【不思議?】ハーフのミス日本が、日本のメディアからほとんど無視されているのはなぜか?

スポンサードリンク

Pocket

 いわゆる美人コンテストについては賛否両論ありますが、その是非をこの記事では取り上げません。
 さて、2015年のミスユニバースジャパンに宮本エリアナさんが選ばれました。彼女は日本でまれ、ずっと日本で暮らしてきました。

写真(宮本エリアナさん) 出典:getty-images
写真(宮本エリアナさん) 出典:不明

 海外メディアは競うように彼女のことを取材しているのですが、日本のメディアはほとんど無視しています。なぜでしょう?

 無視するだけでなく、「ハーフをミス日本に選んでいいのかよ?」「彼女が日本代表だなんて気分が悪いわ!」、などの中傷を浴びています。なぜでしょう?

 背景や原因も含めてBBCが報道しているビデオを見つけましたのでご覧ください。(2分35秒)

 こちらがBBCの記事リンクです。↓(2015年6月4日付)

「The beauty contest winner making Japan look at itself」(ミス日本が日本社会を見直すきっかけを作った)

 宮本エリアナさんが、ハーフでない他のミス日本と異なる扱いを受けている原因を以下に述べます。私の意見です。

1)日本に住む外国人の割合が極めて低い。
 移民は全人口の1%程度に過ぎませんし、そのほとんどが中国人と韓国人です。日本は他国とは海で隔てられた島国という地理的要因も大きいでしょう。日本人とだけ交流をして一生を終わる、という人が殆どなのではないでしょうか?
 このような状況下では、ハーフを日本人だと素直に認識する人は稀でしょう。大なり小なり戸惑うのが普通です。

2)ステレオタイプ的なものの見方をする人が多い。
 ある言葉を聞くと、固定化・単純化されたイメージしか思い浮かべないのです。人の話を聞いて学び自分の考えを発展させようという態度に乏しいのは、知的怠惰といえます。忙しさを言い訳にして惰性で生きていると、視野が狭く固定観念に囚われたままになり易いのです。
 外国と異なり、日本人は議論仕方を学校で学びませんし、お上の言うことを素直に受け入れるように教育されます。自発的隷従という情けない知的怠惰が蔓延しています。ステレオタイプ的なものの見方しかしない人が多数派になってしまうのは当然でしょう。御用メディアの跋扈もこれに拍車をかけています。
 上記の理由により、ハーフの宮本エリアナさんをミス日本として素直に受け入れて祝福することができないのです。

最後に:
 政府は英語教育に力を入れようとしていますが、たとえ語学を堪能にしても、それだけでは国際化への対応はできません。日本人が持つ基本的な態度や考え方に対しても問題意識を持ち続けることが必要です。

 BBCの記事の中から宮本エリアナさんの意見を引用して本記事を終わりにしたいと思います。

「There will be more and more international marriages and there will be more mixed kids in the future. So I believe we need to change the way of thinking for those kids, for their future.」
(国際結婚やハーフの子供は、これからどんどん増えるでしょう。その子たちの将来のためにも、我々日本人は考え方を変えなきゃいけないと思います。)

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

「【不思議?】ハーフのミス日本が、日本のメディアからほとんど無視されているのはなぜか?」への23件のフィードバック

  1. Ah~This is 2015. But some people just can’t act like it. Those who making fuss about her ethnic background are mean spirited and bully at heart. Exclusionism and racism are here to stay.

  2. 残念ながら、日本人は純血だと思っているのですが、人種的には他民族の血が混じっていることを理解出来ない哀れな人種だと思いまっす。
    アイヌ民族、琉球民族、北方系、南方系様々な民族が日本を作っているのです。言葉が日本語だけで、あたかも日本人は純血だと思っている哀れさはどうしようもありません。

