【悪魔の所業!】原発のゴミで作られた兵器により生命を脅かされている人たち

Pocket

写真(劣化ウラン弾が原因で、先天性心臓疾患と四肢奇形になった女の子) 出典:Donna Mulhearn
写真(劣化ウラン弾が原因で、先天性心臓疾患と四肢奇形になった女の子) 出典:Donna Mulhearn

 世界中の原発から発生した放射性廃棄物を安全・確実に処分する方法はあるのでしょうか?途方もないお金と時間がかかる、最終処分場の候補地すら見つからない、極めて危険である、将来世代に負の遺産を残すなど、問題山積です。

 これらの事実から目を背けて原発再稼働を目論んでいる人たちは犯罪者と言っていいでしょう。しかし、世の中には犯罪者を上回る悪魔がいます。放射性廃棄物を利用して劣化ウラン弾を製造し販売することを思い付いた人たちがいるのです。金儲けにもなるし、放射性廃棄物の処分もできるので一石二鳥だと思ったんでしょう。

 イラクなどの戦場で使われた劣化ウラン弾は放射性物質をまき散らし、兵士や住民たちに深刻な健康被害をもたらしています。悪魔の所業です。巨大な原子力産業を持ち、軍事的にもアメリカと結びつきが強い日本は劣化ウラン弾と大いに関係があります。

劣化ウラン弾とは?
 劣化ウランは、原発や兵器用の濃縮ウランを生成する過程で生まれる。劣化ウラン弾は、1991年と2003年のアメリカ-イラク戦争で大量に使用された。劣化ウランは密度が高いので戦車の装甲板を貫通することができる。劣化ウランが燃え上がると、放射性粉塵の酸化ウランが空気中に拡散する。酸化ウランの半減期は約45億年だ。

劣化ウラン弾による健康被害
 劣化ウラン弾が使われた地域に入る時は防毒マスクを着用するように、イギリス国防省は自国の兵士に通達した。しかし、イラク国民に対して警告は一切無く、多くの人が放射性粉塵と接触してしまった。その結果、劣化ウラン弾が使われた場所では数年後、先天性奇形や癌が多発するようになった。
 粉末状のウラン酸化物は、呼吸・食べ物を通して体内に取り込まれる。血液中に溶けると腎臓を傷め、骨では周囲細胞が被爆し続ける。内部被爆で遺伝子の突然変異が起こり、癌や奇形の原因となる。その影響は世代を超えて継続する。2010年に実施された調査結果によると、ファルージャで生まれた赤ん坊の14.7%に異常が見られたという。

 下記のYouTubeビデオで、劣化ウラン弾による具体的な健康被害を確認できます。むごい映像ですが、目を背けずに事実を確認して頂きたいと思います。

覚悟が必要。劣化ウラン弾放射能影響(5分21秒)2012年5月公開

参考文献リンク:
IPPNW(=International Physicians for the Prevention of Nuclear War:核戦争防止国際医師会議)の資料

以上

Pocket

日本は、人種差別が存在しない「美しい国」なのか?→差別される側の声に耳を傾けよ。

Pocket

 日本は、人種差別が存在しない「美しい国」だと思っている人は意外に多いと思います。そう思っている人は、差別が無いことをどのように確認したのでしょうか?

 そのように思い込んでいる人は、日本における人種差別の記事・報道を見ると感情的に反論してくる場合が多いです。「それは偏った意見だ!」など・・・。

 見かけが日本人ならば、他の日本人から人種差別されたことはないと思います。そういう人達同士で井戸端会議をしていても、日本における人種差別の有無を判断することはできません。見かけが普通の日本人とは異なる、日本在住の人達の意見を聞くことが必要です。

 彼らの意見は、日本の暗部・欠点を指摘することにつながりますので、刹那的に生きている人達は憎悪感を抱くかもしれません。しかし、ある社会の本質的部分を知りたければ、差別に苦しんでいる人達の声に耳を傾けることは必須です。

 2015年3月にミス・ユニバース世界大会の日本代表に選ばれた宮本エリアナさんをはじめ、いわゆるハーフと呼ばれている人達が日本社会でどのような扱いを受けているのか、下記のYouTubeビデオで紹介されています。

