生きていくために必要な最低時給は1500円と認識すべき。搾取されたくなければ各自が「常識」を疑い行動すべき。

スポンサードリンク

Pocket

写真(時給1500円を求める山本太郎議員) 出典:BLOGOS
写真(時給1500円を求める山本太郎議員) 出典:BLOGOS

 2016年現在、最低賃金の日本全国平均は798円である。これでは、人間としての必要最低限度の健康で文化的な生活を営むことはできない。憲法違反の状態である。しかし、日本国民の意識は低く、権力側・経営側に対して強く要求するという機運は高まっていない。

 一体、時給換算でいくらならば、マトモといえる生活が送れるのか?

 全労連に加盟する各都道府県の労働組合が最低生計費調査を実施し、その結果が6月に発表された。

参考リンク:「25歳の単身者が生活するには時給1526円が必要」――全労連のデータが話題、2016年度の最低賃金822円との差は倍近く

 25歳の独身者が1か月の生活に必要な金額は、額面で22万8853円(手取り18万4770円)だ。月に150時間働いた場合、時給換算で1526円となる。現状の最低賃金は、必要額の半分程度に過ぎない、と認識しなければならない。

 自民党は、2016年7月10日の参院選公約に、最低賃金1000(円/時)を目指すと書いていたが、現実を踏まえていない数字だということが解るだろう。毎日がエイプリルフールと言われる安倍政権では、1000(円/時)の実現すら期待できない。むしろ、庶民からの搾取政策がさらに推進され、実質賃金はさらに低下の一途を辿るであろう。

 賃金が安すぎて生活が成り立たない代表的な職場は介護の現場だろう。人手不足は、政治の貧困が招いた結果である。流通業では、従業員の9割近くが非正規で成り立っているところも珍しくない。時給1000円未満での搾取労働を蔓延させて、大企業では兆単位の内部留保を実現しているところもある。哲学が欠落し、視野の狭い強欲なだけの悪徳経営者を英雄視する風潮は嘆かわしい。

 最低時給を上げろと主張すると、決まって帰ってくるセリフがある。

「国際競争力を確保しなければならないので無理」
「経営が成り立たない」

 憲法違反を放置し、庶民から搾取し続けなければ成り立たない経営は、その方法が間違っているのである。立場が弱い者たちに負担を押し付けるのではなく、お金を持っている者が応分の負担をするのが当然だ。

 社会として最低賃金を上げないという選択をするならば、今のままの低時給でも生活できるシステムを実現せねばならない。まず、逆進性の高い消費税は廃止すべきだ。ぜいたく品などには高い税金をかけても構わないだろう。学費は大学まで無料とし、子供の医療費もタダにすべきだ。原発事故の尻拭いを利用者にさせるため、電気料金を値上げするなど論外だ。暴動が起きないのが不思議である。狭くて質が低いくせにバカ高い住居費も大問題だ。例えば独身者が狭いアパートに一人暮らしするならば、一か月数千円で済むようにすべきだ。日本社会では常識でも、国際的に見れば異常なものが他にもたくさんあるはずだ。

 日本人は異常な「常識」を当たり前と思い込み、お上の指示にひたすら従うだけだが、このような奴隷的メンタリティも何とかしなければならない。どんなに苦しくてもお上の言うことには逆らわず、ストレスは自分より立場が弱いものをイジメることで解消しているが、それは非常に安易な行動であり、知的に怠惰な姿勢と言わざるを得ない。

 苦しい生活を改善したいならば、だれかに頼るのではなく、まずは一人一人が意識を変えねばならない。黙っていても、そのうち暮らしやすい社会が実現することはあり得ないのだ。投票率が5割程度で、お任せ民主主義が蔓延していたら権力者の思う壺である。

 個人個人の意識が各自の考えを決め、考えが発言や行動に結び付く。発言・行動が続けばそれは習慣に変わり、社会の風潮に影響する。「出る杭は打たれる」や「長い物には巻かれろ」が薄れていけば、具体的な法律や制度が実現しやすくなるだろう。一日二日ですぐに解決できない問題だからといって逃げ出してはいけない。現実から目を背けてはならない。目の前の快楽や安逸さに流されてはならない。

 すぐには解決できない問題に対して、出来ない言い訳はいくらでもできると思う。しかし実は、各々の立場でできることはいくらでもあるのだ。有権者ならば各自で考える義務がある。

 最後に、南アフリカ初の全人種参加選挙を経て大統領に就任したネルソン・マンデラ氏の名言を紹介して記事を終えたい。

「人間として、何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、また、自分たちにとっての良い社会、よい生活を追い求めもしないで、それらを手に入れるのは不可能なのです」

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

「 生きていくために必要な最低時給は1500円と認識すべき。搾取されたくなければ各自が「常識」を疑い行動すべき。」への2件のフィードバック

  1. 月に150時間の労働で手取り18万円って、夢みたいな話だ。ほぼ週休三日。
    説得力のない前提。もう少しまともな話をしないと、最低賃金は上がらないだろうね。

  2. 全労連が6月に発表した「最低生計費試算調査」によると、25歳の単身者が1か月の生活に必要な額は額面で22万8853円(手取り18万4770円)。これを時給換算すると月に150時間働いた場合1526円になるという。

    ・・・これはトンサンの生活実感として、まともな数字だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です