  3. 私はテレビというメディアに籍を置くものですが、深いため息をつきながらこの記事を拝見しました。
    筆者の方は「日本のメディアが彼女を無視する」と決めつけていますが、無視するとはどんなことがあったのでしょう。明らかにしてほしいことです。
    もともと“ミス日本”は、あまりテレビでみかけません。近年目立った“ミス日本”というのは、脅迫を受けたと言って記者会見を開いた方だったり、動画が流出したといった、本人にとってよろしくない出来事のときだった気がします。テレビとは、数字が稼げるかどうか、という一点を見極める冷静かつ残酷なメディアです。私は歴代の“ミス日本”と比較しても、じゅうぶん露出していると思いますが、それでも足りないというのなら、おそらく彼女にそれだけの魅力がないと判断されているのです。誤解なきよう言いますが、その魅力とは彼女の人間性とはまったく関係ありません。ハーフだから認められない?そんなことはテレビではあり得ません。だってご覧なさい、電源を入れればハーフのタレントや芸人さんがものの数分で出てきますよ。
    逆に言うと、海外では差別ネタが数字を稼げるのです。だからその一点を取材するのです。それだけのことです。

    「日本人は外国人を受け入れられない」「海外のメディアは日本より良いメディア」ひいては「日本人は哀れな人種」だとつながる規定路線です。

    人種差別的な輩は何時の世にも、そしてどこの国に行っても少なからず存在します。

    私は、この記事自体がおそろしくステレオタイプ、またはそれを助長するものだと感じ、失礼ながら書かせていただきました。
    ただし、テレビというリテラシーの低いメディアはそんなに先が長くないとも感じています。以上、自己反省もこめて。

    1. Kazさんの意見に同意します。
      >日本のメディアはほとんど無視しています。
      そうでしょうか?おじゃMAPというワイドショーにも出演されていたようですね。
      もともとミスユニバースの代表は本選で優勝か準優勝くらいにならないとそれほど多くメディアに取り上げられるものではないと思いますし、今彼女WIKIを確認しましたが、代表決定に関する記事が15くらいあり、これは例えば前年の代表の方と比べると際立って多いものでした。

      BBCのニュースもビデオも確認していないので印象論ぽくなり申し訳ないのですが、「、「ハーフをミス日本に選んでいいのかよ?」「彼女が日本代表だなんて気分が悪いわ!」、などの中傷を浴びています。なぜでしょう?」
      >>>ゼロだとは言いませんがほんの一部ではないのでしょうか?

      すこーーーーし偏ったご意見かな、と思いました。私の意見です。

      個人的にはエリアナさんのことはとても応援しています。

  4. 去年のアレで報道し辛くなったからね。
    まあ安倍晋三のせいだな。

  5. 受け入れられないのは今だけですよ。
    いずれ移民法案が可決されて優秀な外国人が
    大勢日本に来ます。
    少子化対策をまともにしていない小日本は、
    日本人の人口が減り、移民の条件も低くなり
    外人やハーフの方が、半数以上を占める時代が
    いずれやってくるでしょう。
    その時にやっと日本は
    真の国際化がなされると思います。

    今の日本は、武力で身を固めるような
    馬鹿なことばかりしています。
    中国や韓国と仲良くして
    謝るべきことは謝罪し
    経済的協力を強く結ぶことが
    日本の未来のためになると私は思います。

    俺は日本の20年後を見ている。

    1. 優秀な外国人はわざわざ日本に来たいとは思わないよ。

      西洋とは文化が全く違うし言葉も難しい。しかも英語が話せない人が大半だし仕事を見つけるのもとてつもなく難しい。 

      こんな条件で来たいと思う?

      1. 田中雄大さんに同意。

        しかも円安で給料が安くなってしまう、地震リスク、相変わらずの放射能ダダモレ、英語さえ通じない、意味不明なサービス残業にブラック企業、堅苦しい習慣、外人差別などなど。

        優秀な人に限って言えばよほど日本が好きな人しか来ないでしょうね、それでいいと思うけど。
        とりあえず出稼ぎ系の発展途上国からの人材、低技能移民は増えるでしょうけど。

        もしくは、日本は無理に国際化しなくていい、人口が減ったほうがいい、貧乏になってもいいていう意見もありますし、それもありだと思います。

  6. この方、日本が嫌いですってマスメディアの前で公言してるから注目されないのでは?日本代表なのに、日本を貶める様な発言をしているから、批難されている様に感じます。
    私はハーフでは無いけど、ハーフの方に対する差別なんて感じたコトも、もちろん同級生の中でもありませんでした。当時でも各学年に1人や2人は必ずいたし。
    ハーフタレントだって、ハーフのスポーツ選手だって日本代表としてたくさん活躍してる世の中なのに、この方は御自分の人柄で嫌われてるのを差別と表現してる風に見受けられて不快です。

