留学経験も無い普通の会社員が40過ぎから英語学習に取り組みTOEIC950点に到達。有効だった教材とその活用方法を紹介します。

Pocket

はじめに:
 私は留学したことも海外で暮らしたこともありません。大学での専攻も英語とは無縁。会社員になってからの仕事も英語とは無縁。周囲を見渡しても英語が得意そうな人間は皆無。しかし、最近の流行りなのか、自分の勤める会社がTOEICの無料社内受験と学習への金銭的援助制度を始めたのです。取り柄もなく、仕事でもパッとしたところが無かった私は、一念奮起、英語学習を本気でやってみようと決断しました。年齢的には、40歳半ばになろうとしていました。

 特別に頭が良いわけでもなく、英語とほとんど縁が無い生活をしてきた私でも数年に渡って英語学習を継続したおかげで、TOEIC950点に到達することができました。TOEICは英語運用能力を測る指標のうちの一つに過ぎませんが、初めて900点を超えたときは嬉しかったですね。凡人でもあきらめずに継続すれば、この程度のことはできるのです。

 私がどんな英語教材をどんなふうに活用し、その結果どんな効果があったのか、以下に述べていきます。英語学習の壁に悩み、何をしたらいいか見当が付かない人たちにとって、この記事が何かしら参考になれば幸いです。

***********************
1)「TOEICテスト新公式問題集」
(財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

新品価格
¥3,024から
(2016/6/30 20:11時点)

 1冊につき、本番のTOEICと同じ形式のテスト問題2回分が掲載されています。2冊ならば2×2=4回分ですね。問題構成としては前半Part1〜4がListening、後半Part5〜7がReadingであり、扱っている場面、使われている表現や語彙が本番のTOEICと似ています。従って、事前に繰り返し解いて完全に理解しておけば、本番のテストでかなり有利に働きます。

 私がこの問題集をどのように使用したか、以下に説明いたします。

①本番と同じように問題を解く
 付属のCDを使ってListening問題を解きます(45分)。その後、Reading問題を最後まで解きますが、制限時間の75分以内に終わらなかったらオーバーした時間も把握しておきます。私は読むのが遅いので、なかなか時間内に終わりませんでした。

②見直しをする
 別冊の解答・解説編を読み、正解と不正解部分を確認します。不正解部分に関しては間違った理由・原因を把握することが重要ですが、わかり易く解説されているので悩まずに済んでいます。この見直しをする過程で知らない単語・語句が出てきたら、なるべく覚えるようにします。ページの下に「Words & Phrases」という欄があるので確認し易いです。
 Listeningに関しては、一部の上級者を除いて完全に一言一句正確に聞き取れるということはないでしょうから、CDの音声を聞きながら問題の英文を目で追って確認するなど工夫しました。

③繰り返し解く
 TOEICはビジネスシーンでよく使われる表現が豊富です。その感覚に慣れるために問題集を繰り返し解きました。2回目以降でも不明点が出てきたら、その都度、解答・解説編で確認しました。特にListeningに関してはBGM代わりにして多数回聞いて、聞き取れていない部分はしつこく文章で確認するということを繰り返しました。

④SpeakingとWritingの練習用に活用する
 TOEICの問題集はListeningとReadingで構成されていますが、SpeakingとWritingの練習用にも使えます。CDでListeningの音声を聞いた後で、テキストに書かれた文章を見ながら音読しました。ネイティブスピーカーの発音・アクセント・リズムをそっくりそのまま真似するのです。自分で同じように音読できるようになれば、Listeningも楽になります。テキストの文章を見ずに暗唱できれば、よりしっかりと身に付いていることになります。
 Readingの問題は、その日本語訳だけを見てから英文を書く、ということをやってみました。結構大変でしたが、ビジネスWritingに慣れるという効果があったと思います。書くのが面倒なときは、しゃべって済ませることもあります。

 TOEICテスト新公式問題集を繰り返し解くことが、点数アップに大いに役立ちました。なお、TOEICテスト新公式問題集に取り組む前に、高校程度の英文法は完全にマスターしておくことをお勧めします。そうでないと、問題集を用いた学習もスムーズに行きません。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

新品価格
¥3,024から
(2016/6/30 20:12時点)

2)「リアルな日常表現2900 英会話フレーズブック」 多岐川 恵理著 (明日香出版社)

英会話フレーズブック―リアルな日常表現2900 (アスカカルチャー)

新品価格
¥2,625から
(2014/2/25 23:51時点)

 著者による冒頭の紹介文では次のように記載があります。

『この本には、日常の各シーンで使える2900以上のフレーズが集められ、CDにも収録されています。
 通勤、職場の人間関係、カラオケ、飲み会、インターネットや携帯電話、音楽や映画の趣味、恋愛と結婚・離婚についてなど、私たちの日本での生活に即したものばかり。きっと、「今度これを使ってみよう」というフレーズがあるはずです』

 はい、その通りです。看板に偽り無しです。実際に私自身も重宝しました。私がどのように使ったか、以下に説明いたします。

・通勤時間などを使って付属のCDを何回も繰り返して聞きました。CDには、各フレーズごとに日本語と英語の音声がセットで収録されていますので解り易いです。
・Listeningだけでなく、テキストを見ながら音読もしました。
・理解できていない文法事項が無いか厳密にチェックしました。

 必要・不必要などを考えず、全フレーズを繰り返して聞きました。さすがに、日本語に対応する英語フレーズを完全に暗記した訳ではありませんが、おぼろげにでもイメージは定着します。個人的に興味があったり必要性が高いフレーズは記憶に定着し易いです。

 一時期、仕事上の必要性から外国人と話す機会があったのですが、このフレーズ集の表現をそのまま使えるケースが多いことに気が付きました。そまま使えなくても主語・目的語・数字・時制などを変更して、その場面に合った表現に直してからしゃべることもありました。その場合は文法の知識がとても役立ちます。文法に自信が無い人は、本書に取り組む前、もしくは並行して文法を習得することをお勧めします。基本ルールを把握していた方が楽しんで学習することができます。
 時間が無い人は、必要そうな場面のフレーズだけを抜き出して活用してもいいと思います。

英会話フレーズブック―リアルな日常表現2900 (アスカカルチャー)

新品価格
¥2,625から
(2014/2/25 23:51時点)

3)「TOEICテスト究極のゼミPart7」ヒロ前田著 アルク

TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 7 (別冊模試・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

新品価格
¥2,160から
(2014/6/9 10:30時点)

 この教材はTOEICのReadingセクションPart7を、問題のタイプ別に細かく分類し、各々の特徴や攻略方法を詳しく述べています。たくさんの例題とその日本語訳、解答・解説が付いています。解説は対話形式で書かれているので非常に親切な印象を受けました。

私の使用方法:
 問題を解いたら丁寧に回答・解説を読み、日本語訳などを確認します。また、例題のほとんどには制限時間が記されているので、ストップウォッチを使いながら解きました。どうしても時間がオーバーする場合は、それが自分の苦手な問題形式だということが判ります。基本的に全ての例題は2回以上繰り返しました。

 最後にPart7のミニ模試が2回分付いていますので、それを各55分ずつで解けるように取り組みました。しかし、最初の挑戦ではどうしても時間内には解き終わらず、ダブルパッセージ問題を2〜3題(設問数で10〜15問)残してしまう有様でした。1か月くらい間をあけてもう一度挑戦したら、何とか時間内に解くことが出来ました。

効果:
 今まで正確さばかりを重視し時間制限への意識が足りなかった私ですが、必要な読解スピードを体で覚えることが出来ました。そのおかげで、TOEICのリーディングセッションを初めて時間内に解き終わることが出来ました。読むのが早くなっただけでなく、確実に正解にたどり着くためのコツも教えてもらい大変助かりました。早とちりをしたり、引っかけ問題にはまることが少なくなったせいもあり、495点中475点取ることが出来たのです。

