【ナイスな突っ込み!】山本太郎議員の安倍政権に対する追及が見事だったという話

Pocket

写真(安倍総理を追い詰める山本太郎議員) 出典:YouTube山本太郎 安倍晋三を問いつめる【抜粋20分版】原発へのミサイル攻撃に無策
写真(安倍総理を追い詰める山本太郎議員) 出典:YouTube山本太郎 安倍晋三を問いつめる【抜粋20分版】原発へのミサイル攻撃に無策

 戦争遂行のための国策プロパガンダとして、イギリスの政治家アーサー・ポンソンビーは次の10要素を導き出しました。(以下、出典:ウィキペディア)

1.われわれは戦争をしたくはない。
2.しかし敵側が一方的に戦争を望んだ。
3.敵の指導者は悪魔のような人間だ。
4.われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命(大義)のために戦う。(正戦論)
5.そしてこの大義は神聖(崇高)なものである。(聖戦論)
6.われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが、敵はわざと残虐行為におよんでいる。
7.敵は卑劣な兵器や戦略を用いている。
8.われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大。
9.芸術家や知識人も正義の戦いを支持している。
10.この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である。

 安倍総理も例外ではなく、憲法違反の安保法制を推し進めるために敵国の名を具体的に挙げています。中国や北朝鮮の脅威が高まっておりミサイルが飛んでくる可能性がある、と述べています。仮想敵国を名指しして恐怖を煽ることは、安保法制反対運動を抑えるのに有効だと思います。しかし、安倍総理自身は実際にミサイルが飛んでくるとは思っていません。現実に日本へミサイルが飛んでくる可能性はありません。ミサイルは、都合の良い想定として用いているだけです。そういう脅威から国民の生命と財産を守るのが安保法制なんだ、と言いたいわけです。

 「ミサイルが飛んでくるぞ!」という安倍総理のウソを利用して、山本太郎議員が安倍総理を追い詰めていく場面が国会でありました。そのビデオを以下に紹介します。ご覧ください。

山本太郎 安倍晋三を問いつめる【抜粋20分版】原発へのミサイル攻撃に無策(20分38秒)

 ビデオの中で山本議員は次の質問をします。
「総理、さまざまな事態を想定し、各種シミュレーションを行っているそうでございますが、川内原発の稼働中の原子炉が弾道ミサイル等攻撃の直撃を受けた場合、最大でどの程度、放射性物質の放出を想定していらっしゃいますか?」

 安倍政権としては本音では、ミサイル攻撃自体があり得ないと思っているので、ミサイル攻撃による被害想定などしていません。

原子力規制委員会の田中俊一委員長の答弁:
「弾道ミサイルが直撃した場合の対策は求めておりません」

山本議員の質問主意書に対する安倍総理の回答:
「仮定の質問であり、お答えすることを差し控えたい」

安倍総理の答弁:
「武力攻撃事態はですね、その手段、規模の大小、攻撃パターンが異なることからですね、実際発生する事態もさまざまであり、一概にお答えすることは難しいということでございます」

山本太郎議員の反論:
「でも、考えてみてください。今回の(安保)法案の中身、仮定や想定を元にされてませんか?“A国がB国に攻撃をしかけた”“友好国のB国から要請があり、新3要件を満たせば武力行使ができるのできないの”、これ、仮定ですよね? 仮定でしょ。仮定でよくわからないとゴニョゴニョ言うわりには、仮定で物事をつくっていこうとしてるんですよ」

「都合のいいときだけ仮定や想定を連発しておいて、国防上、ターゲットになりえる核施設に関しての想定、仮定、できかねますって、これどんだけご都合主義ですか?って話だと思うんです。“我が国を取り巻く安全保障環境、著しく変化”してるんでしょ? 飛んでくるかもしれないんでしょ、ミサイル。“中国が!北朝鮮が!”。いろんな話されてるじゃないですか。“10分で到達します!”。え、で、飛んできたときは? 何もできてませんよ。困りますよね。本気で守る気、あるんですか? この国に生きる生命、財産、幸福追求権守るんだったら、いちばん脆弱な施設、しかも核施設を、どのように防御するかを考えなくてはいけない・・・」

 さらに山本議員は川内原発にミサイルが撃ち込まれた場合の防災計画についても質問していますが、大庭誠司・内閣官房内閣審議官は、「事態が発生してから対策を考える」という無責任な回答しかできませんでした。何も考えてないということがバレてしまいました。ミサイル攻撃のことなど考える必要がないから考えてないのです。

 敵国からのミサイル攻撃などから国民の生命と財産を守るのが安保法制なんだ、と安倍総理は主張しますが、本音ではミサイル攻撃など想定しておらず、国民の恐怖心を煽るためにウソを言っているということが証明されました。安倍政権に対する山本議員のカウンタープロパガンダ(敵のプロパガンダに対抗するためのプロパガンダ)が成功した事例です。

