希望の党に希望を感じる人は、これを読んで目を覚ますべし!

スポンサードリンク

Pocket

 2017年9月28日、衆議院が解散された。10月22日の投開票に向けて選挙戦がスタートした。今回の解散に大義はなく、安倍政権の森友・加計問題隠しが目的である。自民党やそれに追随する公明党は有権者に対してどのような言い訳をするのだろうか?安倍総理の記者会見通り、消費税の使い道変更や北朝鮮問題を持ち出すだろうが、そんなものは解散選挙をする理由にはならない。解散せずとも十分に実行可能だからだ。

関連記事リンク:
安倍総理大臣の解散選挙記者会見は、このように理解すべし!

 小池百合子東京都知事は、希望の党を急ごしらえした。小池百合子氏の本質は、安倍総理と同じ反動右翼の戦前回帰志向である。早々と合流した極右議員の面々を見れば一目瞭然だろう。



 核武装、憲法改悪、違憲の安保法制賛成、歴史改竄、靖国参拝、日本会議支持・・・ 人間としてのマトモな見識を持ち合わせていないことは明らかであり、政治家を名乗る資格はない。こんな人間の本質を見抜けず、都知事に選んだ東京都民の見識を疑う。

 維新の会は希望の党に合流予定だという。当然だろう。違和感はない。前原誠司氏を代表に選んだばかりの民進党は、解党し、希望の党に合流予定だという。前原誠司氏自身が安倍総理と同じ価値観を持つお友達なので、同じ極右の小池百合子氏と合流すると聞いても、私自身意外性を感じなかった。自然な流れだろう。大衆をだまして希望を持たせるのが上手い小池氏と組んだ方が選挙対策としても有利である。小池氏と組めば大っ嫌いな共産党と共闘する必要もなくなる。

写真(共産党をシロアリと表現した前原誠司氏) 出典:TBS

 ただし、小池百合子氏は、民進党議員の全員を公認するつもりはなく、リベラル系、すなわち、安保法制や改憲に反対の議員は拒否するという。「しがらみのない政治」とか「希望」とか言いながら戦前回帰を目指す小池氏としては当然のことだろう。

写真(安保法制に関して民主党内で意見が割れている) 出典:朝日新聞

 リベラル系の議員は公認を得られないまま、この選挙をどう戦うつもりなのだろうか?

 自由党も希望の党に合流予定だという。安倍政権批判の急先鋒として素晴らしい演説を聞かせてくれた山本太郎議員は、自民党の補完勢力でしかない希望の党に受け入れてもらえるのだろうか?

関連記事リンク:
政府が、最も国民に聞かせたくない演説はこれだ!安倍が青ざめた山本太郎の褒め殺し。

写真(代表質問する山本太郎議員)

 山本太郎議員が、希望の党という名の戦前回帰勢力に合流することはないだろう。憲法順守義務を放棄し、民主主義を破壊することは自分の信義に反するからだ。

 野党共闘の約束を反故にされた共産党は、社民党と協議し、全国の選挙区に候補者を立てる予定だという。自公勢力やその補完勢力である希望の党以外の選択肢を有権者に提示する必要があるからだ。

野党共闘を見直し、全選挙区で候補者を擁立する予定の共産党

 マスメディアは、安倍自民党と小池百合子氏の希望の党が大きな対立軸だと報道しているが、噴飯ものだ。反アベのつもりで希望の党に投票しても、選挙後には自民と協力関係になることは確実だ。この2党は対立関係でもなんでもない。同じ穴のムジナである。安倍晋三氏にとっては「みっともない憲法」(安倍氏の発言)を改悪する千載一遇のチャンスである。

 極右勢力に対する唯一の対抗勢力は、共産党と社民党だけになった。まともな野党で組織力があるのは共産党だけだが、いかんせん名前のイメージが悪いため、一般有権者にとって共産党へ一票を投じることへの抵抗感は強い。共産党は、実際には名前から受けるイメージほど悪くはないと思う。読者の判断を助けるため、下記リンク情報を貼らせていただく。

関連記事リンク:
民進党が自爆しつつある今、組織力のあるマトモな野党は共産党だけになった。

最後に:
 小池百合子氏が立ち上げた希望の党は、希望の演出をしているに過ぎず、実際には絶望の党である。ダマされてフラフラと希望の党に投票すれば、日本社会がさらに劣化することは確実である。歴史から学ぶ能力の無い人間が人々に幸福をもたらすことはないのである。極右勢力である希望の党が善戦することは、安倍総理にとっても都合が良い。憲法改悪がたやすくなるからだ。希望の党に希望を感じて投票すれば、さらなる国難を日本にもたらす結果になるだろう。

写真(安倍晋三氏と小池百合子氏)

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。
皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。
気軽に読んで頂けると嬉しいです。
なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

3 thoughts on “希望の党に希望を感じる人は、これを読んで目を覚ますべし!”

