【マスコミが作り上げた虚像?】安倍内閣の支持率が高い理由を考えてみた。

スポンサードリンク

Pocket

 安倍内閣の支持率は高いレベルを維持しています。

図(安倍内閣支持率の推移) 出典:毎日新聞
図(安倍内閣支持率の推移) 出典:毎日新聞

 日本国憲法を蹂躙して安保法制(=戦争法)を成立させ、国民の生活レベルを悪化させ、福島原発事故の隠ぺいをしているにも関わらず、これほど高い支持率であることに違和感を覚えます。

 次に、歴代内閣支持率の推移を見てみましょう。

図(歴代内閣支持率の推移) 出典:NHK放送文化研究所「政治意識月例調査」
図(歴代内閣支持率の推移) 出典:NHK放送文化研究所「政治意識月例調査」

 アメリカから言われるままに新自由主義を推し進めて暮らしにくい社会づくりに精を出し、イラク戦争ではブッシュ政権を熱心に支持していた小泉内閣も、かなり高い支持率を保っていました。

 それ以外の内閣は、発足から時間が経つと、支持率がどんどん低下しています。最終的には支持率が20%を切る場合も珍しくありません。

 内閣支持率を高いレベルで維持するコツはあるのでしょうか?ヒントになるデータを見つけました。

出典:不明 順位データは国境なき記者団による。
出典:不明 順位データは国境なき記者団による。

関連リンク:
国境なき記者団

 比較的、内閣支持率が高い小泉政権と安倍政権では、報道の自由度ランキングが低いのです。逆に、支持率が急落して短命政権に終わった民主党時代は、報道の自由度ランキングがとても高かったのが判ります。

 権力者にとって都合が悪いことをメディアが国民に伝えやすい環境だと、内閣支持率は低くなります。逆に、権力者にとって都合が悪いことをメディアが国民に伝えにくい環境だと、内閣支持率は高くなるのです。内閣支持率は国民から見た人気度を調査しているに過ぎませんから、メディアがどのように報道するかで大きく左右されます。報道機関という便利な道具を悪用した権力者が、小泉さんと安倍さんなのです。

 もともと日本では、権力の監視役という意味でのジャーナリストは絶滅危惧種であり、周囲の空気を過剰に読んで行動する傾向が極めて強いため、報道機関は権力者の姿勢に大きく影響されます。権力者が懐柔や圧力を繰り返せば、メディア関係者は簡単に自主規制をしてしまいます。特に大手のテレビや新聞でその傾向が強いです。調査報道を自主規制をするだけでなく、場合によっては、積極的に権力者を応援することもあります。

写真(安倍総理に誕生日プレゼントを渡す記者たち)
写真(安倍総理に誕生日プレゼントを渡す記者たち)

 国民にとって必要であっても、権力者の評判を落とすような記事は書かず、逆に、良いイメージ作りに積極的に協力する。内閣支持率という数字は、使命感を失ったマスコミが作り上げた虚像だと思います。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です