 しかし、この貴重な国会追及場面はテレビニュースではほとんど取り上げられていません。大手を中心に御用メディアばかりなので、国民が安倍政権に対して疑問を持つ機会が奪われてしまっています。

 このブログ記事内容に賛同して頂けたら、是非ともネット上での拡散をお願いいたします。

以上

Pocket

【ダマされてませんか?】安倍政権が用いるブラックプロパガンダの実例紹介

Pocket

 プロパガンダとは次のように定義されます。(出典:ウィキペディア)

***********************
「特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った、宣伝行為である。通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。」

「あらゆる宣伝や広告、広報活動、政治活動はプロパガンダに含まれ、同義であるとも考えられている。利益追求者(政治家・思想家・企業人など)や利益集団(国家・政党・企業・宗教団体など)、なかでも人々が支持しているということが自らの正当性であると主張する者にとって、支持を勝ち取り維持し続けるためのプロパガンダは重要なものとなる。対立者が存在する者にとってプロパガンダは武器の一つであり、自勢力やその行動の支持を高めるプロパガンダのほかに、敵対勢力の支持を自らに向けるためのもの、または敵対勢力の支持やその行動を失墜させるためのプロパガンダも存在する。」

「あらゆる国でプロパガンダは用いられており、一方で国家に反対する人々もプロパガンダを用いている。あらゆる政治的権力がプロパガンダを必要としている。」
***********************

 プロパガンダ自体は悪いものではなく、いつの時代もどの国でも手段として用いられてきました。一般国民の立場で警戒しなければいけないのは、権力者が用いるブラックプロパガンダです。ブラックプロパガンダとは、「情報の発信元を偽ったり、虚偽や誇張が含まれるプロパガンダ」(出典:ウィキペディア)のことです。

 プロパガンダの技術としては、アメリカの宣伝分析研究所が次の7種類を挙げています。

1.ネーム・コーリング – レッテル貼り。攻撃対象をネガティブなイメージと結びつける(恐怖に訴える論証)。
2.カードスタッキング – 自らの主張に都合のいい事柄を強調し、都合の悪い事柄を隠蔽、または捏造だと強調する。本来はトランプの「イカサマ」の意。情報操作が典型的例。マスコミ統制。
3.バンドワゴン – その事柄が世の中の趨勢であるように宣伝する。人間は本能的に集団から疎外されることを恐れる性質があり、自らの主張が世の中の趨勢であると錯覚させることで引きつけることが出来る。(衆人に訴える論証)
4.証言利用 – 「信憑性がある」とされる人に語らせることで、自らの主張に説得性を高めようとする(権威に訴える論証)。
5.平凡化 – その考えのメリットを、民衆のメリットと結びつける。
6.転移 – 何かの威信や非難を別のものに持ち込む。たとえば愛国心を表彰する感情的な転移として国旗を掲げる。
7.華麗な言葉による普遍化 – 対象となるものを、普遍的や道徳的と考えられている言葉と結びつける。

 上記7つの技術を一読してもピンと来ないかもしれませんので、各々具体例を挙げて行きます。

1.ネーム・コーリング – レッテル貼り。攻撃対象をネガティブなイメージと結びつける(恐怖に訴える論証)。

 SEALDSの安保法制反対デモがとても効果を上げているので政権側の人間が恐れをなしています。論理的に反論する手立てがないので、レッテル貼りによりSEALDSの若者たちの評判を落とすことを思い付きました。

出典:行橋市市議会議員 小坪しんや氏のホームページ
出典:行橋市市議会議員 小坪しんや氏のホームページ

 日本共産党や朝日新聞に対しては、特に保守層の中にマイナスイメージを持っている人がいることは事実です。そこを利用したわけです。

2.カードスタッキング – 自らの主張に都合のいい事柄を強調し、都合の悪い事柄を隠蔽、または捏造だと強調する。本来はトランプの「イカサマ」の意。情報操作が典型的例。マスコミ統制。

 巨大な原子力利権を守るためには、福島原発事故がすでに収束し、放射性物質による健康被害が無いことにする必要があります。そのためには、福島県民が元の住所で暮らし、日常生活を事故前と同じように送ってもらわねばなりません。さらに、安全性のアピールのために福島県産の食糧を食べて応援しようというキャンペーンを思い付きました。

出典:農林水産省ホームページ
出典:農林水産省ホームページ

 チェルノブイリでは日本よりもはるかに厳しい基準を設けているのですが、低線量長期被ばくによる健康被害が深刻です。日本政府はそのことを良く知っているにも関わらず、国民の健康を犠牲にする政策をとっています。犯罪ですね。

関連記事のリンク↓
日本人はチェルノブイリから何を学ぶべきか?→予防原則に基づいた健康被害対策の徹底を!