    1. あんこさんへのレスですがハーフでないあなたがハーフの経験を語るのはどうかと思います。あなたが差別しないからって他の人が同じく差別しないという訳ではないです。それなのに彼女の人柄を勝手に悪いと決めるのはどうかと・・・・。

      また↑のKazさんの意見は的を射てると思います。

  7. 私もkazさんに同意します。最近の芸能関連(アナウンサーやキャスターも含める)にはとても増えていると思います。雑誌のモデルなどには男性の混血(ハーフは半分という意味なので私は使いません)モデルも増えていますよ。昔は歴史的な問題もあり差別されることもありましたが、途中から多言語が話せて国際的であるし、外見も格好が良いというように好意的な流れになっていると思います。そしてここで言う混血とは文化人類学的な意味ではなく、主に欧米志向の外見(八頭身で目鼻立ちがはっきりしているなど)にかかわる分類です。外見で大差のないアジア系人種の混血までを話に持ち込むことはナンセンス。そして、外見だけに関して言えば、戦後の混血タレントやアイドルは優遇されていましたよ。多民族国家では混血は珍しくありませんが、日本では希少価値なのです。一時期のマネキンはほとんどが白人でしたし、ファッション雑誌も欧米人です。元々、こういった日本人の欧米コンプレックスを利用して生まれたのが混血芸能文化だと思います。

    そしてビジネスでは求める内容や目的が異なります。いわゆるミスコンに一般教養や専門知識を試す筆記試験がありますか?無いでしょう?つまり、中身は程々で良いのです。頭で勝負したいのであればクイズ番組に出れば良いのです。つまり、どちらかといえば外見を重視したコンテストということであり、出場者も自分の容姿に自信があり、「私を見て!」という自己顕示欲の強い人です。そうすると、すでに芸能界には同じような意識を持つ混血タレントが溢れています。モデル出身であったり、面白いキャラクターをした多様な人材がたくさんいます。彼女たちはルックスを含めた実力で勝負していますので、ミスコンは単なるきっかけやキャリアの一つにしか過ぎないのです。そして今ではそれほどインパクトの無いイベントになっていると思います。どこかの「のど自慢コンテスト」で優勝したからと言って、プロの歌手に成れないのと同じことです。そこから先は努力と運でしょう。

    このような社会的背景や仕組みがあるのですから、それを差別に結び付けるのは少し安直であると感じます。

  8. そうかな〜元々日本のメディアは
    こういうネタあまり出さないから
    ハーフの子はどっちかといえば大ブーム
    してるけど?はやまらないほうがいいよ

  9. http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/10/kiji/K20150610010513970.html
    こちらの記事とも合わせて読んでいただきたい。
    実際、これが日本におけるハーフの扱いなんですよ。
    さも「この人だけ」だの「ミス日本なんて誰も気にしてないから」だの「反日的な発言してるから」だの、特殊例にしたがる人がいるけど、それってただ単に現実見てないだけですよね?
    逆に、純粋な外国人でも見た目が日本人に見えたら、たとえ韓国人でも普通に過ごせます。日本で20年近く暮らした実体験です。

  10. ミス日本って別に例年そんなに報道されない。過去を見てもそう。
    今年この人でした〜あ、そう。位の報道で、それくらいの報道は当然この人でもされた。ですので差別の例としてはあまりに不適当だと思います。
    私は日本でも当然人種・民族差別ってあると思うし是正はすべきと思うけど、こういう不適当な例で懸命に外国に訴えたりすると余計に差別撤廃の訴えがまともに聞いてもらえなくなると思う。
    外国人研修員制度とか、帰化の際の厳しさとか不動産賃貸契約の大変さとか。そういうまともな事で問題提起すべきです。
    このミスの方もあなたも、こんな不適当な例で騒ぐのはむしろ本当に苦労されてる在日外国人の方達にとって不利益になる行為です。彼らにとっての害悪はあなた達のような人だ。

  11. あ、あとミスユニバースとミス日本は別物ですので訂正された方がよろしいかもしれません。

  12. マスメディアでの扱いが少ないのは、いわゆる日本人好みの外見ではないからという単純な理由じゃないかと思いますが。ミスユニバースとは良くも悪くも欧米人が、欧米の基準で女性を選ぶコンテストですから。日本人が興味を持てなくても不思議ではありません。
    欧米の基準を受け入れない日本は遅れているというような考え方はそれこそ視野が狭い考え方ではないでしょうか。