 日本の御用マスコミよりも海外メディアの方が冷静な視点を持っている場合があります。参考にしてください。

【BBC】 「日本人」とは? ミス・ユニバース日本代表の問題提起(3分15秒)

 さらに、生まれてからずっと差別に苦しんできた宮本エリアナさんの訴えを以下のリンクで紹介します。ハフィントンポストの日本版です。

宮本エリアナさん「人種への偏見、日本と世界からなくしたい」【ミス・ユニバース日本代表】

 上記リンクの記事は差別される側の重要な視点を提供してくれています。

 日本人の隠れた差別意識は、次のようなニュースにも表れています。

 抗議という権利を行使している市民に対して、機動隊員たちが「土人」という言葉を使って罵っています。「土人」とは肌の浅黒い人や黒人に対して使う差別語です。冷静さを失い感情的になった時、人間の本性・本音が表れます。自分が潜在意識の中で見下している対象を「土人」という言葉で表し、抗議する市民に対して浴びせかけたのです。市民への侮辱だけでなく、肌の黒い人たち全体に対する差別でもあります。警察庁長官が陳謝し通達を出して済む問題ではありません。無意識の中にこびり付いている根強い差別意識は、自分で認識することすら困難です。この機動隊員たちの発言は、日本での特殊な事例ではありません。「黒んぼう」といって黒人をからかう人は年配者の人の中でも多いのです。

写真(差別発言をする機動隊員) 出典:ニュース23
写真(差別発言をする機動隊員) 出典:ニュース23

 公的な立場にある者、社会的地位が高い者、人を指導する立場にある者は特に、自分自身を振り返り、無意識の領域を少なくするよう努力し、差別的言動をすることがないよう注意して欲しいものです。若年層は目上の人間の発言・行動を、知らぬうちに真似しますので・・・。

以上

Pocket

【福島原発事故の真実】高線量地域から避難している人の声に耳を傾けよう!

Pocket

出典:不明
出典:不明
写真(原発事故による避難基準比較) 出典:明かり新聞
写真(原発事故による避難基準比較) 出典:明かり新聞

 上の一覧表を見ると解りますが、チェルノブイリ原発事故では高線量地域に人が居住しないように厳しい基準が設けられています。健康を第一に考えれば当たり前のことです。一方日本では、高線量地域に住むことを制限しておらず多くの住民が健康を害しています。

 なぜチェルノブイリと比べて基準が甘いのか?

・多くの住民を強制避難させるとお金がかかる。
・避難区域を狭めないと大事故だと思われたり、原発事故が収束していないと思われる。
・原発再稼働や原発輸出を進めにくくなる。
・政権の支持率が下がる。
・その他

 「財閥の利益第一、国民の生活・健康はどうでもいい」という方針が安倍政権では貫かれていますが、原発事故による避難政策でも同様ですね。

 日本の基準では強制避難区域ではなくても、そこに住むことで健康を損なってしまい、どうしても避難せざるを得なくなった人が大勢います。政府はこの人たちのことを「自主避難者」と呼んでいますが、福島県により住宅の無償提供が続けられてきました。しかし、2017年3月に、この支援が打ち切りになることが決定しました。

 住宅支援によってかろうじて生計を成り立たせている人がたくさんいます。支援打ち切りになれば、当然、生活が困窮します。だからと言って、福島県の自宅に帰ることもできません。健康に悪影響が出るからです。支援を打ち切られる側からすれば、支援を打ち切る人間が悪魔に見えるでしょう。

 何か政策決定をする前には、被害に遭って苦しんでいる当事者たちの声に丹念に耳を傾けなければなりません。原子力推進側(政治家、官僚、メーカー、御用マスコミ、御用学者)の力があまりに強大で、かつ、多くの日本国民が無関心なため、困っている人達の声がほとんど聞こえてきません。そこで、今回は次のYouTubeビデオを紹介致します。

 まずは事実を知ることが大切です。是非、参考にしてください。

「住宅支援なければ生活困窮」全国の自主避難者ら訴え(13分43秒) 制作:OurPlanet-TV

以上

Pocket