  1. お前らって本当に頭悪いんだな
    小池ちょんこなんて名前が付く通りこいつの背後には
    反日企業パソナの竹中平蔵がいるつってんだろwww
    つまり、憲法改悪の狙いは日本人の人権弾圧で、戦前みたいに
    日本人を軍人奴隷でタダ同然にこきつかいたい、そのためには
    邪魔臭い日本国憲法をぶっこわしたい、っていうのを被差別部落民の
    小泉ちょん一郎と組んでやってたのがこのブスババアの小池百合子ってやつだよww
    右翼で会って右翼でない右翼 正確には前原同様部落民ってやつだ
    小池百合子は兵庫の被差別部落出身で日本の徳川とか旧士族を何より
    恨みに思っている奴らだから麻生が大嫌い。ゆえに竹中ドエッタドヒニン平蔵と
    馬が合うような小和田雅子みたいなやつ。あの水俣病に独バラまいてゲラゲラ笑ってるような
    鬼畜どもだよww そういうド底辺の仲間だってことなんてこれまでさんざん既出だったのに
    あほが服着て歩いてるお前らが他人事みたいに思ってるからこういうバカどもが
    でしゃばんのww 前原は隠れ自民党で被差別部落系議員ww 前原はお前らみてーな
    普通の日本人の普通の人生とか生活を憲法壊してぶっ壊してたまらないからこそ
    民進党を壊してなおかつ左派を弾圧してんじゃねーかwww しらねーのはお前らみたいな
    惰眠むさぼってるチンパンジーくらいだよな??www

  2. 希望の党に投票するということは、アメリカの手先となって、日本が
    戦争できる国となり、北朝鮮や中国そしてロシアと、アメリカの代理人となって日本が戦争できる国にすることに対して加担するということを意味すると思われてなりません。待機児童の問題を絡めて、多くの都民や若い女性達は、身近な問題のみで判断して、小池新党に投票してしまうのであれば、それは大きな視野に立てて、今これから起きるかもしれない国際情勢を見れば、憲法を改正して、アメリカの代わりに軍隊を派遣することに対して、その投票行動が、最終的には戦争に加担をすることになるのです。

     小池新党の目的は、より多くの無党派層の票を取り込むことであり、安部政権が選挙に負けたとしても、それを票の力によって安保問題推進に対するリスクヘッジすることにあると思われてならないのです。そのようなことで都民や若い女性達が目先の待機児童のことのみで希望の党に投票して、大局を見る視点を持たないならば、その選択が大きな過ちを産み、戦争をする国に間接的に大きな加担をしたことになり、今私達が見ていることは、けして戦争とは、国や政府が起こすものではなく、大局を見ず、目先の利益のみで動く愚かな国民によって起こされるものであるということの実例を見ることになるのです。

     つまり、国民にもその戦争責任があるのであり、国民がどのように戦争に加担してゆくのか、その具体的な姿を、希望の党を通して、私達がこれから見ることになるのです。つまり、突き詰めて考えれば、多くの子どもたちが仮に戦争で亡くなったとしても、実はその原因は、愚かな選択をした母親の世代にあるということなのです。

     そのようなことで、私達は、立ち止まって、イメージで選択するのではなく、安保法制と言う社会政策で判断するべきであり、判断には優先順位があるのであり、その先その先がどのような展開をしてゆくのか、自分たちの選択によって、何が日本の社会に起き始めてくるのか、そこまで深く考えた上で、希望の党に投票するのかどうか考える必要があるのです。
     
     あるサイトには、希望の党を緑の狸と揶揄していましたが、多くの日本人は、これから狸は化かされて、戦争に突入することに加担してしまうことになると思われてなりません。都民や学生や女性たちはすぐに心理的にマインドコントロールされて誘導されてしまうと思います。

     このようなメディアによる高度な心理情報操作は、自民党の安部さんにはできないのです。だから女性である小池さんなのであり、都民ファーストを離党した二人は、自立的な思考と信念があった人であったので、催眠に罹らなかった人で、他の都民ファーストの人々は、いまだに飴と鞭で、マインドコントロール化にあって、恐らく最後まで気づかないかもしれません。そしてそのような都民ファーストの人々の意識状態が、今の東京都民の姿そのものを顕わしているのかもしれません。ですから都民全体がメディアを通して緑の狸に化かされている状態であり、その化かされている状態のまま、国政選挙に突入してしまうのです。