  13. ハーフでない人たちがハーフについて語っているのを見ると本当に笑うしかないですね

  14. 一部の人間の発言を大々的に取り上げ、あたかも日本全体がハーフのミスを認めないと無理矢理結論づけている、内容に非常に偏りのある記事だと感じました。

    マスコミに対する話題作りにしては、説得力に欠ける稚拙な文章だなと思います。こんなやり方をしてもMUJの好感度を下げていくばかりかと。

    MUJにも京さんにもがっかりです。

    個人的には、正々堂々と、人間的に魅力のあるミスを選んで欲しいものです。

    話題作りのために大人の言いなりになるお人形さんではなく、強い意志を持った女性を。

  15. 日本のメディアは欧米人でも白人と日本のハーフをチヤホヤします。TVでも活躍している欧米ハーフは沢山いますから、メディアが無視しているというより、この子の肌の色がむしろ白人だったら、無視されていなかったのかもしれません。ただし、特別扱いも偏見の裏返しのような気がしないでもないです。どのハーフも日本人と同じようにもっとふつうに扱うべきなのでは。
    私の印象では、日本のハーフの人たちの中に、自分の「ハーフ」の特徴を都合よく利用していたりする人もいるし、排外主義的なハーフもいらっしゃる点です。ハーフも日本育ちと外国育ちでは異なります。
    また、海外で暮らすとわかるけど、肌の色が違っていたり、ゲイだからという理由で殺されたりすることもあります。その点からすれば、日本は、まだ親切なような気がします。
    私自身、移民が多い国々に暮らしてきてわかったことは、移民国家には、困難も沢山あるという点です。問題が山積しています。移民への差別はかなりあります。一概に日本だけが・・・とは言えません。
    私としては、肌の違いや性の思考に関わらず、その人その人の個性を認め、敬い、人間同士で接し合えばいいのではないかと思います。どんな人へも「ふつう」に接すればよいんです。
    ミスコンへの個人の考え方ですが、女性の社会的地位をあげようと世界が奮闘している中で、後進的なものだなぁという印象を受けます。女性差別という捉え方だってできるかもしれませんよ!
    ただ、日本のメディアは外国音痴が多いなとは思います。国際性のある人がそもそも少ないので。

  16. 「ハーフは社会的に認められている、芸能人やタレントにはたくさんハーフがいる」なんて言ってる人たちは、問題の本質をとらえられてない。
    問題は、社会がハーフを真に日本人として受け入れ、扱うかどうかでしょう。芸能界で活躍するハーフが多いからといって、日本社会がハーフを日本人として受け入れた、ということには全くならない。
    彼らはハーフというレッテルを貼られ、それをやむなく受け入れたうえで活躍してるんだから。
    だからこそ、ハーフの人が日本代表になると、日本代表なんだから、もっと日本人らしい人を選べ、なんていう発言がでてくる。日本で生まれて育ったのに、半分人種が違うからといって他の日本人と違う扱いをするのは、立派な人種差別だと思います。例えば、アメリカで生まれて育ち、日本語もカタコトしか話せない日系のアメリカ人(血は日本人)が、アメリカでアメリカ人扱いしてもらえず、それを差別だと言っているのを聞いたら、「ああアメリカは白人主義だからな。それは人種差別だ」、と思いませんか?
    自分の国のことになると分からないけど、結局は同じことですよ。誰でもみんな自分の国や自分たちの社会の欠点を批判されたらカッとなるだろうし、それは理解できるけど、たまには正面から問題を見つめないと。しかもそういう人に限って他国の社会問題は厳しく批判してるのを見るので、なんだかなあと思います。

  17. 何故無視してるかっていうと 彼女 軸足が日本にないからだよ。
    差別されてきたから 仁尾h(¬_¬;) ン?にはまだ差別があると海外に核酸ずるために 水ユニバースに応募しただけ。いくら美人でも根性がくさっとりやろ だから無視してんの。
    ほんで 日本人は混血だから とか言うバカいるけど それが日本人と言う純血種なの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です