政府が隠しておきたい加計学園問題を、山本太郎が追及!「総理と近すぎる案件は除外しろ!」

スポンサードリンク

Pocket

 2017年4月18日の内閣委員会で、参議院議員の山本太郎氏が、第七次地方分権一括法案に関して質問しました。安倍官邸の意向を忖度し、「皆様の」NHKは国会中継を流しませんが、以下にYouTubeビデオのリンクを貼りました。

 後半の加計学園問題に関する部分を、以下に書き出します。参考にしてください。

書き起こし始め
***********************
○山本太郎君
「ありがとうございます。自由党共同代表の山本太郎です。自由・社民の会派、希望の会を代表いたしまして、第七次地方分権一括法案に関してお聞きいたします。」
(略)
「例えばですけど、省庁の役人だったりとか政治家に知り合いがいますとか友達がいますよということで、太いパイプがあるということによって提案とか申請が他よりも通りやすいということになると、これ公平性という観点から見て、これフェアな状態とは言えないなというふうに私は思うんですよね。ですから、そういったことのないようにしっかりと審査される仕組みというのが、これ必要だと思うんですよね。

地方創生という改革はフェアな精神というものが私、すごく重要なんじゃないかなと思うんですけれども、大臣はどうお考えですか?」

○国務大臣(山本幸三君)
「それは全くおっしゃるとおりだと私も思います。
(略)
この提案募集型の地方分権改革ということも、しっかりと公正公平という観点の下に、有識者等の意見も聞きながら、そして関係者の間でしっかり討議をしながら取り組んでいるところでありまして、そうした懸念が生じないように全力を挙げなければいけないと思っております。」

○山本太郎君
「地方分権改革推進本部の本部長というのは、どなたでしたか?」

○政府参考人(境勉君)
「内閣総理大臣が本部長になっております。」

○山本太郎君
「ありがとうございます。まち・ひと・しごと創生本部の本部長というのは、どなたでしたか?」

○政府参考人(川合靖洋君)
「内閣総理大臣でございます。」

○山本太郎君
「国家戦略特別区域諮問会議の議長は、どなたですか?」

○政府参考人(川上尚貴君)
「お答え申し上げます。内閣総理大臣でございます。」

○山本太郎君
「既に地方創生に必要なフェアな精神というのは、安倍総理御自身によって崩されているって、大臣、思われませんか?いかがですか?」

○国務大臣(山本幸三君)
「それは全くそういうふうに思いません。地方分権改革の問題にしても、国家戦略特区にしても、あるいはまち・ひと・しごと創生にしても、それは最終的に、議長なり、は内閣総理大臣でありますが、私がその前段階として実質的な責任を持ってやっているわけでありまして、しかもそれは、他の有識者等もしっかりと入った中で決めていくわけでありまして、そういう意味では公正公平さが保たれているものと思っております。」

○山本太郎君
「そんなことない、考え過ぎ、公平公正さは保たれている、安倍総理に失礼じゃないかという話ですよね、恐らくね。

愛媛県今治市に建設されようとしている獣医学部、これまでの構造改革特区では15回申請がはねられ続けましたが、第二次安倍政権になり国家戦略特区が始まり、この申請がすんなりと進んだ。もう聞き飽きた話ですよね、これ、皆さんはね。構造改革特区では15回申請がはねられ続けたけれども、第二次安倍政権になって国家戦略特区が始まって、この申請がすんなりと進んだ。

しかも、日本獣医師会も、愛媛県今治市が提案する獣医系大学の構想について、構想の内容はいずれも既存の16獣医系大学で既に取り組んでいるものばかりであり新規性はなく、また獣医師の需要動向についても、全国的観点からは、地域、職域の偏在は見られるものの、獣医師総数は不足していないと、この獣医学部新設に関して完全に疑問視しているんですよね。

この獣医学部を設立するのは加計学園、その理事長、加計孝太郎さん、安倍総理の40年来のお友達。日経新聞の「交遊抄」、2010年9月21日付によると加計氏は、安倍首相が大学卒業後にアメリカ・カリフォルニア州立大ロングビーチ校に語学留学した際に知り合って以来のゴルフ友達だと。首相動静にも何度も登場されるレギュラーメンバーみたいな感じですかね。2013年11月以降の約3年間で安倍首相と14回も面会、昭恵夫人も同席で夕食を取ったり、山梨県の鳴沢村の安倍首相の別荘に招かれてゴルフをしたりと、家族ぐるみな親密な付き合いであることが分かる。

