【死の商人は大喜び】戦争法を成立させるために安倍政権が用いた反則技まとめ

スポンサードリンク

Pocket

 2015年9月19日未明に戦争法が成立しました。安倍政権はアメリカとの約束通りに戦後最悪の法律を可決させるため、様々な反則技を使いました。以下に、例を挙げましょう。

1)自分にとって都合の良い人間を内閣法制局長官に据えた。
 内閣法制局は、内閣が国会に提出する新規法案を、閣議決定に先立って現行法の見地から問題がないかを審査するのが仕事です。戦後の歴代内閣で憲法解釈の責任も担っており、総理大臣ですら介入を控え、独立性を維持してきました。
 しかし、安倍総理は人事権を悪用し、集団的自衛権行使容認に積極的な外務省出身の小松一郎氏を起用しました。前代未聞のことです。

写真(内閣法制局長官:小松氏) 出典:ANN
写真(内閣法制局長官:小松氏) 出典:ANN

2)マスコミの懐柔・統制
 ジャーナリストの役割は権力の監視です。危険な職業なのです。御用マスコミに存在価値は有りません。監視する側が監視される側と会食するなど論外です。

安倍総理とマスコミ幹部の会食一覧 出典:赤旗
安倍総理とマスコミ幹部の会食一覧 出典:赤旗

 安倍総理は自分のお友達である籾井さんをNHKに送り込むなど、やりたい放題です。

写真の出典は不明
写真の出典は不明

3)歴代内閣の憲法解釈を変更
 歴代内閣は、集団的自演権の行使は憲法違反であると答弁してきました。

歴代内閣の集団的自衛権憲法解釈
歴代内閣の集団的自衛権憲法解釈

 しかし、安倍政権は2014年7月1日、従来の憲法解釈変更を閣議決定しました。

写真(憲法解釈変更の閣議決定) 出典:FNN
写真(憲法解釈変更の閣議決定) 出典:FNN

4)国会審議の形骸化
 ゴマカシ答弁や不誠実対応のオンパレードでした。

出典:ANNニュース
出典:ANNニュース

写真(辻元議員が自衛隊員の被害や日本国内テロの可能性を指摘している最中に、「大げさなんだよ」とヤジを飛ばした安倍総理) 出典:http://buzzap.jp
写真(辻元議員が自衛隊員の被害や日本国内テロの可能性を指摘している最中に、「大げさなんだよ」とヤジを飛ばした安倍総理)
出典:http://buzzap.jp

写真(安保法制の内容に自信満々の安倍総理) 出典:http://togetter.com/li/824251
写真(安保法制の内容に自信満々の安倍総理) 出典:http://togetter.com/li/824251

写真(辻元議員に野次を飛ばす安倍総理)出典:ANN
写真(辻元議員に野次を飛ばす安倍総理)出典:ANN

5)採決の強行
 一方的で強引なやり方は、自信の無さの裏返しです。国民の幸福につながることはないでしょう。下写真は、海外メディアも広く報じた話題の場面です。

佐藤元隊長の強烈パンチ 出典:EPA
佐藤元隊長の強烈パンチ 出典:EPA

以下は:参考リンクです。

「突破」された民主主義のセーフティネット

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です