アベが最も知られたくない数字はコレだ!下がり続ける賃金と苦しくなる生活。

スポンサードリンク

Pocket

実質賃金とは、労働者が受け取った賃金が、実際の社会において、どれだけの物・サービス購入に使えるかを示す数字です。賃金から消費者物価指数を除することで求められます。貨幣で受け取った賃金そのもののことを名目賃金といいます。

例えば、労働者の給与が1割増加した場合、同時に物価も1割上昇しているならば、労働者の購入力は変わらず、実質賃金は変わりません。賃金が変化しなくとも、経済状況などにより物価が上昇したり、賃金上昇率より物価上昇率が高い場合は実質賃金は下落します。

庶民にとって、実質賃金は生活実感を表すのに適した数字です。安倍総理自身が自画自賛するアベノミクスの成果を計る有効な指標と言えましょう。実際は、自画自賛するほど実質賃金は上がっていません。

実質可処分所得というデータを見ても、生活の苦しさは一目瞭然です。

出典(赤旗)

年収の平均値というのは、一部のとんでもない富裕層が全体を押し上げるので、あまり当てになる数字ではありません。それよりも世帯年収の中央値に注目すべきでしょう。例えば、全世帯数が100だと仮定した場合は、年収を大きい順から小さい順に並べて、50番目の人の年収が中央値だと思ってください。この年収中央値は、貧富の格差が拡がり一部の者が富を独占する状態になるほど、小さくなります。安倍政権の広報にいそしむNHKですら、下図のような報道をしています。

随分と格差が拡がり、生活の苦しい人が増えたことが分かります。これだけ生活が苦しくなると、貯金をする余裕は無くなってきます。実際、貯蓄ゼロの世帯は多いのです。

アベノミクスで特に打撃を被ったのは20代の若者たちです。

これだけ余裕がなくなると、自分の日々の生活を成り立たせるだけで手一杯です。車も買えないし、結婚・子育ても難しくなり、少子高齢化の原因にもなりますね。

安倍さんは、選挙演説でアベノミクスの「成果」を懸命に訴えています。しかし、その言葉に心から納得している人はほとんどいません。当たり前です。しかし、疑うことを知らない多くの日本人は、次のように考えることでしょう。「そうか。安倍さんのおかげで景気が良くなっているんだな。自分は実感できないけど、きっと、他の人は豊かになっているんだな。自分はまだまだ努力が足りないな・・・。」

今回の記事で取り上げたような数字を見ない限り、アベノミクスの本当の姿は理解できません。権力者の搾取を許し続ければ、生活はますます苦しくなります。権力者が庶民のことを思いやって、そのうち何とかしてくれることはあり得ません。庶民が明確な意思表示をして要求する以外に、暮らしやすい社会は実現する方法はないのです。

もういい加減、ダマされるのはやめにしませんか?

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。
皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。
気軽に読んで頂けると嬉しいです。
なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

8 thoughts on “アベが最も知られたくない数字はコレだ!下がり続ける賃金と苦しくなる生活。”

  1. ひとつ前の記事にコメントしたが、こちらの方が有っているコメントみたい。
    世帯年収の中央値の下がりっぷりが、半端じゃない。
    町に元気がなくなるはずです。

    前の記事のコメントはこんな感じ。
    『新藤栄一さんの「アメリカ帝国の終焉」に、アメリカの隆盛をもたらしたニューディール政策のことが、pp59~61に有ります。
    1つ目は、有名な公共事業(いわば箱もの、日本で普通に紹介されているのはこれだけ)
    2つ目は、巨大独占体制の打破(財界が隠そうとしている理由がわかる)
    3つ目は、富者優遇税制を改める(日本でもトヨタの社長の方が部長より税率が低いとか)
    この3つと労働者保護のためのワグナー法。
    これらで、分厚い中流を作りだし、アメリカの隆盛をもたらしたそうです。
    そういえば、日本がジャパンアズナンバーワンと言われた頃も、分厚い中流層が居ました。
    昔はともかく、今の自民党の経済政策は、1%は富ませるけれど、国全体は、落ち込む政策と言う事ですね。』
    と、ね。
    昔は自民党政権でも、それなりに庶民にもお金が回る社会制度だったけれど、中曽根さんが国労など組合潰しを頑張った辺りから、徐々に、今は加速度をつけて、働く人には辛い社会になって来ているわ。

    1. 世帯人数の多い時代と核家族化してる現代の世帯数で比較っておかしいと思わないの?
      ならミスリードに引っかかる訳だ!

  2. 他のグラフは詳しく見ていないが、
    「世帯年収の中央値」については
    単身世帯が増えたり、
    高齢化によって年金生活に入った人の割合が増した、などの要因でも
    下がるのではないだろうか。

  3. 実質賃金が下がったのは、高齢化のために、保険料などの引かれるものが増え続けているからですよね
    引かれるものが増えていることとアベノミクスは関係ないと思いますが

  4. その20代が自民党支持なんだけどなら20代はバカなの?
    いやいや失業率 有効求人倍率 内定率から
    見ても理由は明らか!

  5. 世帯数が増え世帯人数が減ってるのがトレンドで比較すりゃあそうなるだろう!

  6. 就業者数が増え 団塊の世代が再就職して平均とればそりゃあ下がるでしょ可処分所得!
    失業者が減ってるんだから!

  7. 円高 デフレ 高失業率なら実質賃金や可処分所得増えるけどそれのどこがいい訳?

コメントは停止中です。