【意外?】過労死という日本語から「karoshi」という英語が生まれてしまったのです。

スポンサードリンク

Pocket

 元々日本語でありながら英語に借用された言葉はどのくらいあるのでしょうか?放送大学准教授の井口篤氏によると400個以上あるそうです。(注1) ずいぶん、たくさんあるんですね。

注1)「英語の軌跡をたどる旅 – The Adventure of Englishを読む」井口篤/寺澤盾著 (放送大学教育振興会) 170ページ参照

 日本語でありながら英語化した言葉の中には、「改善=kaizen」のように、日本人が誇りにすべきこともあります。これは、「日本の良いところを見習おう」「日本の生産技術力は世界トップレベルだ」と、国際的に評価されていることを意味します。しかし、逆に、反面教師になっているような言葉も存在します。

写真(ワタミグループの経営理念)
写真(ワタミグループの経営理念)

 私は長い間、雇われ人をしてきましたので、組織の中で人に使われることの悲哀を理解しているつもりです。悲哀を感じる程度で済むならば、まだ恵まれているのかもしれません。職場での「過労死」関連のニュースを頻繁に目にすると、この国は一体どうなっているんだろうと思います。取り返しのつかない「過労死」が発生した会社では、管理職や経営者は自分の身を守るだけで手一杯だったのでしょうか?しかし、遺族の心の傷に塩をすり込むような見苦しい言い訳を並べている姿は見るに堪えません。

写真(ワタミで過労自殺に追い込まれた犠牲者とその遺族) 出典:朝日新聞
写真(ワタミで過労自殺に追い込まれた犠牲者とその遺族) 出典:朝日新聞

 ブラック企業の応援団である安倍政権は、労働者からの搾取をエスカレートさせる政策を推進しています。

写真(自民党公認の渡邉美樹議員と安倍総理) 出典:www.logsoku.com
写真(自民党公認の渡邉美樹議員と安倍総理) 出典:www.logsoku.com

 日本にはブラック企業が無数に存在し、「過労死」は世界的に有名になりました。その結果、「karoshi」という英語が生まれてしまったのです。

 「karoshi」が初めてOxford 辞書に登録されたのは2002年だそうです。英語としての歴史は長いとはいえません。

Oxford English Dictionary Online によると、次のように定義されています。( )内は私の邦訳です。

”death brought on by overwork or job-related exhaustion” – a reflection of the strains imposed by Japan’s strong work ethic.
(仕事による過労が原因の死。日本の過激な労働倫理によるストレスが影を落としている。)

 ちなみに私の手元にあるOxford Advanced Learner’s Dictionary 第8版(オックスフォード大学出版局)には載っていませんでした。

 ワシントンポスト:2008年7月13日付の記事では、「Japan’s Killer Work Ethic(日本の殺人的な労働倫理)」と題して次のような文章が書かれています。( )内は私の邦訳です。

TOKYO — Death from too much work is so commonplace in Japan that there is a word for it — karoshi.
(日本では過労により死に至るケースが常態化しており、過労死と呼ばれている。)

There is a national karoshi hotline, a karoshi self-help book and a law that funnels money to the widow and children of a salaryman (it’s almost always a man) who works himself into an early karoshi for the good of his company.
(国が運営する過労死ホットライン、過労死対策本、そして、残された遺族に補償するための法律がある。過労死の犠牲者はほとんどがサラリーマンの男性である。会社への忠誠心から働き過ぎて早死にしてしまうのだ。)

 「過労死」を意味する単語は、英語圏には元々無かったのでしょうか?もしあれば、それが使われているはずですから、無かったんでしょうね。日本でよく見られる異常現象として外国人は認識しており、それを一つの単語で表現する必要に迫られたんですね。しかし、どうしても既存の英単語の中には見当たらない。そこで仕方なく、「過労死」をローマ字にした「karoshi」を英単語として使うようになったのでしょう。

 日本語が英語に借用されるケースは好ましいものばかりではありません。「karoshi」は明らかに不名誉なことです。しかし、私たち日本人が努力をして「karoshi」という悲劇を根絶すれば、「karoshi」という英語が消滅する日が来るかもしれません。逆に現状をこのまま放置したり悪化させれば、どの英語辞書でも必ず見られるような有名な英単語になる可能性もあります。

 今後「karoshi」以外に、次のような新しい英単語が生まれるかもしれませんね。( )内は私の邦訳です。

「black-corporation」(ブラック企業)
意味:
「companies who intentionally or knowingly ignore labor laws and/or drive their workers hard by harassment or other aggressive means」注2)
(意図的に違法行為を行い、パワハラなどにより従業員を過酷な労働に駆り立てる企業)

注2)「Japan Press Weekly」2013年6月28日付の労働関係記事 タイトル「8 companies nominated for ‘Black Corporation’ of the Year Award 」から引用。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です