 本教材の特徴を一言でいえば「親切丁寧」ですね。問題の量が多いですし、繰り返し取り組めば誰でも効果が出ると思います。

TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 7 (別冊模試・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

新品価格
¥2,160から
(2014/6/9 10:30時点)

4)「英語ロジカル・ライティング講座」ケリー伊藤著 研究社

英語ロジカル・ライティング講座

新品価格
¥1,575から
(2014/2/2 17:32時点)

 本書では、基本的に以下の流れで解説されています。

①日本文の例題が与えられる。
②そのままでは英訳しにくいので日本文を修正する。
➂適切な表現を用いた英訳の模範解答が示される。

 まず、例題に用いている①の日本文が非論理的で解りにくいものが多いのです。論理的で解り易い日本文に修正しなければなりません。本書はこの②に相当する作業に一番力を入れて解説しています。
例題は合計100題あり、全て大学入試問題を題材にしています。内容はバラエティに富んでいます。一番最後100題目の日本文を引用してみましょう。

「いつ結婚するか、子供を産むか産まないかなどは、各人の自由な判断によるべきだ。しかし、同時に少子化、高齢化が進むとどんな社会になるかは考えておいたほうがよい。今の傾向が続くと今後30年足らずのうちに、65歳以上の人が4人に一人を占める。」

 この日本語は、100題のうちでも最悪の部類に属する悪文です。筆者も「何が言いたいのかさっぱりわかりません。」と書いています。ロジックが通るように日本文を修復することが困難なので、以下のように、日本の高齢化を述べる文として大幅に変更しています。

「日本は世界中のどの国よりも速く高齢化が進んでいる。また先進国の中で初めて人口縮小が進んでいる国でもある。平均年齢と寿命は最高であり出生率は最下位である。この傾向が続けば2050年には10人中4人が65歳以上となる。」

 我々日本人が普段使っている日本文をそのまま英訳してもネイティブには通用しないな、ということが、この100題目の本書解説を読むだけで理解できました。筆者も本書のはしがきで述べているように、「まず日本語においてロジックと格闘することが必要」なのです。

 私はこの本を3回繰り返して取組みました。1回目と2回目は、いきなり解説を読まずにまず、自分で考えてみました。自分でつくった修正日本文と英訳は、筆者が提供するものと大分異なっていることがほとんどでした。筆者の解説と英文模範解答を理解することも大切ですが、まずは自分で考えるという姿勢はそれ以上に重要です。仕事で実践する時に頼れるのは自分しか居ないのですから。

 「この教材に取り組めばTOEICで効率よく点数を上げられるのか?」と問われれば、答えは否です。TOEIC対策の先、仕事上の実践段階で真に必要な能力は何なのか?、そのことに気付かせてくれる一冊です。「英語を簡単に習得する方法」みたいなタイトルの本が流行っていますが、本書はそのような軽薄さと一線を画しており、好感が持てます。内容的にはなかなか手強いですが、英語と日本語に対する意識を変えてくれる良本です。

英語ロジカル・ライティング講座

新品価格
¥1,575から
(2014/2/2 17:32時点)

5)「The Japan Times NEWS DIGEST」 ジャパンタイムズ

「英字新聞を自由に読みこなして海外の情報をいち早くキャッチしたい。」
「でも敷居が高そうで、なかなかきっかけが掴めない。」

 英語学習者ならば多くの人がこのように思うのではないでしょうか。インターネット上でも英語で書かれた情報の方が日本語よりもはるかに多いですから、英語のReadingが得意な方が有利になります。だからと言って初級者がいきなり英字新聞を読み出しても難しくて続かないと思います。辞書を片手に調べながら読んでいくことは可能ですが時間と手間がかかります。かなり根気が必要です。
 辞書を引く手間を減らしつつ気軽に英字新聞を読んで慣れていきたい、という人にお勧めの教材を紹介します。

The Japan Times NEWS DIGEST 2012.7 Vol.37 (CD1枚つき)

新品価格
¥1,080から
(2014/6/25 22:26時点)

 日刊の英字新聞であるジャパンタイムズの記事の中から18本が選ばれ、2か月に1回発行されています。ネイティブが記事を音読したCDも付いています。各々の記事には、語句の解説と日本語訳が付いているので、ほとんど辞書なしで読むことができます。但し、ネイティブが書いたと思われる難しい表現が多いので、基本的な文法知識はあらかじめ習得しておく必要があります。

 この日本語訳はかなり洗練された素晴らしいものですので、自分が英文和訳をする立場になったときに大いに参考になっています。また、ご丁寧にも、各記事内容をより深く理解するための関連知識を「Background Briefing」として解説しています。さらに、TOEICテスト形式のListening問題とReading問題が各記事ごとに設けてあるのです。至れり尽くせりという感じがします。

私の使用方法:
①CDで音声を聞きます。さらに、もう一度繰り返して聞きます。難しいのであまり聞き取れず、ほとんど意味が解らないことが多かったです。
②記事の英文、語句解説、日本語訳を読みます。この時、文法的に理解できてないところがないようにします。
➂TOEIC形式の練習問題と、その他解説部分も全部読みます。
④英文記事を音読します。このとき、なるべくCDの音声の真似をするようにします。
⑤再びCDを聞いて、聞き取れない部分が無いかどうかチェックします。

 内容が高度なので、1本の記事をマスターするだけでも大変です。1冊の本に18本の記事が収録されていますので、かなりのボリュームになります。1冊やり終えたらそれで終わりではなく、同じ作業を複数回繰り返しましょう。洗練された英文とはどういうものか、だんだん解ってきます。また、英語ニュースを聞いたり、英字新聞を読んだりすることに対して抵抗が無くなってきます。

 これだけの内容とボリュームがありながら、1冊1000円程度ですのでかなりお得です。すでに何十冊と発行されていますから、興味がある記事が載っているものを選ばれたらいかがでしょうか?
私が自分で購入して取り組んだものを紹介します。

The Japan Times NEWS DIGEST 2012.9 Vol.38 (CD1枚つき)

新品価格
¥1,080から
(2014/6/25 22:28時点)

The Japan Times NEWS DIGEST 2013.1 Vol.40 (CD1枚つき)

新品価格
¥1,050から
(2014/2/2 17:40時点)

ジャパンタイムズ・ニュースダイジェスト 41 CD1付

新品価格
¥1,080から
(2014/6/25 22:29時点)

6)「英語高速メソッド ビジネス英会話集」笠原 禎一 新星出版社(CD3枚付)

「TOEICのリスニングが苦手です。抵抗感を無くす方法はありませんか?」
「ビジネス場面で用いる単語や表現を効率よく覚えたいです。」

 上記のような悩みや要望を持っておられる方は多いのではないでしょうか。私も、TOEICが700点にも到達していなかった頃、リスニングテスト中に聞き取ることができない箇所が多数ありました。当然話の内容も解らないので、いい加減にマークシートを塗りつぶすことが多かったのを覚えています。しかし、あることがきっかけでリスニング能力の壁の一つを乗り越えることが出来たのです。私のリスニング能力改善の手助けをしてくれた教材を紹介いたします。

英語高速メソッド ビジネス英会話集

新品価格
¥1,944から
(2014/6/26 20:40時点)

 この教材は、著者が独自開発した手法を用いてリスニング能力を改善することを目的の一つにしています。詳細は省きますが、段階を踏むことで最終的には、通常の2.2倍速の会話を聞き取ることが可能になるように工夫されています。英語と日本語が交互に聞こえてくるので、途中で意味が解らなくなることがありません。
 また、様々なビジネス場面がストーリー展開されているので、頻繁に用いられる典型的な英会話表現を効率よく吸収することができます。英単語帳などを使うよりは遥かに記憶に定着し易いです。

