1%の支配層による経済侵略を防ぐにはどうしたらいいか?

Pocket

 著書「(株)貧困大国アメリカ」で有名なジャーナリストの堤未果氏。この書物をベースにして、堤氏が対談しているYouTubeビデオを以下に紹介します。

 1%の支配層によってアメリカという国が疲弊し、他国が経済侵略されていること、さらに、それを防ぐ方法が述べられています。ややこしい内容をこれだけ解りやすく簡潔に表現していることに感銘を受けました。とても知的で教養のある方だと思います。

 50分弱のビデオですが、長さを感じさせません。是非、日本人全員に観て頂きたいですね。以下に、話の内容を記します。参考にしてください。

**************************
1)アメリカの悲惨な現状
アメリカでは上位1%が国の方向性を左右してしまっている。
上位1%とは多国籍企業とかレベルの高い投資家とか、想像を超えたスーパーリッチのこと。
昔の独裁者と異なり、顔が見えにくいので厄介である。

ロックフェラー系列企業の一部 出典:Thinker 日本人が知らないニッポン
ロックフェラー系列企業の一部 出典:Thinker 日本人が知らないニッポン

今のアメリカは、独裁資本主義、もしくは、株主至上主義が完成しつつある。
例えば、農業・食品業界に関していえば、寡占化が進んでいる。
かつては中小零細も含めて多様性があったが、吸収合併により事業体の数が減っている。
ごく少数の会社により全体が支配される傾向が、様々な業界(マスコミ・教育・医療など)で強まっている。
様々なピラミッド構造のトップにいる企業がお互い連携している。
食に関していえば、効率重視で単一作物の大量生産が進み、輸出で利益を上げる構造になっている。家族経営の小さいところは淘汰された。
農業生産に関わる人たちのほとんどは、契約の下請け労働者に過ぎなくなっている。
牛は広大な敷地で放牧するのではなく、小さな工場へギュウギュウに押し込めた方が効率が良い。価格は安くなったが、病気の蔓延を防ぐために薬漬けにし、栄養価も大幅に落ちている。
このような手法が過去30年以上に渡って広がってきた。
ピラミッドの頂点にいる大企業に対してウォール街が投資をしている。儲けが大きいので、金融商品として成り立っているのだ。食の分野で先物取引がされることで需給バランスが崩れ、人の生死にかかわる問題が頻発している。
この30年、企業の合併が進んだが、そのたびにウォール街は手数料で儲けてきた。
教育でもチャータースクールが投資商品であり、刑務所も投資商品になっている。
法改正で規制緩和が進んだため、公共性の高いものまで商品化が進んでしまった。
銀行が預金で投資をすることが許され、教育も消費者保護法から外された。
アメリカは国家自体が株式会社化している。
企業がお金の力を行使して、政治家に法律を変えさせている実態がある。企業は世論の反対を避けるためにお金でマスコミを買収する。企業の政治家に対する献金額は莫大であり、上限が無くなっている。政治をお金で買うことが出来るのだ。一般市民は太刀打ちが出来ない。
多額の政治献金をもらわないと選挙で当選できなくなっており、その献金の見返りとして政治家が法改正をしている。法律を変えられるということは、その国を動かせるということだ。
オバマ大統領は、軍需産業を儲けさせるため、イラクやアフガニスタンへの派兵を増やした。
大統領選に何千億円ものお金が動いており、選挙自体が投資商品と化している。
共和党と民主党の両方に献金し、どちらが勝っても法改正してもらえるので、その後の見返りはとてつもなく大きい。効率の良い投資商品なのだ。
アメリカのマスコミは、軍需産業やエンターテインメント業界など少数の企業に支配されている。その結果、選挙前でも政策の内容をしっかり論じたニュースは1%程度になってしまった。報道の中立性は大きく損なわれ、まともなプロの新聞記者の失業率が上昇した。99%の国民にとって、必要な情報を入手する手段が奪われている。

