【三重県志摩市の元公認キャラクター:碧志摩メグ】→人権後進国日本の象徴

スポンサードリンク

Pocket

写真(碧志摩メグ) 出典:(C) MARIBON 再利用不可
写真(碧志摩メグ) 出典:(C) MARIBON 再利用不可

 上のキャラクター「碧志摩メグ」は、三重県志摩市が公認していた市の広報のためのキャラクターです。女性蔑視で不愉快という理由により、市の公認撤回を市民が申し入れましたが、市長は応じていませんでした。

三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名運動、の中で、運動団体は、次のような見解を述べています。

「17歳という未成年の設定でありながら、胸や太ももなどの表現に顕著な性的誇張表現がなされており、さらにその意図を裏付けるように、 彼女のプロフィールには身長と体重が明記され、「ボーイフレンド募集中」と書かれています。
私たちは、行政が、未成年の女性を性的なものとして表現し、市の広報のための公認キャラクターとして利用し、市役所などの多くの公共の場所で公開をしていることは問題であると考え、志摩市に公認撤回をお願いするための署名運動を行うことにしました。」

 また、同リンク中のコメント欄にも的確な批判が書かれているので、以下に引用いたします。

「当事者の海女たちが抗議しているのだから、まずは取り下げるのが筋。市は「個人的な感じ方の問題」と居直っているそうだが、抗議を受けた側が言う台詞ではない。セクシャル・ハラスメントは被害者が不快だと感じた時点で成立するものだ。」(姜 聖律氏)

「こんな男性向けエロ漫画のような下品な絵柄を公式キャラクターとするとは、決定した人間の知性を疑う。
そしてモデルとなった海女さんたち自身が抗議しているにも関わらず「個人の感じ方の問題」として問題を矮小化し封殺しようとする市長の姿勢も、たいへん傲慢かつ卑劣であると感じる。
また、他の方も指摘しているが、これをよりにもよって伊勢志摩サミットで世界に晒すのかと思うと、恥ずかしすぎる。本当にやめてほしい。時代遅れの性搾取の国、小児性愛の変態国、志摩をそのように言われて良いのか。
志摩市には男女共同参画推進条例も存在するが、これは条例に適った内容だろうか。女性の身体があまりに一方的に性的商品として貶められているこのキャラクターは、条例が禁じる「性別による固定的な役割分担」そのものではないのか。」(kanazawa miho氏)

「いわゆる性表現の自由の問題以前でしょう。つまり、1公的機関が2特定の職業の女性について3その女性がまだ子供のうちから4性的玩具とみなせと推奨している。5じつに明らかな職業差別。
そんな差別による性的侮辱を公的権力が行っている。
私が三重県にいたころの記憶だと、海女の方は頭脳明晰で勇敢、我慢強く、母系を大切にし、家計を支え、身内の女の子に技術とプライドを伝授する存在であった。かつての男尊女卑の時代や風潮の中でさえも、女の子が生まれると祝福し喜んだ。また海女はベテランほど尊敬されてきた。なぜその代表キャラが見習いなのか。市長は海女が少数派であることから、選挙に響かないとなめてかかり、特定の職業の女性をつぶしにかかったのか。なんという卑怯な弱い者いじめだろう。これでは国際観光都市どころか国辱談合都市、いい笑いものです。」 (笙野頼子氏)

「日本では感覚が麻痺していますが、海外一般、特に欧米人から見れば、この絵は、完全なHENTAIアニメ、チャイルドポルノです。
ヨシハラ、ゲイシャ、女体盛りといった負の側面からの日本のイメージを強調するだけです。
これを市の公式キャラクターとするならば、幼女売春などで性を売りにしている都市だと世界から思われます。
サミットの時に街にポスターなど貼られ、報道されたら……各国から軽蔑と嘲笑を買うことでしょう。」(井荻 明氏)

「現役海女97人(海女漁関係者211人)の署名があって申し入れたのに、その声をまともに聞かないなんて、行政失格、本末転倒です。
大口秀和市長らは、海女、市民、女性を、どれだけバカにしているのでしょうか。
そもそも当の海女の反対の声が顕著であるのに、「市の観光と海女文化のPR」も何もありえません。
ただの『環境型セクハラの見本市』になってしまいます。
このような市長の対応は許されず、真摯に女性蔑視・市民軽視を恥じて、退任すべき事態だと思います。」(小野 直子氏)

「こういうあからさまな性差別と幼児性愛にまみれた表現を公的機関が普通に使うようになってる現状ほんとうに異常です。「女という存在は幼少の頃より性的に搾取されて当然だし、また我々が心地よく搾取できるように男への愛嬌と媚を身につけていくべきである。」というメッセージを大人達が毎日絶え間無く繰り返し、物心ついた時から子供達は強制的にその命令に晒されて育ちます。現在の日本の社会全体がそうした精神的奴隷状態を女性に強いることで成り立っています。近年こうした表現の異常さに社会は少しづつ慣らされ、公的機関さえも建前をかなぐり捨て、まるで「これこそ世界に誇るべきクールジャパンだ」とでも言うかのように、こうした性差別が子供達の目に付く場所に溢れています。
大半の子供達はこうした価値観にがんじがらめで成長する過程で自分の自尊心を諦め、性差別に順応し、服従するようになります。昔から繰り返されてきた最低のサイクルです。この広告キャンペーンを採用した絶望的に無神経な役人達は、自分達のお気に入りのポルノを市民に強制的にプロモートすることが役所の仕事だとでも勘違いしてハシャいでいるのでしょうか?一刻も早くこうした表現を役所が、社会が、公に支持することの重大な暴力性に気付いて頂きたい。この署名運動は当然の批判であり、苦痛を強いられる者達の悲鳴だと思います。」(小熊 陸氏)

 日々の忙しい生活の中では何となく見過ごしてしまいがちですが、人間の尊厳という根本に関わる問題だと思います。

 皆さんはどう思いますか?

三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名運動

追記:
 2015年11月5日、三重県志摩市は、上記のような批判を受けたことも考慮し、碧志摩メグの公認撤回を発表した。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です