私の使用方法:
 CDが3枚も付いているので、とにかくリスニングを繰り返しました。また、本を開いて英文の音読も行いました。やはり、自分でしゃべれなければ意味が無いので、ネイティブのナレーションの真似をするよう心掛けたのです。また、確認のため「重要ボキャブラリー&重要構文」のページもしっかりとチェックしました。

 使用方法は簡単ですが、下記のように効果はかなりあったと思います。

・TOEICレベルのリスニングが随分楽になり、聞き取れない部分がかなり減った。
・自分で使えるビジネス英会話表現が大幅に増えた。

 繰り返せば繰り返すほど効果を実感し易くなる教材です。安価ですし、空いた時間に気軽に取り組めるのも魅力だと思います。TOEIC対策として公式問題集以外にも何かやろうか、と考えている方にもオススメです。

英語高速メソッド ビジネス英会話集

新品価格
¥1,944から
(2014/6/26 20:40時点)

7)オックスフォード現代英英辞典(第8版) 旺文社 DVD-ROM付

 TOEICのListeningセクションでは英語の音声がどんどん流れてきますので、意味を瞬時に理解し正解を選択しなければなりません。また、Readingセクションは限られた時間の中で大量の文章を読み、理解し、正解を選択する必要があります。いずれのセクションでも頭の中でいちいち日本語に訳している暇はないのです。英語でインプットされた情報は英語のまま理解しなければなりません。

 ネイティブスピーカーとの英会話では、相手の発する言葉を英語のまま瞬時に理解し、それに対する自分の考えを英語でしゃべらなければなりません。このケースでも、頭の中でいちいち日本語に訳している暇はありません。

 もちろん、「この英語を日本語に訳すとどうなるんだろう?」と考えること自体は悪いことではありません。日本人だったら当たり前ですし、日本語訳を作らねばならない場合もあるでしょう。英語の入力情報を英語のまま理解するということが、必要な時に実行できるならば問題ありません。これが出来ないと、様々な実践の場でスムーズに事が運ばず周囲に迷惑をかける可能性があります。

 私自身のことを申しますと、今では原則、英語で聞いたり読んだりしたものは英語のまま理解し処理する癖が付いています。自分の英語学習経過を振り返ってみますと、英英辞典を購入し活用するようになってから、日本語を介在させない習慣が定着し始めたような気がします。

 英英辞典の中では英単語の意味が全て英語で解説さてれおり、日本語が何も使われていません。英英辞典を使用すれば、英語圏のネイティブスピーカーと同じく頭の中を英語漬けにできます。彼らは、ものを考えるときに日本語ではなく英語を使っているのですが、そのネイティブ感覚に近づくことができるのです。知らない単語に出会ったときに英和辞典を使えば日本語の解説を読むことができるので快適ですが、英英辞典では英語で解説されているので最初は私も抵抗感がありました。しかし、その抵抗感が少なくなるにつれTOEICの点数も上昇していきました。

 ここでは、私が使っている英英辞典を紹介します。

オックスフォード現代英英辞典 第8版 DVD-ROM付

新品価格
¥4,725から
(2014/2/4 22:35時点)

構成・内容:
・全184,500の見出し語・語句・語義が収録されていますので、学習用としては十分です。
・様々な物や動作を表す英語がイラストと写真でわかる「Visual Vocabulary Builder」が付いています。
・電子メール・論文・履歴書・ビジネス文書など、実践的なWritingを学べる学習ページがあります。
・DVD-ROMが付いており、パソコン上でも単語検索ができます。さらに音声ボタンを押すと正しい発音を確認できます。
・その他いろいろ・・・

私の使用方法
 知らない英単語、もしくは、理解があやふやな英単語に遭遇したら、この辞書を使い該当箇所をひたすら読みます。最近は、DVD-ROMのソフトをパソコンにインストールしたものを使うことが多いですね。紙の辞書を使うよりも検索が速いので便利です。音声ボタンを押して発音を確認することも重要です。
 紙の辞書は大きく重いので持ち歩きには向かないです。私は自宅でのみ使っています。紙の辞書とDVD-ROMは収録内容・特徴が異なるので併用しています。

効果
 繰り返しになりますが、英語で聞いたり読んだりしたものは英語のまま理解し処理する癖が付きました。TOEICの点数も順調に上昇するようになりました。
 英和辞典や和英辞典を使うことはほとんどなくなりましたね。英和辞典を主に使っていた時代にはもう戻れません。今では、英英辞典を使うのが当たり前という感覚を持っています。
 私も正直なところ、人に勧められてはじめて英英辞典を購入する時は少し勇気が必要でした。本当に使いこなせるのか?無駄な投資にならないか?など不安があったのです。しかし、そんなことは杞憂でした。違和感など自然に消えました。今では、意味の解らない英単語を英和辞典で調べる気は起こらないです。

 英英辞典は、ネイティブの感覚に少しでも近づくためには避けて通れない必須のアイテムです。ただし、全くの英語初心者では読みこなすのは無理でしょう。高校卒業程度の英語力があれば何とかなると思います。少しでも向上心のある方は是非、挑戦してみてください。

オックスフォード現代英英辞典 第8版 DVD-ROM付

新品価格
¥4,725から
(2014/2/4 22:35時点)

8)「同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング」 田村智子 著 三修社

「自分が考えている日本語を英訳したいのに適切な表現が思い浮かばない・・・」
「自分のしゃべった英語で、相手に真意が伝わっているか不安だ・・・」
「日本文の英訳はこれでいいのか自信が無い。誰かチェックしてください。」

 日本語と英語、この2つの言語の間を行き来するのは大変ですよね。私も日本人なので上記の悩みは良く理解できます。
 ご存知の通り、日本語と英語は言語の構造がかなり異なります。それに加えて、普通の日本人が日常的に用いる日本語は次のような特徴を持つことが多いのです。

・非論理的で解りにくい。(日本語自体は非論理的ではありません。使っている人に原因があるのです)
・曖昧で、複数の解釈が可能である。
・ストレートではなく遠回しの表現を好む。
・具体的ではなく抽象的な表現をする。
・中途半端なところで言葉を途切れさせる。
・本音や事実を隠して謙譲表現を多用する。
・慣用句を多用している。
・かなりの年配者には解るが、若年世代は聞いたこともない言葉がある(いわゆる死語になりつつある言葉)。
・その他?

 日本語と英語の間をしょっちゅう行き来している通訳者や翻訳家の人は大変ですね。しかし、翻訳や英会話は彼らだけに任せておけばいいという時代ではなくなりました。通訳や翻訳の資格を持っていない人であっても、仕事やプライベートで自分の意思を自分の力で英訳し相手に伝えなければならないケースが増えていると思います。「なるべく時間をかけずに実践的な英訳技術やコツを習得したい」という希望を持つ人にぴったりの教材を紹介いたします。

同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング

新品価格
¥1,404から
(2014/6/30 12:28時点)

本教材の内容:
 与えられた日本文の英訳を完成させるまでのプロセスを詳しく丁寧に解説しています。同時通訳養成クラスで著者自身が講師として教えている方法です。詳細は本書に譲りますが、基本的な流れは次の通りです。

日本語

解り易い日本語にする

英訳できる日本語にする

英訳する

一つの例を本書から引用します。
メールの日本文
「この前の報告書なのですが、手直しした個所につきまして、お手数でなければ、再度御査収のほどお願い申し上げます。」

解り易い日本語にする
「この前の報告書ですが、訂正した個所を、できればもう一度確認してください。」

英訳できる日本語にする
「このメールは、この前我々が話し合いをした報告書に関してです。私は、(我々が)訂正することに決めた個所を訂正しました。できれば、あなたは(私が訂正した個所を=それらを)、もう一度、確認してください。」

