、国民に対して命令する文言が多数織り込まれています。およそ近代憲法としての要件を満たしていないものなのですが、日本国民は奴隷根性を発揮して、お上からの御指示に大人しく従うでしょう。私だって、そんな事態に巻き込まれたくありません。

 できることは何か?

 そもそも憲法とは何か?自民党の改憲草案のどこが危険なのか?、・・・啓発活動が必要です。親切で分かりやすい良質のビデオ教材を見つけました。

 弁護士の伊藤真さんが解説しているYouTubeです。この1時間弱のビデオをご覧になり、もしも賛同頂けたならば、是非ともネット上で拡散願います。

 歴史上の過ちを繰り返さないために、今よりも暮らしやすい社会を実現するために、ご協力をお願い致します。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です