2017年、東京都議選の結果まとめ。果たして、有権者の判断は正しかったのか?

スポンサードリンク

Pocket

 2017年7月2日、東京都議選の投開票が行われました。その結果を以下にまとめました。参考にしてください。

1)有権者の半数は無関心である。

図(東京都議選の投票率推移) 出典:毎日新聞

2)自民党が歴史的敗北をし、民進党の存在感は消滅した。

図(2017年:東京都議選の結果) 出典:東京新聞

3)自民党総裁の応援が候補者の足を引っ張った珍しい選挙である。

写真(唯一の都議選演説で、ヤジに過剰反応する安倍総理)


写真(落選後に自民党へ恨み節を述べる都議選候補者)

4)反自民の受け皿として票を伸ばした都民ファーストの代表は、安倍晋三と政治信条が同じである。
 小池百合子氏は、戦前回帰を目標とする日本会議に所属し、自民党に籍を置いたままです。

 なお小池都知事は、豊洲市場への移転について、記者会見での質問などを厳しく制限しました。情報公開に消極的なのは明らかです。

参考リンク:
【築地市場の移転先?】豊洲の有害物質は人体にどのような悪影響をもたらすのか?

5)公明党の権力への執着が凄まじいということが、改めて証明された。
 きっこさんのツイートが秀逸でしたので紹介します。

「マダニは自分が寄生している動物の寿命が近づくと、その動物が死ぬ前に他の元気な動物へ飛び移る‥‥という話を聞いて、都議選での公明党みたいだなと思った(笑)」

6)まともな野党である共産党は、反自民の受け皿にならなかった。
 その理由と対策については、下記リンク先の記事を参考にしてください。

共産党という名前は変えるべき。有権者が親しみを持てるよう英断を!

おまけ:

「一国の政治というものは、国民を映し出す鏡にすぎません。政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまでひきずり下ろされます。反対に、政治のほうが国民より遅れているなら、政治のレベルは徐々に上がっていくでしょう。国がどんな法律や政治をもっているか、そこに国民の質が如実に反映されているさまは、見ていて面白いほどです。これは水が低きにつくような、ごく自然のなりゆきなのです。りっぱな国民にはりっぱな政治、無知で腐敗した国民には腐りはてた政治しかありえないのです。」
(出典:「スマイルズの『自助論』エッセンス版」P17)

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。
皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。
気軽に読んで頂けると嬉しいです。
なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

「2017年、東京都議選の結果まとめ。果たして、有権者の判断は正しかったのか?」への1件のフィードバック

  1. とても参考になる情報、いつもありがとうございます。
    今回の都議選ですが、自民党は議席を半分以下に減らしたものの、得票を詳細に見ると、得票自体はそれほど減ってないことがわかります。
    得票で見る限り、自民党より民進党のほうが大敗しています。
    私なりに分析してみましたので、合わせてご覧頂けると嬉しく思います。
    http://floaterswaltz.com/2017/07/08/2017togisen-taihai/

コメントは停止中です。