英訳する
「This is about the report we discussed the other day. I have made the corrections which we talked about. I’d appreciate it very much if you could check them again.」

 上記のような例と説明が多数掲載されていて、しかも、ビジネス場面で良く用いられる表現ばかりが選ばれています。

私の使用方法:
 日本文の英訳をまずは自分の力でやってみて、それから解説を熟読しました。3回繰り返し読みました。

効果:
・仕事で外国人と話すとき、適切なフレーズが自然に思い浮かぶことが多くなりました。
・英訳の基本技術や考え方を知ることができたので、仕事で英文を書くときに助かります。
・普段あまり意識せずに使っている日本語の意味を改めて確認することが出来ました。
・解りにくい日本語を話さないように気を付けるようになりました。

 英語学習者、仕事で英語を使う人、さらには、自分の日本語を改めて見直してみたい人まで全員に本教材をオススメいたします。下記の姉妹篇は、英訳技術をより定着させるための練習に重点を置いています。2冊合わせて学習されるのがいいと思います。

同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術 リプロセシングドリル

新品価格
¥1,620から
(2014/6/30 12:30時点)

9)「990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか」早川幸治、神崎正哉、TEX加藤 著 コスモピア株式会社

「TOEICテストで満点を取るのは一体どんな人たちなんですか?また、試験中はどんな解き方をしているんですか?」
「一体、どんな勉強をすればTOEICで満点がとれるようになるんですか?」

 TOEICテストが大流行してますね。会社の中ではもちろんのこと、最近は大学生も学校内で受けさせられる場合が多いようです。TOEICテストは合格・不合格を決めるのではなく、990点満点中何点かという結果が示されます。ですから受験者は、「満点に近づく為には何をしたらいいんだろう?」ということを多かれ少なかれ考えたことがあると思います。
 しかし、ネイティブでない英語学習者がTOEICテストで990点満点をとるのはとても大変なことです。私も色々と試行錯誤しながら、ようやく最近950点まで到達しましたが990点満点への道のりを明確にはイメージできていません。

 TOEICテストで990点満点に近づく為には、実際に達成した人たちの考えやノウハウを知るのが早道だと思います。テスト用の対策本はたくさん見かけますが、満点取得者自身のことをクローズアップしている本は稀だと思います。ここでは、そのような珍しい本を紹介いたします。満点取得者である著者3人は、いずれもTOEICの講師をされています。

990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか

新品価格
¥1,620から
(2014/6/30 20:51時点)

本書の主な構成:
・著者3人の紹介(TOEIC990満点をとるまでの英語学習歴がメイン)
・リスニングセクションの基本戦略(著者3人各々)
・リーディングセクションの基本戦略(著者3人各々)
・TOEIC攻略座談会
・満点を狙える難単語100

読んだ後の感想:
・リスニング、及びリーディングセクションにおける心構え・具体的な方法・注意点などが詳しく書かれています。テスト中の思考プロセスが実況中継されているようで解り易い。
・テストへの取り組み方は三者三様であり、決して同じでない。読者にとって合いそうな方法を各自が選んで真似ればいいと思います。
・TOEIC攻略方法座談会で個人的に印象に残った言葉
 「日本語に訳している人は、ひとつの壁ができているので、なかなかスコアが上がっていかない」「ビジネス経験があった方が有利」「英語の音が聞けるようになるためには、公式問題集などの音声を音読・暗唱する、という方法がよさそう」「パターンを覚えるのは大事」「私自身は、いつも英英辞典を使っています。」「TOEICは普段どれだけ英語に触れているか、という部分が問われます」「英字新聞のようなオーセンティックな素材にどんどん触れるようにしたほうがいい」「英語ができることイコール仕事ができるということではありません」「英語をコミュニケーションのツールとして活用できるようになることのほうが、TOEICで990点を取ることよりも意味がある」

 私自身、英英辞典を購入したのは本書を読んだことがきっかけになっています。また、失敗談や苦労話が正直に書かれており好感が持てます。

 何かしら頂点を極めた人の言葉には力があり、学ぶべきものが多いと思います。是非、本書を手に取ってたくさんのヒント・きっかけを得てください。

990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか

新品価格
¥1,620から
(2014/6/30 20:51時点)

P1020878

以上

Pocket

【防衛費は人を殺すための予算】言葉足らずだが本質を突いた発言。感情的な非難ではなく、背景知識を踏まえた冷静な議論が必要だ。

Pocket

 2016年6月26日、日本共産党の藤野保史政策委員長はNHKの討論番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べました。

 「人を殺すための予算」という表現が注目を浴びて物議を醸しているようですが、この発言が出てきた背景を確認したいと思います。

1)正しい前提
・日本では、第二次世界大戦での敗戦以来、実質、アメリカの植民地状態が続いている。
・自衛隊はアメリカの命令により作られた組織であり、指揮権はアメリカ側にある。
・アメリカ側の決定は日本国憲法よりも上位にあり、その意向には日本政府も逆らうことができない。
・日本の宗主国であるアメリカ様は、その建国以来、9割以上を戦争に費やしてきた。
・アメリカが世界中で戦争をしてきたのは、石油などの資源利権確保が主な目的である。故意に紛争を起こし軍需産業を潤わせる仕組みも作って来た。世界的な支配層・富裕層の意向を踏まえている。
・自衛隊は、戦争大国であるアメリカの後方支援役を担ってきており、そのために何十兆円という日本国民の税金が費やされてきた。アメリカ軍の侵略・大量殺戮行為に、間接的に加担してきたのである。
・安保法制(=戦争法)成立後は集団的自衛権の名のもとで、戦地の最前線で実際に血を流す役割がアメリカから期待されている。その反動で、日本がテロリストの標的になる確率が高まる。
・安保法制を強引に推進するため、安倍政権は、北朝鮮や中国などの「脅威」を故意に煽ってきた。
・最近クローズアップされている災害救助任務は、自衛隊にとっての本務ではない。

 上記1)で箇条書きにした前提・背景を踏まえている人は、まだまだ少数派だと思います。参考文献を以下に記します。

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

新品価格
¥1,296から
(2016/6/13 10:08時点)

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか

新品価格
¥1,296から
(2016/6/14 20:01時点)

 上記1)のような背景知識を持っているならば、「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」という発言(日本共産党:藤野議員)は、さほど違和感はないと思います。言葉足らずなのは事実ですが、問題発言ではありません。本質を突いています。

写真(NHK番組で発言する日本共産党の藤野保史政策委員長)
写真(NHK番組で発言する日本共産党の藤野保史政策委員長)

 しかし、多くの日本国民には、次のような間違った思い込みを持っています。

2)間違った思い込み
・日本は独立国であり、アメリカとは対等な日米安全保障条約を結んでいる。
・自衛隊の指揮権は、日本の総理大臣が持っている。
・日本の友達であるアメリカは世界の警察官としてテロリストと戦っており、世界平和に貢献している。
・安保法制により集団的自衛権行使が可能になれば自衛隊の役割が拡がり、より確実に日本国民の生命・財産を守ることができるようになる。
・5兆円を超える防衛予算は、北朝鮮や中国などの「脅威」から日本国民を守るための必要経費だ。
・震災発生時の自衛隊による救助活動報道を見ても分かる通り、日本国民を守るのが自衛隊の本務である。

 2)のような間違った思い込みをもっていれば、「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」という発言(日本共産党:藤野議員)は、暴言になります。実際に安倍総理は、「とんでもない侮辱」と言っています。ネット上での典型的な非難例を挙げましょう。

