【福島原発事故から5年】日本人の摩訶不思議な対応について海外からは驚きの声

スポンサードリンク

Pocket

写真(「風評被害」払しょくのため、避難区域産のコメを試食する丸川環境大臣) 出典:FNN
写真(「風評被害」払しょくのため、避難区域産のコメを試食する丸川環境大臣) 出典:FNN

 チェルノブイリ原発以来の大事故が福島原発で発生し、そろそろ5年が経とうとしています。この5年間に渡る、日本人の摩訶不思議な対応については、海外からも驚きの声が上がっています。

 外国人特派員の人たちがこの件で議論している番組を書き起こしたリンクを紹介するので、どうぞ御覧ください。

福島原発事故 海外メディアが見た5年間

 この番組の内容をかいつまんで紹介します。

・日本政府・日本のメディア・東京電力を含む原発利権者たちが発表することは信用できない。
・公開されていない情報が多すぎる。事故から5年経過してようやく、メルトダウンの判定基準が発表されるのは異常だ。隠ぺい体質を指摘せざるを得ない。
・国民がパニックになるのを恐れて情報を出し渋り、安全を強調することばかり言っている。事故によりパニックになったのは政府の方だ。批判されたくないという気持ちが強いのだろう。
・発表される放射線量の数値は信用できない。
・除染はムダな作業であり、地元民からも信用されていない。
・放射性物質による実質被害があるのにも関わらず、風評被害という言葉を悪用して事実を隠ぺいする悪質さには唖然とする。
・事実から目を背けさせて、食べて応援キャンペーンを行うなど、同調圧力を感じる。

・最終的な消費者ではなく、生産者を優先する態度への違和感が強い。
・福島では、沈黙とウソが住民を押し殺している。
・世界における報道の自由度ランキングが近年、急落している。

写真(日本の「報道の自由度」ランキング) 出典:毎日新聞
写真(日本の「報道の自由度」ランキング) 出典:毎日新聞

・日本のメディアは、長年にわたって原発の安全神話作りに積極的に手を貸してきた。事故が起こったからといって、急に批判的な調査報道をするのは無理だろう。
・福島原発事故では誰も責任をとっていないにも関わらず、原発再稼働を進めている。日本は原発を運用したり、輸出する資格はない。議論もせずに、なし崩し的に進めていることが問題だ。原発問題は、日本社会の縮図である。

最後に:
 海外特派員の人たちの議論・意見からは学ぶべきことが多いと思います。このような議論を日本のメディアでも普通にすべきでしょう。
 先に紹介したビデオでは、外国人特派員の人たちは常識的に当たり前のことを言っているだけです。この程度の意見に違和感や反発を感じるならば、その人は日本のメディアに相当、毒されている証拠だと言わざるを得ません。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

「【福島原発事故から5年】日本人の摩訶不思議な対応について海外からは驚きの声」への4件のフィードバック

  1. この議論がもっと早くあって欲しかった。
    各国のお国柄とスタンスにとても興味を引かれた。

  2. 2006年当時の安倍総理大臣に共産党の吉井議員が原発の
    予備電源喪失の危険を指摘していたにもかかわらず検証もせず「日本ではそんな事は起こりえない」との答弁をした安倍総理には福島原発の事故の直接責任がある。その責任も取らず原発を次々に再稼動させようとしている彼にとって国民の健康や命より大企業や株主の利益のほうが大事なようだ。

  3. 海外特派員がなにを言おうが、福島に住んで暮らしていない人の憶測は信用出来ない。私は福島県民である。雁屋哲のような豪に住みチョット福島を覗いて鼻血がでたと騒ぎ、県民の皆さん勇気を出して非難して下さいと柔道の掛け逃げのように言い放ち、その後なんの音沙汰もない人間を下劣の野次馬としか見ない。5年間で線量は自然低減と除染によって減っていて住居禁止区域も、原発直近の区域を除いて解禁が進んでいる。年間1mシーベルト以下という線量被爆は多くの地域で達成されている。生活レベルでは問題は山林などの除染が残っている。国、東電には原発自体の解体という重い荷物は残っているが。
    健康被害も聞いていない。チェルノブイリでは4年後ぐらいから子供の甲状腺癌が増えた記録がある。県はすべての子供の定期的チェックをしていて甲状腺の異常が多く認められている。しかしいままでに全員がチェックされた事例はなく、対象が増えれば異常者も比例して増えることになることを踏まえると、原発に寄って異常に増加したとは統計学的に言えないと発表されている。勿論これから先どうなるかは不明であるが。
    今、試験漁業で捕獲した魚類の放射線検出がなくなった、あるいは基準値より格段に低くなったことを踏まえて、漁業関係者も鮭やヒラメの稚魚の放流を初めていて、昔に戻れると希望を抱いている。
    風評被害を無くすために大丈夫だと言えとの同調圧力など一切感じたことがない。もしあればどこかから必ず漏れてくるだろ。
    原発反対派は福島が酷い目にあっていないと困るということは聞こえてくるが。我が家は事故時に0.37マイクロシーベルトだったが、除染はしないでいるが今は0.1に減り、事故後も家庭菜園の野菜を食べ続け、スーパーでは福島産品を買い続けている。
    事故前や直後の政府や東電の対応に首をかしげることは無くはないが、電源の件を放置したのは民主党も同罪だろう。
    とにかく今回の事故では福島県の東部の人には特に大きな負担を背負わされ、自殺した人や家族離れ離れになったり、新築の家が地震に耐えても諦めざるを得なかったり、大きな苦しみを味あわされたのである。
    阿武隈高地で農業をしていた元宇宙飛行士は、とっとと逃げ出して大学の講師になったと聞いたが。地元の人達はそんな芸当は不能なのである。
    数日前に役所から各支所にホールボディカウンターを設置したので心配な人は計測して貰うよう通知が来たし、事故から一年後ぐらいには各支所に野菜類を持ち込めば線量を測れる体制ができ、福島産の米はすべてチェックを受けている。殆どが不検出である。
    海外に限らずのマスコミの食い逃げ的取材を嫌悪する。彼らは言いぱなしでフォローすることが少ない。NYTは石川町で戦時中裸足でウラン鉱石を掘っていた、当時の学生を取材して国家に戦争に絶対勝つと、また原発は絶対安全だと二度騙されたと言わせている。必至に事故のも垂らした苦痛に耐えている人になんら意味のない皮肉である。
    外国のマスコミをありがたがる前に福島に来て、自分の脚で福島人の生活をみてから物を言うべきではないか。同じ日本人なら外国人の言うことに正当な根拠があるのか、風評でないのか疑って貰いたい。
    福島に、同じ人間が住んでいることを忘れて貰っては困るし、放射能から身を守りたいと1番思っているのは福島県人だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です