フェイクニュースの見分け方をお教えします。政治家はフリをするのが仕事?

スポンサードリンク

Pocket

 被災者をないがしろにする度重なる暴言で、今村復興大臣が辞任しました。それを受けて、評論家の田崎史郎氏がテレビ番組で次の発言をしました。

「確かに(被災者の)気持ちには寄り添っていない。でも、政治家は寄り添っているフリはしなければいけないんですよ」(2017年4月26日)

写真(テレビ番組で発言する田崎史郎氏)

 つまり田崎さんは、

「今村大臣も含めて、安倍内閣の閣僚は誰も国民のことなんて考えてないんだよ」

、と本音を言ってしまったのです。

 このような醜い本音を公の場で言ってはいけません。本音は裏で、表では建前を言うという当たり前の原則を破ってしまいました。この発言は安倍内閣の支持率低下につながると思います。安倍さんから、かなり怒られたと思います。今後は、お寿司をおごってもらえないかもしれません。

 田崎氏は次のような建前発言をすべきだったのです。

「今村大臣は心底、被災者のことを考えていた。たまたま失言をしただけであり、一生懸命やっている。」

 しかし、覆水盆に返らず、です。しかも、影響力の大きいテレビを使って安倍内閣の足を引っ張ってしまいました。安倍政権の広報係としては失格です。

 けれども、田崎氏の発言には良い効果もあります。「安倍政権は国民のことを考えているフリをしているだけだ」と多くの国民に気付かせてくれたのです。

 以下に、多くのフリを例示いたします。今後ニュースを見るときの参考にして頂ければと思います。

女性の人権を守っているフリ

写真(安倍政権によるAV業界健全化のニュース)

国のために命を捧げる覚悟があるフリ

写真(教育勅語を取り戻すべきと発言する稲田防衛大臣)

自分は潔白のフリ

写真(森友学園の土地取引や認可に関係していたら辞任すると発言する安倍総理→自分で自分の首を絞めている)

被ばくしても安心なフリ

写真(山下俊一:放射線リスクアドバイザー)

大量の放射性物質が拡散されている場所でも安全なフリ

写真(オリンピック選手を被ばくさせると宣言する丸川大臣)

国の治安を守ろうとしているフリ

写真(組織犯罪処罰法改正案が成立しなければ東京五輪は開催できないと発言する安倍総理)

外交を一生懸命やっているフリ

自分は人気者のフリ

写真(安倍内閣の支持率推移:2017年1月:JNN)

福島原発事故から6年経って放射性物質の心配がなくなったフリ

写真(避難指示解除のニュース)

福島を食べて応援してるフリ

写真(「風評被害」払しょくのため、避難区域産のコメを試食する丸川環境大臣) 出典:FNN

年金制度のことを心配しているフリ

写真:自民党:田村厚労相「年金支給開始年齢引き上げ検討」 出典:NHK

若い世代のことを考えているフリ

写真(子供が大好きな?安倍さん) 出典:不明

社会的弱者のことを考えているフリ

写真(生活保護費削減に熱心な自民党:片山さつき議員)

女性の活躍を願っているフリ

出典:首相官邸ホームページ

責任感があるフリ

出典:ANNニュース

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。
皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。
気軽に読んで頂けると嬉しいです。
なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。