3.バンドワゴン – その事柄が世の中の趨勢であるように宣伝する。人間は本能的に集団から疎外されることを恐れる性質があり、自らの主張が世の中の趨勢であると錯覚させることで引きつけることが出来る。(衆人に訴える論証)

 日本に限らず世界中どの国でも汚いことがたくさんあります。欠点、腐敗、堕落などと向き合いつつ、日々、試行錯誤しているのです。しかし、試行錯誤などという地道な努力をしたくない人がたくさんいます。臭い物にフタという安易な手段に頼りたがる人も大勢います。

 このような状況下で、「この国は美しい」、「誇りに思うべきだ」と自信をもって語りかけてくるリーダーが現れたらどうなるでしょうか?下記の宣伝を見て安倍さんのファンになった人は多いと思います。

出典:衆議院議員 安倍晋三公式サイト
出典:衆議院議員 安倍晋三公式サイト

4.証言利用 – 「信憑性がある」とされる人に語らせることで、自らの主張に説得性を高めようとする(権威に訴える論証)。

 安倍政権が推し進めている安保法案に関して、2015年6月4日に衆議院で憲法審査会が開かれました。3人の憲法学者が呼ばれて意見を述べたのですが、与党側が推薦した学者も含めて全員が憲法違反と断言してしまいました。

出典:ANNニュース
出典:ANNニュース

 せめて与党側の推薦する学者だけでも、「合憲だ」と言ってもらえる人を選ぶべきだったのです。プロパガンダに失敗して墓穴を掘った例です。

5.平凡化 – その考えのメリットを、民衆のメリットと結びつける。

 2014年5月15日、安倍内閣総理大臣は集団的自衛権に関する会見を行いました。説明時に用いたパネルの一つが下記です。

写真(集団的自衛権を説明する安倍総理) 出典:内閣広報室
写真(集団的自衛権を説明する安倍総理) 出典:内閣広報室

 紛争国から救出された日本人を輸送するアメリカの船が襲撃された時に、現在の法体系ではこのアメリカ船を日本の自衛隊が守ることが出来ないんだそうです。この説明を聞いいて、「安倍さんは国民の安全を親身になって考えてくれてるんだなあ・・・」と感激した人は多いと思います。(実際にはあり得ない想定ですが・・・)

6.転移 – 何かの威信や非難を別のものに持ち込む。たとえば愛国心を表彰する感情的な転移として国旗を掲げる。

 例えば政治家が演説する時に、聴衆が一斉に日の丸を振るのは効果があります。「愛国心」を持った熱心な支持者たちに声援を受けているという構図がマスコミ・インターネットなどで流されれば支持の拡大につながります。

写真(日の丸で応援される安倍さん) 出典:YouTube安倍晋三内閣総理大臣 ニコニコ超会議での演説
写真(日の丸で応援される安倍さん) 出典:YouTube安倍晋三内閣総理大臣 ニコニコ超会議での演説

7.華麗な言葉による普遍化 – 対象となるものを、普遍的や道徳的と考えられている言葉と結びつける。

 集団的自衛権の行使は憲法違反だというのが歴代内閣の答弁です。安倍内閣の安保法制は集団的自衛権を可能にしますから憲法違反です。従って、安保法案は廃案しか選択肢がありません。そこで安倍さんは、憲法違反という解釈を変更することが可能だと主張しました。当然、野党側からは強い反発が起こりました。その時の安倍さんのセリフが下記写真です。

出典:ANNニュース
出典:ANNニュース

 「政治家としての責任の放棄だ」と言われると、「安倍さんは責任感の強い人だなあ」と思う人もいるはずです。道徳心に訴える方法は効果的です。その一方で、「アメリカからの要請」「軍需産業の利益の為」という本当の目的には言及しません。

ここで、歴史上の有名人が重視した方法をウィキペディアから引用します。

***********************
アドルフ・ヒトラーは、宣伝手法について「宣伝効果のほとんどは人々の感情に訴えかけるべきであり、いわゆる知性に対して訴えかける部分は最小にしなければならない」「宣伝を効果的にするには、要点を絞り、大衆の最後の一人がスローガンの意味するところを理解できるまで、そのスローガンを繰り返し続けることが必要である。」と、感情に訴えることの重要性を挙げている。ヨーゼフ・ゲッベルスは「十分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう」(=嘘も百回繰り返されれば真実となる)と述べた。
***********************

 権力者は必ず嘘をつきます。テレビ・ラジオ・映画・インターネット・新聞・雑誌・街頭演説・ポスターなど、ありとあらゆる手段を用いて国民に訴えかけてきます。騙されて、間違った判断や不適切な投票行動をしないように気を付けたいものです。