 ツイッター上で、「人を殺すための予算」で検索すると、半分以上は、上記のような感情的な非難ですね。しかし、「防衛費の増額よりも、社会保障や暮らしの充実を優先すべき」、という意見の人も多く、藤野議員の発言を冷静に受け止めている人も目立ちます。安保法制の強引な推進・採決が、多くの有権者を啓発するのに役立ったのでしょうか。

最後に:
 安倍政権の御機嫌取りを最優先する御用マスコミが跋扈しており、国民は正しい情報を得ることが難しい状況にあります。日本共産党の藤野議員は若干言葉足らずだったとはいえ、本質を突く発言をしてくれたと思います。NHKの安倍政権応援番組で、悪者になることを恐れず、「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と主張したことは問題ではありません。大いなる貢献です。問題は、発言を受け止める側の知識不足にあると思います。

以上

Pocket

【山本太郎さんも応援している!】参院選の東京選挙区:三宅洋平候補の主張

Pocket

 選挙に関心がある人でも、候補者の演説を聞くのは大なり小なり抵抗があるのではないでしょうか?原因は色々あると思います。

・街宣車で自分の名前と紋切り型のセリフを連呼するだけ。ただの騒音まき散らしである。
・何か胡散臭い。マンネリで話がつまらない。退屈で眠くなる。
・説得力が無く、本気度が伝わってこない。
・その他

 生活の党の山本太郎議員は、鋭い突込みで安倍政権の天敵となっていますが、その歯切れの良いトークで一般国民の支持を集めつつあります。彼のしゃべりを聞いていると、他の政党の議員はみんなヌルく感じます。従来の政治家のイメージを変えてくれたことは間違いありません。

 自民党議員が100人束になっても敵わないようなバイタリティ・誠実さ・勇気を持っている山本太郎氏。彼のような議員がもっと増えればいいな、と思った人は多いはずです。そんな山本太郎さんが応援している候補者がいます。

三宅洋平氏

 2016年7月10日に行われる予定の参議院選挙で、三宅洋平氏(37)は東京選挙区から無所属で立候補しました。政治的無関心層を動かして投票率を10%上げたいそうです。下記のビデオは、渋谷で行われた演説の様子です。ご覧頂ければ、山本太郎さんと同じような可能性を感じられると思います。参考になれば幸いです。

写真(渋谷:三宅洋平氏の演説に集まる聴衆)
写真(渋谷:三宅洋平氏の演説に集まる聴衆)

参考リンク:「三宅日記」

以上

Pocket

安保法制成立までに用いられてきた反則技、劣悪政治家たちの暴言、及び、伊藤真弁護士の親切解説を紹介

Pocket

 2016年7月の参議院選挙で、争点として一番に取り上げられなければならない安保法制(=戦争法)ですが、一般国民の関心はイマイチです。今すぐに生活に直結する問題ではなく、実感が湧かないからでしょうか?

 以下に、安保法制成立までに用いられてきた反則技、劣悪政治家たちの暴言、及び、伊藤真弁護士の親切解説を紹介いたします。参考にしてください。

*****************
 2015年9月19日未明に安保法制(=戦争法)が成立しました。アメリカとの約束通りに戦後最悪の法律を可決させるため、安倍政権は様々な反則技を使いました。以下に、例を挙げます。

1)選挙での争点隠し
 2014年末の国政選挙のテーマは経済運営に関するものでした。

2014年11月21日の安倍内閣総理大臣記者会見リンク

 安倍総理は記者会見で下記の通り冒頭発言しています。

「本日、衆議院を解散いたしました。この解散は、「アベノミクス解散」であります。アベノミクスを前に進めるのか、それとも止めてしまうのか。それを問う選挙であります。連日、野党は、アベノミクスは失敗した、批判ばかりを繰り返しています。私は、今回の選挙戦を通じて、私たちの経済政策が間違っているのか、正しいのか、本当に他に選択肢はあるのか、国民の皆様に伺いたいと思います。」

 この記者会見では最初から最後まで経済政策のことだけを話題にしていました。安全保障政策に関しての言及は皆無でした。確かに、自民党のホームページに掲載されている政策集2014の中には、少しだけ言及しています。

引用始め
*****************************
「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」(平成26年7月1日閣議決定)に基づき、いかなる事態に対しても国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、平時から切れ目のない対応を可能とする安全保障法制を速やかに整備します。
*****************************
引用終り

引用元リンク→自民党重点政策2014

 安保法制を成立させるため、自民党は多大の時間・労力・お金を費やしてきました。それだけの熱意があるならば、マニフェストの先頭に持ってきてもいいと思います。
 選挙前に国民的関心事になり反発を食らい、支持率や獲得投票数低下につながるのを恐れていたのでしょうか?選挙時に争点隠しをして多数の議席を獲得し、その後はやりたい放題・・・ 有権者から見れば反則技でしょう。

2)自分にとって都合の良い人間を内閣法制局長官に据えた。
 内閣法制局は、内閣が国会に提出する新規法案を、閣議決定に先立って現行法の見地から問題がないかを審査するのが仕事です。戦後の歴代内閣で憲法解釈の責任も担っており、総理大臣ですら介入を控え、独立性を維持してきました。
 しかし、安倍総理は人事権を悪用し、集団的自衛権行使容認に積極的な外務省出身の小松一郎氏を起用しました。前代未聞のことです。

写真(内閣法制局長官:小松氏) 出典:ANN
写真(内閣法制局長官:小松氏) 出典:ANN

3)マスコミの懐柔・統制
 ジャーナリストの役割は権力の監視であり、危険を伴います。大本営発表をする御用マスコミに存在価値はありません。監視する側が監視される側と会食するなど論外です。安倍総理は自分のお友達である籾井さんをNHKに送り込むなど、やりたい放題です。

写真の出典は不明
写真の出典は不明

4)歴代内閣の憲法解釈を変更
 歴代内閣は、集団的自演権の行使は憲法違反であると答弁してきました。しかし、安倍政権は2014年7月1日、従来の憲法解釈を変更することを閣議決定してしまいました。こんなことをする人が現れるとは、誰も予想していなかったでしょう。

歴代内閣の集団的自衛権憲法解釈
歴代内閣の集団的自衛権憲法解釈

5)国会審議の形骸化
 ゴマカシ答弁や不誠実対応のオンパレードでした。露骨な説明責任の放棄が、政治的無関心層を目覚めさせた思います。

写真(安保法制の内容に自信満々の安倍総理) 出典:http://togetter.com/li/824251
写真(安保法制の内容に自信満々の安倍総理) 出典:http://togetter.com/li/824251

6)採決の強行
 一方的で強引なやり方は、自信の無さの裏返しです。

安保法制強行採決時における、佐藤元隊長の強烈パンチ 出典:EPA
安保法制強行採決時における、佐藤元隊長の強烈パンチ 出典:EPA

 上記1)〜6)の反則技を使うような人たちは、民主主義・立憲主義・国民主権の初歩を理解していないのです。従って、有権者を唖然とさせるような暴言がポロポロと出てきました。以下に、例を挙げましょう。

礒崎陽輔(首相補佐官)
「立憲主義なんて聞いたことがない」
「法的安定性など、どうでもいいんです」

片山さつき(参院議員)
「天賦人権論(全ての人間は生まれながらに自由かつ平等で、 幸福を追求する権利を持つという自然権を持つという思想)をとるのは止めようというのが私たちの基本的考え」

安倍晋三(内閣総理大臣)
「みっともない憲法ですよ、はっきり言って」

麻生太郎(副総理・元総理)
「ナチス政権下のドイツでは、憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口、学んだらどうかね」