2)アメリカの後追いをしている日本。有権者ができることとは?
日本も、独裁資本主義、もしくは、株主至上主義の悪影響を受けている。1%の人間が、日本のうま味をターゲットにしている。
TPPが騒がれているが、すでに日本は、遺伝子組み換え食品の輸入大国である。官僚たちがアメリカの言うことを聞いて、様々な規制緩和に励んでいる。
TPPに気を取られている間に、ちょこちょこ規制緩和が進められているのだが、国民は気付いていない。
選挙で自民党が圧勝すると我々有権者は無力感に襲われるが、その無力感こそが最大の敵である。1%の権力者にとって、無力感を感じた国民は操作しやすい。法律を変えようとしても抵抗しないからだ。
株式会社は、株主の意向に沿って動くものなのでモラルを期待することはできない。企業活動は、法律の範囲内で企業の自由である。我々にできることは、法律を通して企業を規制することである。法律を変えられるのは国会議員だけだ。
企業に支配されるのを我々は嫌がっている一方で、政治に無関心なのはおかしい。選挙に行っても、選挙後に有権者は政治に無関心になるが、企業は選挙の後に情熱と信念をもって政治家に働きかけている。
政治を語るときは、万人に分かるようにかみ砕いた表現を使い、エンターテイメント性をもたせるべきだ。難しい言葉を使ってはいけない。商品を売るときと同じ手法を用いないと、多くの有権者に拡散していかない。企業的な手法を真似する必要がある。
企業と政治家の距離がとても近くなっているのならば、我々国民も政治家たちに積極的に働きかけねばならない。
法律が決定されるプロセスに関心を持つべきだ。現在は、審議もロクロクせずに、非常に独裁的な手法で決められることが多い。
危ない法律が通りそうになったら、騒いで皆に知らせて、選挙区の議員に伝えるのが有効だ。内容も知らずに、官僚からのレクチャーだけで賛成している議員は大勢いる。
1%側に比べて、99%側の情熱がまだまだ足りないのだ。

3)1%と闘うために多様性と主体性を身に付ける。
1%が支配しているテレビやネットではなくで、印刷された本を読むことが有効である。情報の咀嚼力や主体的に考える力が培われる。スマホのヘッドラインニュースを眺めていても情報に流されてしまう。日頃から本の活字を読んでいると、おかしなニュース映像を見て違和感を感じることができるようになる。
二次的なデジタルネット情報だけではなく、人と会って話をするとか、現場へ行って自分の目で確かめることが重要だ。現場にいると直感力が磨かれる。
本は検閲の手が伸びていない最後の聖域だ。ネットは便利だが、意外にも出版物の方が1%にとって都合の悪い情報が載っていることが多い。様々な本を読み比べて、自分のアンテナを磨くべき。
1%の支配層にとって一番都合がいいのは、多様性のない世界である。多様性を守るためには、働き方にしろ情報の集め方にしろ、原始的な手法を用いるようにすべきだ。
自分にとって望ましい未来を想像して、それが実現できる候補者を選挙で選ぶ。未来を自分で決める行為は究極の自由であり、人間だけに許されたものである。その自由を最大限に行使することで、各自の価値観が確立され、多様性のある社会につながる。
これは、権力者による洗脳やコントロールを防ぐための手段でもある。雰囲気に流されず、おかしいと思うことに突っ込みを入れることが出来るのだ。
日本人一人一人が突っ込み力を磨かなければ、(株)貧困大国日本が現実化してしまうだろう。
**************************

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

新品価格
¥821から
(2016/10/31 21:22時点)

以上

Pocket

【資本主義の限界?】貧富の格差拡大は世界の大問題である。

Pocket

 世界で広がる貧富の格差に関連して、「We Are Anonymous」というサイトが記事を掲載しました(2016年1月20日付)。以下にリンクを貼ります。( )内は私の邦訳です。

「World Of Inequality: Just 62 People Now Own As Much Wealth As Half Of The World’s Population」(貧富の格差:たった62人の富裕層が持つ資産は、35億人の貧困層が持つ資産に匹敵する。)