参考リンク:
「プロパガンダ」
農林水産省「食べて応援しよう」

以上

Pocket

戦争の悲劇を後世に伝えたいならば、被害者視点だけでなく加害者視点も必要だ。

Pocket

 歴代内閣が踏襲している村山談話は、外務省ホームページの下記リンクに掲載されています。

「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(いわゆる村山談話)

 上記リンクの村山談話から日本の侵略戦争に関する部分を抜き出します。

「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。」

 上記の抽象的な表現から、具体的な事実をイメージすることができる日本人は少数派だと思います。近隣諸国で侵略被害に遭った人たちの視点を提供してくれる著作を以下に紹介します。

中国の旅 (本多勝一集)

中古価格
¥649から
(2017/1/17 20:57時点)

 この本は1971年、元朝日新聞記者の本多勝一氏が約40日かけて中国を取材した内容が記されています。朝日新聞、朝日ジャーナル、週刊朝日で連載され大反響を起こしました。中国を取材した目的を本多氏は同書で次のように述べています。

「戦争中の中国における日本軍の行動を、中国側の視点から明らかにすることだった。それは、侵略された側としての中国人の「軍国主義日本」像を、具体的に知ることでもある。とくに日本軍による残虐行為に重点をおき、虐殺事件のあった現場を直接たずね歩いて、生き残った被害者たちの声を直接ききたいと考えた。」

 戦後26年経ったときに、このような中国取材をした理由を、本多氏は同書の中で5個挙げています。以下私の要約です。

①中国への侵略行為に関して日本側が誠意ある言動・行動をとらなければ、日中国交を進展させることはできない。日本政府はもちろんだが、マスコミも侵略戦争の調査報道をしておらず、日本国民に知らせる努力を怠ってきた。

②日本の侵略戦争によって中国人が千何百万人も殺された事実を一般の日本人は知らない。知っていたとしても、噂レベルの曖昧なイメージだ。この無知が、反動右翼勢力の跋扈を許す結果につながっていく。

➂ベトナム戦争での米軍の虐殺行為をアメリカ人ジャーナリストが報道していることに対して、日本人は立派だとほめている。他国のジャーナリストの行動に感嘆してばかりではなく、日本人も実践した方がよい。

④広島・長崎への原爆投下、東京大空襲などの告発・記録運動が盛んだが、これは被害者視点のものであり、加害者視点の記録が欠落している。ナチス・ドイツによる加害記録は日本国内にたくさん出回っているにも関わらず、旧日本軍の加害記録が存在しないのはおかしい。

⑤自分の家族が殺されたり家が焼かれた事実を中国人たちは記憶している。その生々しい具体的風景を日本人が知れば、日本の軍国主義復活を警戒する中国側の気持ちを理解し易くなるだろう。虐殺した側の国民がその事実を知らないのは犯罪の上塗りだ。

 「中国の旅」の目次を以下に引用します。

・中国人の「軍国日本」像
・旧「住友」の工場にて
・矯正院
・人間の細菌実験と生体解剖
・撫順
・平頂山
・防疫惨殺事件
・鞍山と旧「久保田鋳造」
・万人坑
・蘆溝橋の周辺
・強制連行による日本への旅
・上海
・港
・「討伐」と「爆撃」の実態
・南京
・三光政策の村(注)

注)殺し尽くす、焼き尽くす、奪い尽くすことを「三光」という。

 最後の「三光政策の村」での記述を一部引用します。

「石段を登っていたとき、ただならぬ気配にふりむいた。老人が三人、息をきらせて石段を登ってくる。私のところまでくると、その一人がいきなり両手を出して広げた。なにかを訴えようとするまなざしに、涙があふれている。広げた両手の指は、親指以外がみんな短く切れていた。『あの現場から脱出した一人です。猛火の中を逃げるとき、火傷をして指先を失いました』と、潘広林さんがいった。単用有さんは、そう通訳してから老人たちに事情をきいていたが、何もいわずに、私に背を向けて歩き出した。歩きながらハンカチを出して顔にあてた。単さんは泣いているのであった。」

「涙のおさまった単さんが、さっきの事情を説明した。あの老人たちは、日本から新聞記者が取材にきたことを知って、ここまでかけつけたのだった。31年前の、あのときのすべてを、どうかくわしく知ってほしい。自分たちも、なにか訴えたい。日本の人民に知らせてほしい。そんな、やむにやまれない思いで彼らはかけつけたのだと、単さんはいった。話す人が泣きながら語るときも、単さんは感情をけんめいに押さえて正確な通訳に努めるのが常だったが、この老人たちの心情には強く打たれて、どうしても涙をこらえきれなかったという。」