これだけだったらいいんですよ、別に。昔の友達で、語学留学したときの親友ですと、一緒にゴルフもやるし、一緒に御飯も食べるしねって、別荘にもそりゃ来るよって。それだけだったら問題ない。だけれども、そうじゃないですものね、この件は。
おまけに、昭恵夫人、加計学園が運営する認可外保育施設、御影インターナショナルこども園の名誉園長。

総理大臣の超仲よしのお友達の案件が、今までは15回もはねられていた。安倍晋三さんの超仲よしのお友達の案件でも今までは15回もはねられていた。けれども、安倍総理が議長になった途端、トントン拍子で、これおかしくないですかって、ずるいでしょうって。誰が考えてもおかしいという話ですよ。ふだんから飲んだり食べたりゴルフしたり、コスプレして卒業式出たりしている腹心の友の新学部づくり、これまで15回もはねられた案件を総理大臣が議長という権限を持って進めた獣医学部づくり、これ便宜供与じゃないですかって、利益相反以外の何物でもないじゃないかという話なんですけど、いかがでしょう?」

○国務大臣(山本幸三君)
「この件については、先般も御説明したと思いますけれども、長い歴史がございます。構造改革特区は、おっしゃるように、平成19年から15回にわたって申請し、そこでは実現しませんでした。しかし、その中でも鳩山政権のとき、平成21年からは、実現に向けて検討というように格上げされております。しかし、それは構造改革特区のときには実現しなかったんですが、それを実際、安倍政権になって実現したということでありまして、長い経緯をもってできた案件であります。
しかも、その中でいろんな検討が行われ、そして新たな先端分野、先端ライフサイエンス分野の需要が高まっている、あるいは感染症対策の水際対策が必要である、あるいは産業動物獣医師の偏在があると、そういうことを踏まえて、しかも獣医師会が反対しているということを踏まえて、その経緯とそうした中身を見て最終的に私が決断したわけでありまして、一切そうした影響というものはありません。」

○山本太郎君
「何の説得力もないんですよ。民主党時代に実現に向けて一歩進んだって、お得意の民主党のせいにしようと思っているかもしれないですけど、民主党時代には結局一歩進んだけれども、結局これ認可されていないでしょう。進んでいないんですよ、結局は。15回はねられた末に実現したのが安倍総理になってからなんですよ。議長になってからなんですよ。お友達の案件で、ということなんですよ。

少なくとも、議長と関係性が近過ぎる案件は公平性を期すためにはねる、これ、筋じゃないですか。大臣、どう思われます?」

○国務大臣(山本幸三君)
「それは中身がどういうものであるかが一番大事でありまして、我々は国家戦略特区の本来の趣旨である岩盤規制を何とか打破すると、しかも、その間に関係者の間のいろんな利害調整があって、手続を公平公正、透明に進めるということを確保すればそうした問題は生じないものと思っております。」

○山本太郎君
「ということは、幾ら総理、議長という立場の人間とかなり深い仲であったとしても、今後も国家戦略特区においても排除されないということでよろしいですね?」

○国務大臣(山本幸三君)
「そんなことは全く言っておりません。それは中身次第であります。」

○山本太郎君
「中身が良かったらとっくに通っている話なんですよ。15回はねられているんですよ。獣医師会のお話、知っているでしょう、読まれたでしょう。しかも、そこで教える教員というものも足りないというような状況にされてしまっているんですよ。(略)

でも、普通に倫理観というものを持って、議長に一番近い人の案件が通るということ自体がおかしな話じゃないですか。最初からそれは断らなきゃいけないことですよ、普通に考えれば。私物化すんなっていう話じゃないですか、これ。国民の皆さんからしたら全くフェアじゃない。誰のためにドリルで穴を開けるんですかって。お仲間のために空けているじゃないかって。

写真(加計学園問題で追及する山本太郎議員)

公平性を期すために、総理、つまりは議長と近過ぎる案件は御遠慮いただく、これは当たり前ですよ。これ、常識って考えられないなら、皆さん、永田町に毒された御自身を客観的に見られていないんじゃないですか。

このような考え方の政府若しくは大臣が進める地方創生、将来的に毒にしかなり得ないかもしれない。本法案に賛成する予定でしたけれども、これは反対するしかないということを申し上げて、私の質疑を終わります。」
***********************
書き起こし終わり

関連記事リンク:
「黒いカラスを黒」と言ってしまい、権力と対峙することになった前川さん。彼を守るためには、どうしたらいいか?

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。
皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。
気軽に読んで頂けると嬉しいです。
なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。