 上記リンク先の英文記事を私が邦訳して、以下に要点を記します。

************************
イギリスを本拠とし、全世界的に活動している慈善団体:Oxfamが、世界で広がる貧富の格差の実態を明らかにした。

2010年、世界で一番裕福な388人が所有する富は、貧困層35億人(世界人口の約半数)が所有する富に匹敵することが明らかになった。2010年の388人という数字は、2016年現在、62人まで減少した。世界で一番裕福な62人が所有する資産の総額は、1.76兆ドルに達する。

貧富の格差が急速に広がっており、世界は深刻な問題に直面している。

写真(富裕層たちが所有する高級クルーザー) 出典:We Are Anonymous
写真(富裕層たちが所有する高級クルーザー) 出典:We Are Anonymous

企業や個人がタックスヘイブンに溜め込んでいる資産は7.6兆ドルにも達しており、世界中の政府は毎年1900億ドルの徴税機会を失っている。適切に税金を徴収できれば、飢餓を撲滅し、社会福祉や教育を向上させることができるのだ。

2015年1月にOxfamは次のように警告している。「何も対策を取らなければ2016年には、世界の1%の富裕層が、その他99%が持つ資産額を凌駕することになるだろう。」

富裕層たちが税金逃れをするのを防ぎ、富を適切に分配するための施策を実施することが重要である。しかし、世界のリーダーたちは貧富の格差問題を口にするものの、改善のための行動が伴っていない。

世界では9人に1人が毎日飢餓に苦しんでいる状況であり、スーパーリッチにこれ以上多く分配する余裕はない。

写真(飢餓に苦しむ子供) 出典:We Are Anonymous
写真(飢餓に苦しむ子供) 出典:We Are Anonymous

************************

 日本も含め、世界では貧富の格差が広がっており、ますます暮らしにくい世の中になっています。強欲資本主義、ここに極まれりという感じがします。世界の支配層と呼ばれる人たちに良心を期待することはできません。

写真(悪いヤツラ) 出典:不明
写真(悪いヤツラ) 出典:不明

 資本主義は決して万能ではなく、人類が目指すべき理想でもありません。不当な搾取を許さない新たな社会システムを一人一人が考えるべき時期に来ていると思います。

以上

Pocket

【あんた達はヤツラに所有されている!】【ヤツラが欲しいのは従順で素直な労働者】→「ヤツラ」とは誰か?

Pocket

 今回は、アメリカのコメディアン:ジョージ・カーリン氏の動画を紹介いたします。軽妙な語り口で2008年当時のアメリカ社会について語っています。下記に、YouTubeビデオのリンクを貼りましたのでご覧ください。

(日本語字幕付き:4分49秒)

上記リンク動画の日本語字幕から一部を引用いたします。

引用初め
******************************
(中略)

オレが言ってるのは、
本当の持ち主。
本当のオーナー。
全てを掌握していて、
大事な事を全部決めている、
巨大に富んだ商業利権のことさ。
政治家なんてどうでもいい。
政治家はあなた達が
選ぶ自由を持っていると
思わせておくために
ヤツラによって
設置されているだけだよ。
選ぶ自由を持っていないのかって?
ないね。
あなた達に選択権はないよ。
あなた達には持ち主がいるから。
あんた達はヤツラに
所有されているんだ。
ヤツラが全て所有している。
ヤツラが主要な土地
全てを所有していて、
ヤツラが巨大株式会社の
運営権を所有している。
ヤツラはとっくに
上院も、議会も、
州議事堂も、市役所も、
買い取っていて、
裁判官もヤツラの
後ろポケットの中、
その上、
ヤツラは全ての
メディア会社を所有しているから、
あなた達が知るニュースも情報も
全て管理しちまっている。
あんたらヤツラに
金玉握られてんだ。
ヤツラはまた、
毎年、数十億ドルもの金で
政治的な圧力をかけて
欲しいモノを手に入れている。
で、まあ、
オレ達はヤツラが
欲しがっているモノも分かっている。
ヤツラはもっともっと独占して、
他から取り上げたいんだ。
でもねオイラが
ヤツラが求めない事を教えるよ。
ヤツラは、
批評的な思考回路を持つ
市民を求めない。
ヤツラは、
情報に通じていて、
教養があり、
批評的な思考回路を持った
人達なんていりゃしない。
ヤツラは興味ない。
ヤツラにはなんの足しにならない。
ヤツラの利益に反することだ。
そうだろ?
ヤツラは、
もう30数年前に自分達を捨てた、
システムに毎日ハメられ続けている、
自分達の不幸な現状について
食卓で思いをめぐらせたりする
賢い人間なんていらないんだ。
ヤツラには不要さ。
何が欲しいか分かるかい?
ヤツラが欲しいのは。
素直な労働者。
従順な労働者さ。
欲しいのはね、
ちょうど、
機械を操作できて
書類処理が出来るくらいに
賢こくって、
ちょうど、
劣化しつづける仕事内容も、
安月給も、長時間労働も、
なくなり続ける保険保証と
時間外労働給も、
受け取る寸前で消える退職金も、
なんでも素直に
受け入れてしまう
くらいにノンキな人達だ。
でその上さらに
ヤツラ今度は、
あんた達の
年金も奪おうとしている。
ヤツラは、
あなた達の老後の
金まで欲しがっている。
ヤツラ、
取り返したいんだ。
ウォールストリートの犯罪者友達に
差し上げるためにな。
で、知ってる?
手に入れるさ。
ヤツラはアンタ達から
全てを取り上げる。
遅かれ早かれな。