 歴史的な著作を残してくれた本多勝一氏に対しては感謝するばかりですが、ネット上では事実に基づかない非論理的な誹謗中傷が溢れています。ネトウヨと呼ばれている人達は精神的に余裕が無く、自分のことだけに手一杯で他者への想像力・共感力が欠落しているようです。

 本書の最後に、高史明氏が解説文を書いています。一部を引用します。

「銃殺された死者、刺殺された死者、焼き殺され、あるいは生き埋めにされた死者、強姦されたうえ腹を切り裂かれた死者、銃剣で串刺され空中へ放り捨てられた赤ん坊の死者、そのほとんどが平和な村人であり、おとなしい労工であった。これらおびただしい数の死者こそが、生者をして、ありし日の出来事を語らしめているのである。(中略)その死者の前では、他のいかなる言葉も重みを失う。本書においては、その死者の眼ざしこそが、他のすべての言葉を超えて重く存在するのである。私たちもまた、この死者からのメッセージを、いかに受け止めようとしているかを、死者の側からまっすぐ見つめられていると言ってよい。」

「死者は怨みを言わない。ただ、無限の深みから、私たちを見つめる。見つめられている私たちが、生者として何を願い、何をなすべきかは、すでに明らかである。死者の無言の願いに応えていく方向にこそ、私たちの未来へ通じる道がある。」

最後に:
 このブログ記事の読者の皆様に本書「中国の旅」をお薦めいたします。ただし、空き時間に気楽に読める本ではありません。私自身は1989年頃に本書を読みましたが、非常に重い気持ちになったことを白状します。しかし、歴史を考えるうえで視野が広がったことは確かです。日本の歴史教育は欠陥を抱えており、それを補うためにも有効な方法だと思います。

中国の旅 (本多勝一集)

中古価格
¥649から
(2017/1/17 20:57時点)

以上

Pocket

ガンジーが指摘した「七つの社会的罪」を現在の日本に当てはめたらどうなるか?

Pocket

写真(マハトマ・ガンジー) 出典:ブログ「ものの姿と言の葉」
写真(マハトマ・ガンジー) 出典:ブログ「ものの姿と言の葉」

ガンジーという人物の説明について、以下ウィキペディアから引用:
「南アフリカで弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮した。その形は民衆暴動の形をとるものではなく、「非暴力、不服従」(よく誤解されているが「無抵抗主義」ではない)を提唱した。
この思想(彼自身の造語によりサティヤーグラハ(英語版)、すなわち真理の把握と名付けられた)はインドを独立させ、イギリス帝国をイギリス連邦へと転換させただけでなく、政治思想として植民地解放運動や人権運動の領域において平和主義的手法として世界中に大きな影響を与えた。特にガンディーに倣ったと表明している指導者にマーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ダライ・ラマ14世等がいる。」
引用終り:

 1925年10月22日、マハトマ・ガンジーは雑誌『Young India』にて、「七つの社会的罪」(Seven Social Sins)を指摘しました。

1.理念なき政治 (Politics without Principle)
2.労働なき富 (Wealth without Work)
3.良心なき快楽 (Pleasure without Conscience)
4.人格なき学識 (Knowledge without Character)
5.道徳なき商業 (Commerce without Morality)
6.人間性なき科学 (Science without Humanity)
7.献身なき信仰 (Worship without Sacrifice)

 上記の各々を、今の日本社会に当てはめて私なりに解釈しました。参考にしてください。

1.理念なき政治
 アメリカに隷従していると独立国としての気概は生まれませんし、政治に理念を期待することもできません。

写真(アメリカの議員にペコペコする安倍総理) 出典:http://news.sina.com.cn/w/p/2014-01-21/233429310152.shtml
写真(アメリカの議員にペコペコする安倍総理) 出典:http://news.sina.com.cn/w/p/2014-01-21/233429310152.shtml

2.労働なき富
 今や空虚な響きしかないアベノミクス。内閣支持率を維持するために、国民の年金積立金を何十兆円もつぎ込み株高を演出しています。将来、年金資産は消えてしまっても、海外投資家・資産家は株を売り抜けて巨額の利益を手にするでしょう。

写真(日経平均株価) 出典:ANNニュース
写真(日経平均株価) 出典:ANNニュース

3.良心なき快楽
 日本は世界一のギャンブル大国です。パチンコ業界の売上だけでも年間19兆円弱になります(2013年)。ギャンブル業界に取り込まれて中毒状態になってしまった人が数百万人います。ギャンブル依存症は病気であり、現実に深刻な社会問題になっています。
 その社会問題をさらに悪化させるような法案を安倍政権は国会へ再提出しました。カジノを合法化するためのカジノ解禁推進法案です。これには約200人の国会議員が賛同しているというから驚きです。
 ギャンブルを通して人々から金をむしり取って得をするのは、業界の経営者・天下り官僚・政治家くらいなものです。より多くの依存症患者を生み出すことは間違いないでしょう。ギャンブル行為そのものからは何も生産的なものは生まれません。人間の堕落に手を貸すだけであり、社会・経済の発展に結び付くことはありません。
 日本国民の幸福・安全・安心・健康に対して無関心である自民党政権の本質が垣間見えます。