写真(3連休挟めば空気が和らぐ) 出典:ANN
写真(3連休挟めば空気が和らぐ) 出典:ANN

石破茂(前自民党幹事長)
『「これは国家の独立を守るためだ」「出動せよ」って言われた時、「死ぬかもしれないし、行きたくないな」と思う人がいないという保証はどこにもない。だからその時に、それに従え、それに従わなければ、その国における最高刑に死刑がある国なら死刑、無期懲役なら無期懲役、懲役300年なら300年(を科す)。「そんな目にあうぐらいだったら出動命令に従おう」っていうことになる。』
国民が行うデモに対して→「絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」

細田博之(自民党幹事長代行)
「憲法は不磨の大典ではない。法令の一つだ。日本国憲法というと立派そうだが、日本国基本法という程度のものだ」

西田昌司(自民党副幹事長)
「今の憲法は憲法の資格さえない、主権は国民にはない。日本が長年培った伝統と歴史に主権がある」

船田元(自民党憲法改正推進本部本部長代行)
「ガチガチに立憲主義を守ることによって国が滅んでしまっては何もならない」

脇雅史(参院幹事長)
一票の格差についての広島高等裁判所岡山支部判決に対して→「取り消してほしい。はなはだ変な判決だ」

中谷元(防衛大臣)
「安全保障法制はどうあるべきか与党で議論をいただき、現在の憲法をいかにこの法案に適応させていけばいいかという議論を踏まえ(法案の)閣議決定を行った」

その他いろいろ沢山・・・・・・・

 このような仰天発言をする人たちが政権を担うとは、有権者の誰が予想できたでしょうか?無関心な国民を覚醒させるのに大分役立ったと思います。こういう人たちによって、最終的には、2015年9月19日未明に安保法制が成立したのですが、それに先立つ2015年9月8日に参議院平和安全法制特別委員会で参考人意見陳述が行われました。

 弁護士の伊藤真氏は、意見陳述をされた一人です。戦争法の問題点、その審議過程の問題点などについて、国会議員を諭すように、初歩的なことを解り易く親切に解説してくださいました。

下記リンク先で、是非とも内容確認をしてください。
とってもオススメです。

伊藤真 【閣議決定は憲法違反】参考人質疑 意見陳述 2015年9月8日 国会 安保 最新(16分34秒)

全文が掲載されているリンク(伊藤真氏のオフィシャルサイト)

「この意見陳述をすれば、与党議員たちも改心し、安保法案を撤回するに違いない。」とは、伊藤真氏も思っていなかったでしょう。では彼の献身的で誠実な行動を支えていたものは何でしょうか?

 想像ですが、「政治に無関心な国民にも解るように国会の場で丁寧に説明し、公的な記録に残すことで、次回の国政選挙の投票先判断に役立ててもらおう」、と考えたのではないでしょうか?

 国会議員としての初歩的な知識を持っていない、ルールを守る気がない人間に一票を投じてはいけません。棄権は論外です。有権者が無関心でいると、国会がゴロツキの巣窟になってしまうことが実証されたのです。

図(2014年の衆院選における自民党獲得票数と棄権者数の比較) 出典:数値は総務省集計データ通りだが、図自体の出典は不明
図(2014年の衆院選における自民党獲得票数と棄権者数の比較) 出典:数値は総務省集計データ通りだが、図自体の出典は不明

以上

Pocket

【悲惨・・】参院選に関する質問を自民党が募集した結果・・・

Pocket

この結果、集まった質問は、下記のとおりです。どれも、自民党政治の問題の本質を鋭く突いています。参考にしてください。

写真(自民党の山本一太議員)
写真(自民党の山本一太議員)

以上

Pocket

「自由と平和のための京大有志の会」が、とても心に残るビデオクリップを作成して下さいました。

Pocket

自由と平和のための京大有志の会声明書

「自由と平和のための京大有志の会」が、とても心に残るビデオクリップを作成して下さいました。2分半程度ですが、とても説得力があります。下記にてご覧ください。

元のリンクはこちら↓
「今こそ、1年前のあの暑い夏を思い起こすとき」

よろしければ、ネット上での拡散に御協力をお願い致します。

以上

Pocket

【90歳で老後心配、いつまで生きるつもりだ】麻生財務相発言の問題点について考える。

Pocket

写真(麻生財務大臣) 出典:JNN
写真(麻生財務大臣) 出典:JNN

 暴言王として名高い麻生太郎副総理兼財務相が、また何かやらかしてくれたようだ。2016年6月17日に北海道小樽市で行われた自民党支部会合での発言を、以下に引用する。(出典:2016年6月18日付、朝日新聞記事)

引用始め
*********************
 思ったより伸びなかったのは、個人の消費です。間違いなく1700兆円を超す個人金融資産がある。すさまじいお金。そのお金が消費に回らない。買いたい物がないとか、将来が不安だからとか、いろんな理由あるだろうが、いずれも伸びない。金なんてね、あれ見るもんじゃねえんだ。触るもんでもねえ。あれは使うもんだから。使って回さないとどうにもならねえ。じーっとしているのが最大の問題だ。

(中略)

 ぜひ、みなさん方にお願いしておきたいのは、このお金を何に使うのかだけは、ぜひ考えといてもらいたい。俺も75歳だから、俺が考えてもしょうがないの。みなさん方は何に使うんです、この金。さらにためますか?

 金ってのは、ない時はためるのが目的になるさ。しかしあったら、その金は使わなきゃ何の意味もない。金ってそういうものだ。従って何に使うのか決めてもらいたい。どうしたいんです? さらにためてどうするんです?

 90歳になって老後が心配とか、訳のわかんないこと言っている人が、こないだテレビに出てたけど、オイ、いつまで生きてるつもりだよと思いながらテレビを見てましたよ。

 わたしのばあさんは91歳までピンとしてましたけど、この人は、金は一切息子や孫が払うものと思って使いたい放題使ってましたけど、ああ、ばあさんになったらああいう具合にやれるんだなと思いながら眺めてました。
*********************
引用終わり

麻生氏の上記発言中、

「90歳になって老後が心配とか、訳のわかんないこと言っている人が、こないだテレビに出てたけど、オイ、いつまで生きてるつもりだよと思いながらテレビを見てましたよ。」

、の部分が取り上げられて、「高齢者への配慮が無い」とか「血も涙もない」という批判につながっている。もちろん、人間の尊厳を軽んじる暴言は、いつものこととはいえ許されるものではない。

 しかし、麻生氏の今回の発言での問題は別のところにもある。日本では貧富の格差が拡がり過ぎて、大多数の国民は消費をしたくてもできない状態だということを、現職の副総理兼財務相が理解してないのだ。

 実際、日本における貧富の格差拡大は、国会でも取り上げられている。2016年3月29日の参議院予算委員会で日本共産党の小池晃議員が明らかにしたが、日本の富豪上位40人が保有する資産の総額は2015年に15.9兆円にも上り、その額はこの3年間で2.2倍に急増している。上位40人の資産総額は、日本の全世帯の下位約53%が保有する資産に匹敵するという凄まじさだ。

 その一方で、貧困の実態も深刻だ。単身世帯の約半数は預金できない。若者の多くは非正規雇用で貯金もできず、年金の掛け金を払うことすら難しくなっている。老人世帯も乏しい年金収入を預金の取り崩して賄っているケースが多く、社会保障削減が進む中、不安な毎日を過ごしているのだ。生活の不安がなく消費を謳歌できるような人は、今の日本社会では極々少数派なのである。

 麻生さんは財務大臣としてこの程度の情報は得ているはずだが、自分のものに出来ていないようだ。国会審議中に居眠りでもしていたのだろうか?

