【自民党議員必見!?】NZ同性婚法案に対するこのスピーチは本当に素晴らしい!

スポンサードリンク

Pocket


以下、日本語訳です。
**********************
先日、私の地元の選挙区の牧師から電話がありました。この法案が可決されたら、その日からゲイによる総攻撃が始まると。裁判長、ゲイによる総攻撃とはいかなるものか、私には全く見当がつきません。軍隊が大挙してパカランガ高速道路から押し寄せて来るんでしょうか。それともガスがどこからか選挙区の上に流れ込んで来て、我々を閉じ込めるとでも言うんでしょうか。

また、あるカソリックの司祭には、「あなたは自然に反する行いに加担している」とも言われました。生涯にわたる貞節の誓いをした人がそんなことを言うとは実に面白い。え?読み方がおかしい?ええと、まぁいいや、貞節なんて守ったことないので、よくわかりません。

「お前は永遠に地獄の炎に焼かれるだろう」と書いてある手紙も来ました。でもそれは大きな間違いです。と言うのも、私は大学時代物理を専攻していました。という訳で、熱力学法則を使って計算してみました。体重や湿度などを考慮し、炉の温度が5000度とすると、私の体はほんの2.1秒で燃え尽きることになります。永遠には程遠いと思うのですが、いかがでしょう。

養子縁組についての酷い意見もありました。裁判長、私には3人の素晴らしい養子がいます。私は養子を持つことがどれほど素晴らしいか知っています。しかし私に届いた一部の意見は読むに耐えないものでした。いじめというのは時として本当に卑劣なものです。私は小学生の頃、二度といじめに屈しないと固く決心しました。

しかし実のところ、反対意見の多くは穏健派から寄せられています。彼らは、この法案が社会の有り様にどう影響するか、そして自分たちの家族に何をもたらすのか、懸念しているのです。私は、彼らの心配や不安を尊重したいと思います。

その上で裁判長、もう一度ここで言わせてください。我々がこの法案で目指しているのは、結婚という制度を通して愛し合う2人がその愛を世間に認めてもらう、その手伝いをすること、ただそれだけなのです。我々は外国に対して核戦争を始めようというのではありません。危険なウイルスを持ち込んで我が国の農業を永遠に崩壊させようというのでもありません。我々は、愛し合う2人を、法律で認めてやろうと言っているだけなのです。私には、愛情の点からも、また経済的観点からも、何が問題なのか分かりません。何がまずいんでしょうか。どうして一部の人々はあんなに反対するんでしょうか。時に人は、他人のしてることが気に食わないものです。それは仕方ないことです。我々はみんなそこに関しては同じですから。

しかし今、反対派の皆さんに保証できることがあります。絶対に破られることのない約束です。太陽は明日も上ります。あなたの年頃の娘さんは、自分はなんでも分かってると言わんばかりに明日も口答えするでしょう。ローンは値上がりしません。いきなり皮膚病にかかったり蕁麻疹が出たり、突然ベッドにカエルが現れたりもしません。裁判長、地球は明日も回り続けます。だから、大げさに考える必要はないのです。この法案は、当事者にとっては素晴らしいものでしょう。しかしそうでない我々にとっては、世界は明日も何一つ変わらないのです。

そして裁判長、最後にもう一つだけ。この法案のせいで干ばつが起きているとのメールが届きました。干ばつの原因がこの法案だというのです。もし、皆さんの中で私のツイッターをフォローしてくださっている方がいらしゃるなら、ご存知でしょう。パカランガ選挙区では今朝、土砂降りでした。そしてそこには、選挙区全体にわたってゲイらしい大きな虹がかかっていました。裁判長、これはきっとメッセージです。間違いない。もし皆さんが敬虔なクリスチャンなら、そう思いますよね。それでも心配されている皆さんのために、聖書からの引用でこの場を締めくくりましょう。申命記からです。申命記(Deuteronomy)とは何か最初分からず、「キャッツ」の猫の名前かと思いましたよ。まぁそれはどうでもいいんですが。申命記第1章29節からです。

「汝、恐れるなかれ」
**********************

ユーモアを交え、知性と教養を感じさせる、とても説得力のある演説ですね。自信にあふれ、強い意志、信念、哲学を感じます。周りの空気を読むことばかりに汲々として、自分の意見を持たない日本人からすれば羨ましい限りでしょう。進歩的という言葉は、この議員のためにある言葉だと思います。

一方、日本の国会議員だって、発言の素敵さでは負けていません・・?

街頭演説で有権者に悪態をつく安倍総理

写真(質問者に悪態をつく安倍首相)

石原慎太郎氏の暴言
写真(橋下徹氏の問題発言)
写真(自民党の丸山和也議員)
写真(共産党をシロアリと表現した前原誠司氏) 出典:TBS

こうやって見てみると、トランプさんもビックリの過激な発言ばかりですね。これらは、有権者である日本人の意識も少なからず反映していると思います。

自民党やその補完勢力議員の意識の低さは、中世の国を彷彿とさせます。無教養、品性下劣、国際常識のなさ、倫理観ゼロ、共感能力ゼロ、独善的、排他的、・・・ どんな言葉でも表現しきれないくらいのヒドさです。あまりに問題発言が多すぎて、日本人の多くは麻痺してしまったのではないでしょうか?しかし、問題意識を持たず、このまま流されるのは危険です。

冒頭に紹介したような高い見識を持つ議員を一人でも増やすことが重要だと思います。

モーリス・ウィリアムソン議員

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。
皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。
気軽に読んで頂けると嬉しいです。
なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です