れいわ新選組:山本太郎代表に支持が集まっているのはナゼか?

はじめに: 私は、れいわ新選組の山本太郎代表を支持している。 2013年の参議院選挙に出馬して初当選してからずっと追ってきたが、政治家としての実力と実績を着実に積み重ねている。 高校中退で芸能界出身という経歴があるため、私も当初は色眼鏡で見ていたが、それは偏見に過ぎない事を素直に認める。 政治家と... 続きを読む

Pocket

Pocket

【自分の身は自分で守ろう!】放射線測定器を購入・使用してみた

「福島原発の事故以降、放射線量について関心を持つようになった」 「政府発表の放射線測定値を信じていいの?」 「自分の住んでいる所は安全なのか確認したい」 「自分で放射線測定器を使いたいけど、種類が多すぎて選べない。」 「福島を食べて応援」キャンペーンに乗せられて、放射能のことを考えないようにしている... 続きを読む

Pocket

Pocket

サラリーマンに向いてないと思う人はコレを読め

サラリーマンに向いてない人は多いのか? 日本の教育システムは、サラリーマンを大量生産するための工場と言えます。 言われたことを素早く理解し、指示した人間の意図通りに素早く行動できる人間を日本社会が欲しているためです。 確かに、人に雇われて給料をもらう立場の人間は必要です。 世の中は経営者や起業家だ... 続きを読む

Pocket

Pocket

冤罪の被害者に対して泣き寝入りを強いる社会に未来はあるのか?

無実の人間が逮捕され、自白を強要された挙句に死刑判決を受け、公権力に殺されてしまうという悲劇は、これを読んでいるあなたにとっても他人ごとではない。 今回は、日本の司法制度が中世レベルであることを如実に示す袴田事件について述べる。 袴田事件の概要 1966年6月30日に静岡県清水市で発生した強盗殺人... 続きを読む

Pocket

Pocket

実名報道のメリットとデメリットまとめ:得するのは誰なのか?

犯罪関連報道で実名を出すと、誰にとって、どのように得なのでしょうか? 損するのは誰でしょうか? この記事では、犯罪実名報道のメリットとデメリットを関係者別に述べます。 被害者側の関係者 実名報道を見れば、加害者が特定されたように感じられます。 マスコミのバッシングで応報感情が満たされます。 あくま... 続きを読む

Pocket

Pocket

【セクハラ+パワハラ】日本の現実を象徴するこの漫画にあなたは何を思うか?

この漫画は、ぼうごなつこさんが描かれたものです。 信じられないかもしれませんが、事実です。 なつこさんは次のようにツイートされました。 「私のマンガ史上、一番ドイヒーな作品です。後世のために記録しておきます。バカに内閣人事を握らせるとこうなるというわかりやすい見本です。」 この漫画は読み手を幸せに... 続きを読む

Pocket

Pocket

日本は被爆国なのに核兵器に反対できないのはナゼか?:山本太郎が国会で明らかにしたアベの対米隷属。

 まずは、下記のYouTubeビデオをご覧ください。2015年8月25日に行われた国会質疑(平和安全法制特別委員会)です。  この国会質疑の中から、一部を以下に引用します。 引用始め ************************** 山本太郎議員 「ルールに則って物事を進めていくんだという安... 続きを読む

Pocket

Pocket

自民党にとって最も耳障りな演説はこれだ!志位委員長の代表質問書き起こし。

2018年1月25日、衆議院本会議で日本共産党の志位委員長が代表質問を行いました。 雇用のヨーコさんがツイッターで書き起こしてくださった文章を、以下に転載いたします。 書き起こし ******************* 【森友・加計疑惑】  昨年の特別国会での質疑を通じ疑惑はいよいよ深まった。財務... 続きを読む

Pocket

Pocket

アメリカ政府は、自国民ですら核兵器の実験材料にしていた!被爆調査も補償も不十分・・

 アメリカは1945年に広島と長崎に原子爆弾を投下し、何十万人という日本人を虐殺しました。アメリカにとって原爆投下は人体実験でもあったのです。放射能の影響に関するデータを収集し、研究材料として本国に持ち帰りました。この時点でアメリカ政府は放射性物質が人体にとってどのように有害か具体的に理解していたの... 続きを読む

Pocket

Pocket

核兵器大国のアメリカ自身が、膨大な放射性廃棄物に苦しんでいるという話。

 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が2018年1月16日、東京都内で講演を行った。その要旨は下に記す。 講演要旨始め *************** 人類の歴史の中で、核兵器使用の危険が一番高まっているのが今だ。核保有国で、かつ、それを使おうとしている国を孤立させて... 続きを読む

Pocket

Pocket