【安倍総理とズブズブの森友学園】ニューヨークタイムズもついに報道!詳細を解説します。

 安倍総理夫妻の信頼が厚い森友学園を舞台として、様々なスキャンダルが聞こえてきます。日本のマスコミでも扱いが徐々に大きくなりつつあります。野党議員たちも追及に励んでいるようです。  海外メディアの報道も多くなってきました。ニューヨークタイムズの2017年2月24日付記事のリンクを以下に貼ります。 B... 続きを読む

Pocket

Pocket

【安倍総理とズブズブの森友学園】大手マスメディアが追及に及び腰なので、このブログで記事にする。

 安倍総理夫妻が深く関わっている森友学園問題は、厳しく追及されなければならないが、大手メディアの報道は腰が引けている。これでは戦前回帰内閣を追い詰めることはできない。そこで私が運営するこのブログでも記事として取り上げ、皆様の情報整理の一助になりたいと思う。  国粋主義者によって運営されている学校法人... 続きを読む

Pocket

Pocket

【戦前教育を幼児に強制する塚本幼稚園】教育勅語の犯罪性について考える。

 安倍総理夫妻の信頼が厚い塚本幼稚園では、戦前の教育勅語を園児たちに唱和させているという。  日章旗を園児に持たせるなど、軍国主義を礼賛する人間に育てたいのだろうか?  戦前に教育を受けた者は、教育勅語を骨の髄まで染みるように徹底的に叩き込まれたという。一体どんなものなのか考えてみたい。  以... 続きを読む

Pocket

Pocket

【放射線白内障】福島原発事故現場の危険性と、東電・官僚の無関心・冷酷さを明らかにした山本太郎議員

 2011年3月に発生した福島原発事故の収束対応作業が懸命に行われている。健康を害しながら一番大変な思いをしているのは、言うまでもなく現場での作業している人たちだ。時代遅れな放射線被ばく基準値の下で、健康被害に関する知識も情報も乏しい状態で、結果的に犠牲者となりつつある。  世間は面倒なことを忘れや... 続きを読む

Pocket

Pocket

【トランプ大統領ってどんな人?】アメリカの精神科医の見解を紹介します。

 2017年1月にアメリカの大統領に就任したトランプさんですが、一体、どのような人なのでしょうか?アメリカの精神科医や心理学者が専門家の立場から解説した記事を見つけました。以下にリンクを貼ります。 Donald Trump is Dangerously Mentally Ill, Discloses... 続きを読む

Pocket

Pocket

【日本にとって対岸の火事か?】戦争を体験したアメリカ兵たちの本音を紹介いたします。

 安倍政権は憲法遵守義務を無視して、違憲の安保関連法案(=戦争法案)を国会で通しました。これで集団的自衛権を行使して、地球の裏側まで自衛隊を派遣することが可能になりました。目的は、アメリカの補完戦力として侵略戦争に加担し、資本家や軍需産業を儲けさせることです。  自民党の国会での答弁を聞いていると、... 続きを読む

Pocket

Pocket

「安倍晋三首相を通じて国際社会を学ぶトランプ米大統領?」産経新聞の安倍礼賛記事を読んでみた。

 私のブログでは、安倍政権に対する批判的な記事が多いため、私自身、安倍政権の広報係である産経新聞にはほとんど興味がない。しかし、真反対の態度をとる新聞社の主張をたまに読んでみるのも悪くはない。  2017年2月12日付の産経新聞で、「安倍晋三首相を通じて国際社会を学ぶトランプ米大統領」というタイトル... 続きを読む

Pocket

Pocket

【国連報告】少年兵の悲惨な実態を紹介。自衛隊員が海外で対峙しないと言えるのか?

 海外では、社会的立場の弱い子どもたちが兵士として駆り出されている悲惨な実態があります。下記のリンク先記事を読んでみました。 New United Nations Chief Reveals Thousands of Child Soldiers Fighting in Somalia  私が邦訳し... 続きを読む

Pocket

Pocket

ガンジーが指摘した「七つの社会的罪」を日本に当てはめてみる(第二弾)

 マハトマ・ガンジーという歴史的人物について、以下に概略説明します。(ウィキペディアから引用) 「南アフリカで弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮した。その形は民衆暴動の形をとるものではなく、「非暴力、不服従」(よく誤解されているが「無抵抗主義」ではな... 続きを読む

Pocket

Pocket

経団連は人殺し企業の集まりなのか?ひどすぎる残業時間上限値の実態が明らかに!

 労働基準法36条では、労働時間が週40時間、1日8時間を超える場合、労使間で協定を結ばなければならないと規定しています。大臣告示では、上限として月45時間とされていますが、特別条項を締結すれば、無制限に残業させることができるのです。  労働者に時間外労働をさせる際に結ぶ労使協定(三六(さぶろく)協... 続きを読む

Pocket

Pocket