日本の憲法は世界の中でも先進性が際立つ。改正論議より前に理解を深めるのが先。

スポンサードリンク

Pocket

 2012年5月3日付の朝日新聞に、「日本国憲法 今も最先端」という記事が載っています。そこで次のような一覧表が使われています。

図(世界の憲法に謳われている権利ランキング)
図(世界の憲法に謳われている権利ランキング)

 これは、ワシントン大学のデービツド・ロー教授とバージニア大学のミラ・バースティーグ准教授ら米国の法学者たちが、成文化された世界のすべての憲法188カ国分を分析した結果です。縦方向に権利の種類が書かれており、時代の経過とともに、これらの権利を憲法に取り込む国が増えているのが解ります。日本国憲法は69年も前に成立したのですが、既にこれら権利のほとんどを網羅していたのです。先進性が際立ちますね。

 では、これらの崇高な理念がきちんと法律に反映され、実社会の中で活かされているのでしょうか?残念ながら、答えは否です。

 報道・表現の自由をないがしろにする政府高官の発言が相次ぎ、マスコミ自身が進んで自己検閲している有様です。男尊女卑の考えが根強く、女性は二級市民の扱いです。また、お金持ちの家庭に生まれないと高等教育を受けにくく、若者の多くは奨学金という名のローンに苦しんでいます。まるで中世の国を想起させる刑事司法制度により、強引な取り調べと自白の強要が行われ、冤罪を大量生産しています。また、上の権利一覧表にはありませんが、戦争放棄の第9条は、安保法制成立の過程で見事に蹂躙されました。例を挙げればキリがありません。

 独裁者によって痛い目に遭った国民が、統治権力を縛るための手段として生み出したのが憲法です。このような常識をわきまえない自民党議員が、粗悪な人権感覚丸出しの憲法改正草案を発表しています。好き勝手に国民から搾取したいという欲望が良く表れています。詳しくは次のビデオをご覧ください。


 政治家を含めて国民全体が憲法の目的や理念を理解せず、その実現を怠ってきたのです。日本国憲法が謳っている崇高な理念がすべて実現される日が来るのかどうかは分かりませんが、暮らしやすい社会にするために国民一人一人が念頭に置くべきでしょう。

 最後に日本国憲法の改正について述べます。今後永遠に何も手を加えるべきではない、とは言いません。より良いものにするため、内容の追加・削除・変更をする時がいつかは来るでしょう。しかし、今はその時ではありません。少なくとも今後10年くらいは、まず、国民一人一人が憲法の目的や内容をよく理解するために費やすべきではないでしょうか?そうしないと、国民的な改正議論をする素地が生まれません。政治的無関心が多数を占め、お任せ民主主義がはびこっている現在は、無理に憲法を改正すべき時ではないと思います。

写真(憲法改正に関する世論調査結果) 出典:NHK
写真(憲法改正に関する世論調査結果) 出典:NHK

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です