 世襲の5世議員として金銭的には何不自由ない暮らしをしてきた麻生氏には、庶民の事情を理解することは難しいのだろう。91歳まで生きた麻生氏の祖母は金を使いたい放題使っていたそうだが、彼にとっては、それが基準になっているのだ。他の老人たちも同じようにドンドン散財すれば、景気が上向きアベノミクスが成功すると思っているのだろうか。75歳にもなってこれだけ世間知らずな人間を政治家にしてしまった有権者の罪は重い。

 1700兆円の個人金融資産があると麻生氏は言うが、ごく一部の人間たちでほとんど独占していたら消費が増える訳がないのである。金を持っている人には応分の負担をしてもらい、富の再分配をしなければならない、と麻生財務大臣が認識するのはいつのことだろうか。

以上

Pocket

【奪われてきた無数の命と尊厳】駐留米軍による事件事故の年表を沖縄タイムズが発表。日本人ならば事実を直視せよ。

Pocket

 日本という国は戦後ずっと、実質的にアメリカの植民地であり続けました。その仕組みや実態については、下記リンク先の記事を参考にしてください。

【憲法よりも上位にあるもの?】日本社会を支配する本当のシステムは何か?

 その結果、駐留米軍による無数の犯罪や事故が日本全国で発生してきたのですが、特に顕著なのが沖縄です。

地図(沖縄の米軍基地) 出典:沖縄移住支援センター
地図(沖縄の米軍基地) 出典:沖縄移住支援センター

 2016年6月19日付の記事で、沖縄タイムズが「命、尊厳もう奪わせない」と題した特集記事を発表しました。戦後、沖縄県内で繰り返されてきた米軍による「強姦殺人」「殺人」「交通死亡」「強姦(未遂含む)」の年表です。下記のリンク先で見ることができます。

「命、尊厳もう奪わせない」(沖縄タイムズ)

 リンク先の年表は氷山の一角に過ぎません。1972年以降は主な事件事故のみですが、以下に引用・紹介致します。

沖縄県内での米軍の事件事故-1 出典:沖縄タイムズ
沖縄県内での米軍の事件事故-1 出典:沖縄タイムズ

沖縄県内での米軍の事件事故-2 出典:沖縄タイムズ
沖縄県内での米軍の事件事故-2 出典:沖縄タイムズ

沖縄県内での米軍の事件事故-3 出典:沖縄タイムズ
沖縄県内での米軍の事件事故-3 出典:沖縄タイムズ

沖縄県内での米軍の事件事故-4 出典:沖縄タイムズ
沖縄県内での米軍の事件事故-4 出典:沖縄タイムズ

沖縄県内での米軍の事件事故-5 出典:沖縄タイムズ
沖縄県内での米軍の事件事故-5 出典:沖縄タイムズ

 発表された事件事故だけでなく、表に出ない多数の犠牲にも思いを馳せなければならないのですが、人間の想像力をはるかに超えている状況だと思います。

 これらの事実を一顧だにせず、米軍基地に抗議する人たちを「キチガイ」と呼ぶ政治家がいます。沖縄タイムズはおかしな新聞社だから潰れた方がいい、とのたまう政治家がいます。

【自民党の小島健一県議】有権者をキチガイ呼ばわりする勘違い議員をドンドン批判しよう。

 沖縄県民の意思を踏みにじり、「辺野古移設のための工事を粛々と進める」とおっしゃる政治家がいます。

工事を粛々と進めると発言し非難される菅官房長官

 自民党という政党が人間の心を失って久しいですが、それに伴って支持者の実数も低下の一途を辿っています。

図(自民党の獲得票数と議席数の推移)
図(自民党の獲得票数と議席数の推移)

 小選挙区制の欠陥により現在でも多くの議席を得ていますが、安倍政権は本質的には脆弱なのです。

 冷酷な自民党が政権の座にいることを、有権者はいつまで許し続けるのでしょうか。棄権者が多いと、組織票頼みの安倍政権には有利に働きます。政治的に無関心な者は、沖縄県民を見殺しにしているのと同じです。

図(2014年の衆院選における自民党獲得票数と棄権者数の比較) 出典:数値は総務省集計データ通りだが、図自体の出典は不明
図(2014年の衆院選における自民党獲得票数と棄権者数の比較) 出典:数値は総務省集計データ通りだが、図自体の出典は不明

 旧日本軍によるアジア諸国への侵略戦争という事実から、大多数の日本人は目を背けています。心情的に抵抗があるのは分かります。加害の歴史を検証するのは大変な労力を要しますから。しかし、せめて同じ日本国内の沖縄の惨状には関心を持って欲しいものです。

 日本を守るために駐留しているのではない不要米軍のために、多額の思いやり予算を毎年献上している奴隷自民党。自民党を政権の座から引きずり下ろし、米軍を完全撤退させ、米・アジア諸国との平和外交を展開するようにならなければなりません。

 米軍による多数の犠牲者は恨み言を言いません。言えません。無限の深みから、ただ、じっと我々を見つめるだけです。見つめられている我々が何をすべきかは明らかです。犠牲者の願いが何なのか、参議院選挙前に全国の有権者は考えなければなりません。

以上

Pocket

2016年6月19日:NHK日曜討論での山本太郎議員の発言書き起こし

Pocket

 参議院選挙の公示を目前に控えた2016年6月19日、各党の党首がNHKに集い討論を行いました。その番組のYouTubeリンクを以下に貼ります。

 この中から、生活の党:山本共同代表の発言のみ抜粋し、以下に書き起こし致します。弱小政党で年齢も一番若いですが、今回もなかなか頑張っていました。参考にしてください。

書き起こし始め
********************
(参院選の位置づけ どう戦うか)
「この国に生きている人々、生活が苦しいですっていう人たちがですね、現在、62.4%もいらっしゃると。
アベノミクスの是非ということで、誤魔化されてはいけないと。確実にそこは終わりを迎えるということは確実なんだと。
本当の狙いは何なのかと。大きなルール改正を望んでいる。それは、憲法改正だと、改悪だと。
これは、本当は、ならず者のような権力者たちを縛るための憲法が、これを大きく変えて、そして、人々を縛るような形になる可能性が高い。これは憲法21条、表現の自由の、自民党の改憲草案を見て頂ければ分かります。表現の自由が、ますます縛られていく。しかも、それを覆されるような前提が第二項に書かれているということに注目して頂きたいと思います。」

写真(NHK日曜討論で発言する山本太郎議員:2016年6月19日)
写真(NHK日曜討論で発言する山本太郎議員:2016年6月19日)

(アベノミクス是か非か)
「過去最悪の貧困率ですよね。そして、非正規労働者が4割を超えたと。
アベノミクスは議論の余地もないと。世界から見たらabenomics was dead という状況なんじゃないかなと。
穏やかな回復基調といいますけれども、そんなこと通用しないだろうと。
伊勢志摩サミット前後では本当に目を覆うようなことばかりがあったなと思うんですよね。
消費増税が出来なくなってしまったらですね、リーマンショック級だと言い出したと。
それに対して世界がドン引きしてしまった、大失笑した。それに対して、そんなことは言ってないという話になった。
これ、総理にお聞きしたいんですけれど、一体どっちなんですか?」

写真(山本太郎議員に批判され、睨み返す元気もない安倍総理)
写真(山本太郎議員に批判され、睨み返す元気もない安倍総理)