(中略)

一日中、
メディアを使って頭を殴り続ける。
何を信じて、
何を考えて、
何を買えばいいのかって、
押し付ける。
みなさん、
テーブルが傾いていますよ。
ゲームはイカサマです。
でも、
誰も気付かないみたい。
誰も気にしていないみたい。
善良で誠実で働き者のヒト達。
ホワイトカラー、
ブルーカラー、
何色のシャツを着ているかなんて
問題じゃない。
善良で誠実で働き者の
人々が続けているんだ。
このヒト達は
慎み深い人々なんだけれども。
そのヒト達のことなんて
これっぽっちも考えてない、
ああいった金持ちの
チンカスどもを
選挙で当選させ続けているんだ。
ヤツラは、
これっぽっちもアンタ達のことなんて
考えちゃいないぜ。
これっぽっちも思っちゃいねえ。
気にもとめていやしねえんだ。
これっぽっちも。
これっぽっちもだ。
だろ?
それでも、
だれも気付いていないみたい。
だれも気にしていないみたい。

(以下略)
******************************
引用終り

 ジョージ・カーリン氏が動画の中で「ヤツラ」「ヤツラ」と言っているのは、ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥のことだと思います。

ロスチャイルド系列企業の一部 出典:Thinker 日本人が知らないニッポン
ロスチャイルド系列企業の一部 出典:Thinker 日本人が知らないニッポン
ロックフェラー系列企業の一部 出典:Thinker 日本人が知らないニッポン
ロックフェラー系列企業の一部 出典:Thinker 日本人が知らないニッポン

 世界を支配している強大な権力集団のことを公の場で告発・非難するのは、とても勇気が要ったでしょう。しかし、ジョージ・カーリン氏の告発後もアメリカ社会の劣化は進み、貧富の格差は目を覆うばかりです。まじめに働いても、安心して暮らせる社会ではなくなりました。強欲資本主義、ここに極まれりです。

写真(悪いヤツラ) 出典:不明
写真(悪いヤツラ) 出典:不明

 末期症状を呈しているアメリカの言いなりになって、庶民から容赦なく搾取する政策を推し進めているのが日本の安倍政権です。日本国憲法はアメリカ様の下位にあることが白日の下にさらされました。暴走が止まりません。

写真(日本国民に説明する前に、米議会で安保法制成立を約束する安倍総理) 出典:ANN
写真(日本国民に説明する前に、米議会で安保法制成立を約束する安倍総理) 出典:ANN

 われわれ有権者は、権力者が好む「素直な労働者」「従順な労働者」ではなく、「情報に通じていて、教養があり、批評的な思考回路を持った人達」になってやろうではありませんか。おとなしく、権力者に殺されたい人はいない筈ですから・・・。

以上

Pocket