出典:しんぶん赤旗
出典:しんぶん赤旗

4.人格なき学識
 政治家は憲法遵守義務があるのですが、安倍政権は違憲の安保法案を成立させようと躍起になっています。最近は、危機感を持って安保法案に反対の意思表示をする人が増えてきていると思いますが、無関心層の割合は依然として高いと思います。
 憲法9条については日本人ならば学校で必ず学びますが、お飾りの知識ではなく自分の血肉にするのは、実は大変なことです。下記のブログ記事を参考にしてください。

【意外?】戦争で地獄の苦しみを味わった元アメリカ海兵隊員だからこそ憲法9条の有り難さを理解できる。

5.道徳なき商業
 ブラック企業として名高いワタミの創業者である渡邉美樹氏は国会議員であり、自民党に公認され当選しました。

写真(渡邉美樹氏と安倍総理) 出典:www.logsoku.com
写真(渡邉美樹氏と安倍総理) 出典:www.logsoku.com

6.人間性なき科学
 チェルノブイリ以来の最悪事故が福島第一原子力発電所で発生し、周辺の広大なエリアが放射性物質に汚染されました。事故はいまだに収束しておらず、最終的な汚染規模がどの程度になるか予想もつきません。健康被害も含めて、今後何世代にも渡って事故の影響が続くと思われます。

写真(福島原発事故) 出典:brainz.org
写真(福島原発事故) 出典:brainz.org

7.献身なき信仰
 宗教法人である靖国神社の基本的な考えは、次の通りです。

「天皇の軍隊が行ったのは自衛のための戦争であり、侵略戦争では断じてない。日本軍の行動を邪魔する者は皆テロリストだ。我々は何も悪いことはしていないので謝罪する必要はない。」

 安倍総理は、日本が過去に行った侵略戦争の事実を認めず、過ちから学ぼうともせず、歴史を改竄することに熱心です。日本を「美しい国」にしたがっている安倍さんは靖国神社が大好きです。

出典:テレビ朝日
出典:テレビ朝日

 下のYouTubeビデオも参考にしてください。人により受け取り方は様々だと思います。

マハトマ・ガンジー 格言・金言・名言集(4分58秒)

以上

Pocket

日本人はチェルノブイリから何を学ぶべきか?→予防原則に基づいた健康被害対策の徹底を!

Pocket

出典:YouTube映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」
出典:YouTube映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

 事故が起きたチェルノブイリ原発から約140km離れたところにコロステンという名前の町があります。コロステンは、チェルノブイリ法では移住の権利ゾーンに当たります。

出典(明かり新聞)
出典(明かり新聞)

 原発事故から28年後、この町に住む人たち(主に子供たち)の健康状態がどうなっているのか、どのような対策がされているのか取材したビデオを以下に紹介します。どうぞ御覧下さい。

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」(43分17秒)日本語字幕あり

 上記ビデオの内容概略を以下に示します。

・健康を損なっている子供たちの紹介
・子供たちは年に一回、詳細な診察を受ける。
・体育の時間に突然死する子が増えたので、健康状態に応じてグループ分けをしている。
・子供の体力が持たないので、授業時間が短縮されている。
・給食は、汚染の無い食事が無料提供されている。
・原発事故前に比べて子供たちの健康状態はかなり悪化し、体力が低下した。学習面でも影響が出ている。
・白血病や癌だけでなく、様々な疾病が増加した。
・ウクライナでは原発事故のあった年から、汚染地域の子ども達を毎年保養に出してきた。
・充実した保養プログラムは無償で利用できる
・チェルノブイリ法16条に基づき、被災者の健康データベースが管理・更新されている。
・現在、人が居住している場所で年間1mSvを超えるところはない。
・ある家族の紹介。母親はチェルノブイリ原発事故当時に、事故を知らされないまま被ばくし妊娠・出産にも影響が出た。

写真(教育科学省一般教育校主任専門官コトゥセンコ・エレーナ氏) 出典:YouTube映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」
写真(教育科学省一般教育校主任専門官コトゥセンコ・エレーナ氏) 出典:YouTube映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

 さて、いまだに収束の目途すら立たない福島原発事故を起こしてしまった日本人は、このチェルノブイリ事例から何を学ぶべきでしょうか?健康への悪影響を最小限に抑えるために予防原則(注)に基づいた対策を徹底しなければならないのは言うまでもありません。