(消費税10%再延期“新しい判断は”)
山本太郎議員の発言機会無し

(社会保障充実策・財源は)
「消費税という税金の取り方がこの国の経済を壊してきた。人々の生活を壊してきたということは明らかだと思うんです。
それゆえに今回も増税することが難しいと。これは明らかですよね。
先ほど共産党志位さんがおっしゃった通り、大企業への税の割引大サービス、これ、租税特別措置88項目もあると。
だったら取れるとこあるじゃないかと。だって、過去最高益を上げてるんですよ、上場企業は。バブルの時より儲かってるって。
どうして取らないのって。それは、取れないですよ。だって、選挙の時にお世話になった。組織票であったりとか。日頃からもらっている企業献金、これ、ご恩返ししなきゃいけないから、そっからなかなか税金取りづらいと。
で、ドンドンどんどん下がっている分を、収入を減った分を取るのが消費税だっていう話なんですよね。
取れるとこ、まだまだある。1700兆円を超えるような個人金融資産、ここも取れるじゃないかって。分離課税を止めて、総合課税にすべきだと。
安倍政権に代わってからですね、いろんな流行語が生まれましたよね。ブラックバイト、下流老人、奨学金問題、ツイッターハッシュタグの流行は、現在ですね、#なぜ社会保障だけ財源が無いと言うの?、という話なんです。だって、伊勢志摩サミットの時にもインフラ整備事業にね、開発途上国に対して20兆円出す方針を出してるんですよね。
国内が今、大変な状況なんです。」

(選挙戦で安全保障関連法は)
「一番あり得ないのはですね、まず、この国に生きる人々に説明をする前に、アメリカの議会に渡って安保(法案)を通すという約束をしてきたこと。
そして、さかのぼること半年前、自衛隊のトップがアメリカに渡ってその約束をし、そして武器までアメリカから買うということを言ってること。
こんなこと、あり得ないんですよ。そうしてこの国に生きている人々に説明されるのが先じゃないのかということですよね。
これ非常に問題で、要は、これから自衛隊がアメリカの戦略とともに海外に出ることが、もっと幅が広がると、ならば、以前、派遣したことに関しての反省が必要だと。
じゃあ、イラク戦争どうだった、という検証が必要です。
航空自衛隊、これ国連関係者を運んでいるということで、実は米軍関係者を運んでいたということがはっきりしている。
これ、イラク戦争の検証というのは、参加してきた各国が、もうすでに検証を行い、そしてその時の責任者というのは、その誤りを認めている。
湾岸戦争当時の国連決議を持ち出して、これを正当化しているのは安倍さんぐらいなんですよ。まずは、それが必要であると。大量破壊兵器は無かった。これは先進国の侵略行為に近い、侵略行為といっても過言ではない。その検証が必要ということです。」

(憲法改正 各党の訴えは)
「総理の進める自民党の改正草案、その内容というのは、本当に日本国憲法の理念を踏みにじるものであると。
国防軍の創設であったりとか、人々に対する権利の制限、そんなもの到底容認できるはずがございません。
この国に生きる人々の生活を破壊するような人々が、この国に生きる人々の生活はドンドン破壊されてますよ。貧困率も過去最悪ですし、そのような勢力が、人々を守るための憲法をいじることは絶対に許されない、そのように思っています。」
*********************
書き起こし終わり

以上

Pocket

【冷酷な政治利用ばかり・・】安倍政権下で日本人拉致被害者問題が悪化するのはナゼか?

Pocket

 安倍政権になってから、北朝鮮による日本人拉致問題は膠着どころか悪化しているように見えます。今回は、この原因を考えてみます。

1)安倍総理自身が国際社会から相手にされない人物である。
 安倍総理には、発言や行動の内容に一貫性が全くありません。倫理的な原理原則も皆無です。自分の利益になるからといって、コロコロと立場を変えたり、嘘をつきまくる人は信頼されません。福島原発事故による健康被害は起こらないと国際会議の場で強弁し、TPPでは公約と真反対の行動をしました。三重伊勢志摩サミットでは、アベノミクスの成果を披露し、リーマンショックの再来を指摘することで各国首脳の失笑を買いました。

 国際社会からは、プライドのない売国奴ぶりを見抜かれています。日本の国会で審議する前に、安保法案(=戦争法)の成立をアメリカ議会で約束したという暴挙は記憶に新しいですね。

出典:ANNニュース
出典:ANNニュース

 一応、形だけの拍手をもらって喜んでいたようですが、アメリカの議員たちは心の中で軽蔑していたのです。アメリカにとって非常に都合が良いのですが、信用できない人間だと判断されています。「希望の同盟」が聞いて呆れます。

2)安倍総理自身が、議論の技術を持っていない。
 宗主国アメリカ様の奴隷になるか、自分の言うことを何でもよく聞く「お友達」を相手にするか、都合の悪い質問をする相手に激高するくらいしか芸がありません。テレビ出演時にアベノミクスの問題を指摘されて激高したときは、同僚の自民党議員もヤバイと感じたようです。

写真(テレビ番組出演中にアベノミクスを批判され激昂する安倍総理) 出典:TBS NEWS23
写真(テレビ番組出演中にアベノミクスを批判され激昂する安倍総理) 出典:TBS NEWS23

 冷静な議論ができなければ、政治問題を解決に導くことはできません。同じ間違いを繰り返すだけです。問題を受け止め、その原因を分析し、解決策を導き出すという当たり前のプロセスを一国の総理大臣から期待できないというのは寂しい限りです。

 議論ができない日本人の代表である安倍総理。日本国のリーダーとして議論を実践し、国民に模範を示して欲しいのですが、期待はできないでしょう。日本国内で議論できないのであれば、有意義で生産的な外交関係構築も不可能です。

3)安倍総理自身が、アジア諸国との関係悪化を促進している。
 戦犯として逮捕されたが、アメリカの手先となることで訴追を逃れた岸信介元首相。彼の孫にあたる安倍総理の政治的目標は憲法改悪であり、徴兵制度復活です。アメリカのゴバンザメとして、世界中で戦争ができる国づくりに邁進しており、プチ覇権主義の妄想に取り憑かれています。戦前回帰願望が強い極右反動政治家は、軍需産業利権者たちの強い味方でもあります。

 集団的自衛権の行使を可能にするため、憲法違反の安保法制を強行採決したのは記憶に新しいですが、国民世論の反発を抑えるために利用したのが、「北朝鮮や中国の脅威」でした。この「脅威」は安倍総理によって意図的に促進されています。加害者が過去の侵略戦争を否定すれば、外交関係を冷え込みますし、険悪なムードを醸成するのは簡単です。北朝鮮の国際的孤立に手を貸し、経済的・精神的に追い込み、核実験やミサイル発射を誘発しています。

 相手を力でねじ伏せようとしても事態は好転しないことを分かっていながら、わざと外交関係を悪化させています。すべては安倍総理自身の妄想実現(=戦争ができる国づくり)のためです。北朝鮮や中国との友好関係が促進されては困るのです。「北朝鮮や中国が脅威だ」と叫べば、無知な国民は集団的自演権を受け入れると思っているのです。舐められたものです。

 外交関係悪化のせいで、北朝鮮に拉致されている被害者たちが解放される可能性はドンドン低くなっているのですが、全く気にしていません。彼は本当に、日本国民の生命と財産を守る気があるのでしょうか?ある訳がありません。ポーズをとるのが上手いだけです。

写真:「最終決戦は続いている 制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」に出席し、挨拶する安倍総理。出典:首相官邸ホームページ
写真:「最終決戦は続いている 制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」に出席し、挨拶する安倍総理。出典:首相官邸ホームページ

まとめ:
 国際社会から人間として相手にされず、かつ、議論の技術を持たない総理大臣が、戦争をしたいがゆえにワザと外交関係を悪化させているのです。特にアジア諸国との関係悪化は戦後最悪レベルといっていいでしょう。安倍政権の下で日本人拉致問題が悪化するのは当然なのです。安倍総理に政治的に利用されるだけの拉致被害者とその家族は本当に気の毒です。

 日本国民の生命と財産を守る気が全くない安倍政権を無邪気に支持するのは危険です。マスコミの自己規制により権力批判報道がほとんどされていませんが、一人でも多くの国民に関心を持って欲しいと思います。

以上

Pocket