【アメリカのスーパーマーケットを比較する】あなたはどちらの店で働きたいですか?

スポンサードリンク

Pocket

 アメリカに本社がある二つのスーパーマーケットチェーンを紹介いたします。

写真(ウォルマートとウィンコフーズの比較) 出典:the investigative
写真(ウォルマートとウィンコフーズの比較) 出典:the investigative

1)ウォルマート(写真左)
・アメリカのアーカンソー州に本部を置く世界最大のスーパーマーケットチェーンであり、売上額が世界最大の企業です。
・創業者サム・ウォルトンの親族5名の総資産は約8兆円にもなります。ビルゲイツよりもお金持ちなんですね。
・従業員の労働条件が悪く、低賃金の非正規雇用ばかりで正社員採用には消極的です。労働組合を結成しようとする者は即刻解雇されてしまいます。
・年金も保険もなく、従業員の士気は低く、結果として顧客満足度は思わしくありません。

2)ウィンコフーズ(写真右)
・アメリカのアイダホ州ボイジーに本拠を持ち、2015年現在、店舗数は100程度。
・従業員持ち株会社という制度を採用しており、社員の士気は高いです。
・店員に支払われる時給は、ウォルマートよりもずっと高く、接客態度が良いです。
・貯金100万ドルの従業員が400人以上います。
・独自の年金システムを持っています。
・合理的なローコストオペレーションにより、ウォルマート以上の低価格を実現しています。

 二つのスーパーマーケットチェーンを紹介しましたが、あなたはどちらの店舗で働きたいですか?また、どちらのお店で買い物をしたいですか?

 正直アメリカに対しては、強欲資本主義ここに極まれり、という印象を持っていました。しかし、従業員のことを考えている良心的な企業も存在するのです。1)と2)、どちらが人間社会のためになるかは言うまでもないでしょう。

参考リンク:
ウィンコフーズ WinCo Foods

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です