     このようなメディアを通しての心理情報操作の技術は、これまでの自民党の政治家にはないものであり、その背後には、高度なプログラムが作用しているのではないでしょうか。日本人は、政治の中に、大衆心理操作などの心理学的要素はないと思う人が多いと思われますが、これは行動科学の分野であり、今の古い体質の日本人には見えないものかもしれません。そして見えないからすぐに誘導されてしまう。操作する人々は日本人の性格を深く分析していて、多少の読み違えはあるにしても、それを差し引いても、希望の党にはかなりの得票が見込まれると推測しているのでしよう。

     ですから、私達は、投票の選択権は一人一人にあり希望の党に投票するにしても、今一度立ち止まって、深く日本の社会の先々を、そして子どもたちの未来を考えた上で、どのような選択をするのが一番悪いのか、考えてみる必要性があると思われてなりません。

  3.  選挙が終わり、希望の党が、都内で大敗北をしたことは良いことであったが、しかし、完全に消滅解党していない以上、自民党の改憲勢力の補完勢力としての機能は保持されたまま、日本をアメリカと共に戦争をしてゆく流れを加速させてゆく一端を担う役割を果たしてゆくという危惧が残り、その意味で希望の党は、解党消滅させるべきたと思うのです。
     これは希望の党に対するあくまでも私見ですが、当初から希望の党には、西ドイツ・緑の党のイメージカラーである【緑】が採用されており、それは西ドイツの緑の党の草創期をイメージさせるものであった。しかし、西ドイツ緑の党は当時の東西冷戦の中で、アメリカの戦略核ミサイルが、西ドイツに配備されそうとなり、ソビエトとの核戦争による代理戦争が行われようとする中で、現在のアメリカ寄りの小池新党とは異なり、核戦争や原発に反対して、平和主義を掲げて生まれてきた政党であった。

     しかし反対に小池新党は、アメリカの代理人であるようなイメージもあり、それは現在の東西冷戦の産物である南北朝鮮危機の中での日本の状況は、これからアメリカの代理戦争のために日本が使われるような状況の中では、当時の東西冷戦下での代理戦争を担う西ドイツと同じ状況のようでもあり、もし小池新党が、日本のアメリカの代理戦争の流れを止めて、原発・核戦争を止めて、平和主義を目指して、自民党の改憲の流れを止めて、西ドイツ緑の党のような形で、中道勢力として、アメリカの代理人としてではなく、日本人のために、そのような憲法の理念のもとに政党が作られていたのなら、緑のイメージカラーは有効に生かされていたであろうと思われてならないのです。また日本はアメリカから独立していない状態での改憲は、本当の改憲ではなく、戦争のために利用される改悪となってしまうと思われてなりません。しかし、結果的には、小池新党によって緑のイメージカラーが悪い方向に利用されただけでした。

     東西冷戦下での、ドイツと朝鮮半島の問題、日本人は、思想的に弱く物事を深く問い詰めない性格ですが、しかし、東西冷戦の産物は朝鮮半島危機として残り、その流れの中に、日本も組み込まれているのです。そして当時の西ドイツでは、そのような冷戦下の中で、緑の党が生まれてきたけれども、私達日本人は、朝鮮半島の人々に比べて、とてつもなく認識が浅くその中に組み込まれているという自覚もなく、東西冷戦の遺産は一歩誤れば、全面核戦争になってしまう危機もあり、それはすでに多くの人々によって指摘されていることであり、その指摘がまったく届いていないのが、私達日本国民の姿であり、本当は私達日本国民が、今自分たちがどのような状況に置かれているのか、一番わかっていないのだと思われてなりません。

     今回、緑のイメージカラーを使用した小池新党である希望の党が、本当の意味での希望の党にはならず、政治戦略として、心理的操作として利用されたことについては、本当に残念でなりません。日本と当時の西ドイツとでは置かれている状況は違うと思いますが、しかし、朝鮮半島問題を通して、東西冷戦の遺産の中に私達日本人は組み込まれているのだということを認識するということを、小池新党の問題を通して気づく必要性があるのではないでしょうか・・・・もちろん上記はすべて、小池新党である希望の党に対する、あくまでも個人的な私見です。

コメントは停止中です。