 しかし実際には、健康への配慮を欠いた非人間的施策のオンパレードです。

・放射能汚染レベルの測定が不十分で、しかも、わざと数値を低く見せている。
・チェルノブイリ基準では避難すべき場所に人を住まわせている。
・避難者への援助を打ち切り、高線量地域へ帰還せざるを得ないようにする。
・健康調査の対象範囲を狭くし、被爆による健康被害を小さく見せている。
・特定の医療機関だけに健康調査・診断を許可し、その結果を住民たちに教えない。
・福島県の農産物を福島県内の学校給食に用いて、「安全性」をアピールしている。
・汚染地域に企業が進出したり、学校を作っている。
・東京電力を初め原子力村の人間は罰せられず、賠償費用などは国民負担になっている。
・安全性の確認ができないばかりか、放射性廃棄物の処理・管理方法も確立できていないのに、全国の原発を再稼働しようとしている。
・原発の新設や輸出を目論んでいる。
・その他

 次の選挙では、最低限チェルノブイリ並みの対策を掲げる政治家・政党に一票を投じなければ自殺行為となるでしょう。

注)
 原発事故で放出された放射性物質が健康に悪影響を及ぼすことは間違いありません。しかし、そのメカニズムは複雑であり、科学的に100%確実に予測できる訳ではありません。何らかの不確実性が存在することは事実ですが、だからといって健康被害防止策を延期するという方針を採用してはなりません。深刻で取り返しのつかない被害が発生する可能性があるからです。
 以上の考え方を「予防原則」といいます。

以上

Pocket

【拡散希望!】SEALDSの安保法制解説ビデオが素晴らしい件

Pocket

出典:YouTube【#本当に止める】6分でわかる安保法制
出典:YouTube【#本当に止める】6分でわかる安保法制

 安倍政権が強引に通そうとしている違憲の安保法制(=戦争法案)は内容が解り難く、何となく面倒くさくて避けてしまっている人も多いのではないでしょうか?

 今回は、SEALDS(=自由と民主主義のための学生緊急行動)が作成したYouTubeビデオを紹介いたします。以下にリンクを貼りましたのでご覧ください。たった、6分で安保法制の要点を把握できます。

【#本当に止める】6分でわかる安保法制 (6分4秒)

 ビデオの内容を時系列で示すと次のようになります。

・安保法制の概略説明
・新3要件の曖昧さについて
・安保法制の非現実性について
・安保法制により一般国民や自衛隊員が危険にさらされる。
・そもそも安保法制は憲法違反である
・安保法制反対の口コミを広げよう
・有権者としての安保法制反対の意思表示が大事
・デモ活動が有効
・まとめ

 とても良くまとまっており、解り易いです。若者たちが一生懸命に知恵を出し合い、素晴らしい動画を制作・提供してくださったことに感謝します。彼らの活動自体が民主主義の本質を体現していると思います。

 このビデオに対して、ネット上では事実に基付かない非論理的な誹謗中傷が横行しています。一時はYouTube上で削除されてしまったほどです。反動右翼の権力者やネトウヨと呼ばれる人たちの批難が強いということは、それだけ反動政権へのダメージが大きいということです。(影響力が無ければ無視されるだけです。)誹謗中傷の嵐は、SEALDSの活動が成功していることを証明しています。

 誰が作ったとか関係なく、良いものは良いと素直に認めるべきです。上記ビデオを見た上で賛同・ご理解頂けた方は、この情報の拡散に御協力をお願いいたします。

 最後に、このビデオ内で私の印象に残った言葉を以下に引用して終わりにいたします。

「何よりも大事なことは、絶えず考え行動し、自分の言葉で声を上げ続けること。民主主義とは常に求め続けなければ消えてしまう、不完全な未完のプロジェクトなのです。ただあるがままの世界ではなく、あるべき世界を見よう。」

参考:
SEALDS(=自由と民主主義のための学生緊急行動)のホームページリンク

以上

Pocket

【性格のタイプ】安倍晋三氏とはどんな人物なのか考えてみました。

Pocket

写真(安倍晋三氏) 出典:AP・AFLO
写真(安倍晋三氏) 出典:AP・AFLO

 日本国の総理大臣である安倍晋三氏。彼に対するネット上での評判は、「死ね!ボケ!カス!」から「凛々しい立ち姿に胸を打たれます・・」までいろいろ見られます。問題発言・行動が多く、このまま総理大臣にしておくべきか悩んでいる人も多いと思います。

 今回は、安倍晋三氏の性格をなるべく正確に把握したいと思います。様々な行動の背後には性格上の問題が存在します。有権者にとって、今後の参考になると考えました。

 参考にした書籍は、「性格のタイプ:自己発見のためのエニアグラム ドン・リチャード・リソ著 春秋社 初版」です。↓

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

中古価格
¥8,400から
(2015/7/19 18:06時点)

