P1030010

【自分の身は自分で守ろう!】放射線測定器を購入・使用してみました

スポンサードリンク

Pocket

「福島原発の事故以降、放射線量について関心を持つようになった。」
「政府発表の放射線測定値を信じていいの?」
「自分の住んでいる所は安全なのか確認したい。」
「自分で放射線レベルを確認したいけど、種類が多すぎて選べない。」

 「福島を食べて応援」キャンペーンに乗せられて、放射能のことを考えないようにしている人は大勢いるでしょう。心地よい嘘に逃げ込んでいる方が楽ですから・・・ しかし、無意識の心の奥底では気になっているのではないでしょうか?実際、チェルノブイリ原発事故では、数百万人単位の人が健康被害を受けました。詳しくは、下記リンク記事を参照してください。

チェルノブイリ原発事故による健康被害:IPPNW(核戦争防止国際医師会議)の論文紹介

 原子力マフィアたちの巣窟である自民党政権や御用マスコミが信用できない以上、自分の身は自分で守るしかありません。そこで役立つのが放射線測定器です。私は、比較的安価で、かつ高性能な放射線測定器を最近購入しました。以下に紹介します。

型式・名称:「日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)」
ロシア製です。
パッケージ写真↓
P1030003
外観↓
P1030005
大きさは手のひらに乗る程度です。自分が使っているスマートフォンより小さくて軽いです。これなら常に携帯できますね。↓
P1030007
裏側にガイガー・ミューラー管が見えます。ここで、放射線を検出してます。ガンマ線・ベータ線・エックス線を測定できます。
P1030006
使い方は簡単。真ん中のボタンを2〜3秒押せば電源が入り、自動的に計測が始まります。10秒ごとに測定結果が更新されます。測定値が安定するまで2分くらい待った方がいいでしょう。↓
P1030010
その他の使い方は取扱説明書(日本語)に書いてあります。↓
P1030008

下記リンク先では追加情報の参照や、ご購入が可能です。

日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)

最後に:
 放射線測定器は、外部被爆の目安を知るのに有効です。しかし、食べ物などを通じて人体に取り込まれた場合の内部被爆を評価することはできません。
「福島を食べて応援」は「チェルノブイリを食べて応援」と同じ意味だと理解し、賢明な行動を各自が選択すべきです。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です