【石原元都知事】平仮名を忘れても「天才」を執筆し、証人喚問では饒舌にボケたふりをする支離滅裂男。

 元東京都知事の石原慎太郎氏。この男を表現するには、「弱い者いじめが好きな卑怯者」という言葉が相応しい。彼の聞くに堪えない暴言の数々を紹介しましょう(ウィキペディア)。 *********************** 慰安婦について  「日本人が彼女たちを強制連行した証拠はない。生活が苦しい時期、女... 続きを読む

Pocket

Pocket

【原発避難者訴訟】国と東電の責任を認めるも賠償額は雀の涙。本来受けるべき補償とは?

 福島原発事故が原因で避難した住民137名が起こした訴訟について、2017年3月17日、前橋地裁は国と東京電力の責任を認め、3855万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。一人当たり約28万円です。国の審査会が示した「中間指針」に基づいて東電から一定額の慰謝料を受け取っているとはいえ、あまりに少... 続きを読む

Pocket

Pocket

安倍内閣の閣僚はほとんど全員が教育勅語の信奉者だ!教育勅語がなぜ憲法違反なのか解説する。

 2017年3月14日付の朝日新聞記事によると、安倍内閣の松野博一文部科学相は、戦前・戦中の教育勅語について、憲法や教育基本法に反しないような配慮があれば「教材として用いることは問題としない」との見解を示したという。今回は、教育勅語がなぜ憲法違反で、犯罪的な遺物なのか解説する。  戦前に教育を受け... 続きを読む

Pocket

Pocket

【原発事故の避難基準】国民の生命がいかに軽んじられているか理解しよう。

 上の図は、日本とウクライナの原発事故避難基準を比較したものです。  チェルノブイリ原発事故で苦しんでいるウクライナ国民と比べて、日本国民の生命がいかに軽んじられているか理解して頂きたいと思います。これが安倍政権の我々国民に対する明確で具体的なメッセージなのです。  ウクライナでは、原発事故から5... 続きを読む

Pocket

Pocket

【知っていると知らないでは大違い】携帯電話の電磁波による健康被害とは?

 携帯電話の利便性については改めて論じるまでもありません。広く普及するに従い、携帯なしには一時も過ごせない人が増えています。仕事や移動中はもちろん、食事中も肌身から離しません。トイレやお風呂の中にも持ち込む人がいます。携帯をしっかりと抱きしめながら眠りに付くのも珍しいことではないでしょう。  携帯電... 続きを読む

Pocket

Pocket

How to recognize the seriousness of Fukushma nuclear accident ? Introduction of the simulation video produced by GEOMAR

The vast amount of radioactive material is diffusing all over the world because of Fukushima No.1 nuclear power plant accident. Radioactive material ... 続きを読む

Pocket

Pocket

【自民党の総裁任期延長決定!】日本の北朝鮮化は着々と進んでいる。

 2017年3月5日、自民党は第84回党大会を開催し、総裁任期を現在の「連続2期6年まで」から「連続3期9年まで」とする党則改正案を了承した。これにより、2018年9月に2期目の総裁任期が満了する安倍晋三首相の3選出馬が可能になる。何事も無ければ、安倍晋三氏の通算首相在任期間は歴代最長となる予定だ。... 続きを読む

Pocket

Pocket

【厚生労働省のデータ】非正規社員の生涯賃金が正社員よりも1億円少ないことが判明!

 非正規社員の生涯賃金は、正規社員よりも1億円以上少ないというのは以前から言われてきたが、今回は、その内容をもう少し詳しく書いてみたい。  厚生労働省が発表した2016年の統計データを基に試算すると、20~64歳まで働いて受け取る生涯賃金は、正社員の場合、2億3351万円。それに対して、非正規社員... 続きを読む

Pocket

Pocket

アメリカ国務省が日本の人権状況について報告:2016年発表内容の紹介

 アメリカの国務省は毎年、世界中の国の人権状況について詳細な報告書をまとめています。日本も対象国の一つです。  2016年4月に、日本語の翻訳版が発表されています。下にリンクを記します。 2015年国別人権報告書―日本に関する部分  この中から、特に日本人が意識しておいた方が良い部分を引用します。自... 続きを読む

Pocket

Pocket

【最悪の組合せ】月100時間の残業を提案する政府と、サービス残業を易々と受け入れる奴隷サラリーマン

 労働基準法では、一日の労働時間は8時間、1週間で40時間に制限されています。使用者側と労働組合が協定を結べば、1か月で45時間、1年で360時間の残業をさせることができます。しかし、労使が同意して特別条項を協定に追加すれば、1年のうち6か月を上限として、残業の上限を超えて働かせることができるので... 続きを読む

Pocket

Pocket