 同書によると、性格のタイプは大きく分けて9種類存在します(P43〜P44)。

タイプ2:世話好きで、寛大で、所有欲が強く、人を操る。
タイプ3:自信に満ち、競争好きで、自愛的で、敵対的である。
タイプ4:創造力に富み、直観的で、内向的で、抑鬱的である。
タイプ5:洞察力に優れ、分析的で、変わり者で、妄想的である。
タイプ6:人に好かれ、忠実で、依存的で、嗜虐的である。
タイプ7:才能豊かで、衝動的で、極端で、躁的である。
タイプ8:自信過剰で、力にあふれ、闘争的で、破壊的である。
タイプ9:穏やかで、人を安心させ、受動的で、投げやりである。
タイプ1:主義をもち、規律正しく、完全主義的で、応報的である。

 上記9種類の性格のうち、どれが優れているとか劣っているとかいうことはありません。どのタイプにも長所と短所があります。全ての人間は9種類のうちのどれかに分類できるのですが、各自が努力することで、不健全状態から健全状態の階段を少しづつ登っていくことができます。

 安倍晋三氏は性格としてはタイプ3に属すると、私は判断しています。上記書籍のP110〜P150に、タイプ3といわれる人達に関する記述があります。健全レベルから不健全レベルに至るまで、様々な分析がされています。その中から安倍氏を理解する時に参考になると思われる部分をいくつか抜き出して、以下に引用いたします。

***************************
「主要な動機づけ:認められ、他人から抜きん出、注目を集め、賞讃され、他人に印象づけたいと願う。」

「すべての性格のタイプの中で最も自己愛的な人々である。」

「彼らは完全に自分自身にほれ込んでいるようにみえる。しかし、もっと正確にいえば、本当の自己というよりも、自分の膨張した心像にほれ込んでいる。」

「賞讃は彼らに生きていることと価値があることを感じさせる。賞讃されないと、自らの自己感覚がひどく脅かされるため、空虚さと敵意を感じる。」

「自分をほとんど無限の可能性をもった人間であると見なし、その結果、自分に関してたやすく誇大妄想的な期待を抱く。彼らは、まさに自らの価値に対するその途方もない信念ゆえに、実際に成功することもある。しかし同時に、期待が際限なく膨らむままにさせておく傾向があるため、現実から相応の報いを受けて、後述するような不幸な結果を招く。」

「良心の欠如と、自分自身に対する膨れ上がった観念は、不健全なタイプ3に、自分の内部に自分を抑制するものがなにもないため、容赦なく他人を詐取することを可能にさせる。彼らは、人々を実体として見ておらず、また、自分自身の自愛的な目的遂行のためにしかその存在価値を認めないため、人々を恥知らずに利用する。」

「見かけとは裏腹に、通常のタイプ3は、優れているどころか中身が空っぽである。彼らの包装が印象づけのためにつくられてきたので、彼らは注意を引きつける。彼らは、賞讃されるための正しい口火のつけ方を知っている。しかし、際限なく賞讃を求めることによって、自分自身から偶像をつくり出し、自分自身を崇拝し、他人にも同じようにすることを要求する。他人がその要求に応えなければ、タイプ3は、敵意をもって攻撃し、神ではなく悪魔として自分の本性を現す。」

「彼らは、幼いときですら、まるで「私は価値のある重要な人間である」と四六時中自分にいい聞かせているかのように、自信をもち、自分の価値を確信していた。」

「自分より相手は地位が低いためか、なにか公然あるいは隠れた競争で相手を負かしたために、自分がなんらかの点で勝っていると感じるときだけ、人々の周りにいて気楽であると感じる。」

「通常のタイプ3は、他のどの性格のタイプも比肩し得ないほど効率的に成功を追求する。」

「可能なかぎり早く昇進したがり、自分が求める成功を勝ち取るためならばどんなことでも進んでする。」

「通常のタイプ3にとって、威信ある肩書や職業をもつことは重要である。」

「出世を進め、自分の社会的栄光に加えるために、絶えず人々に接触し、交際を求める。「あなたはどの程度の地位にありますか。あなたにつき従っていく価値はありますか」とでもいわんばかりに、その人の威信の度合いに応じて他人を素早く判断する。」

「あまり望ましくない人々を自分たちの社交仲間から排除することによって、通常のタイプ3は自分を誰が「身内」で誰が「部外者」かを決める裁定者にする」

「彼らの外見と実際の姿とはまったく異なったものになり始める。したがって、通常のタイプ3にはまがい物的な要素がある。その言動の多くは、自らの真の姿の正確な反映ではないからである。」

「タイプ3が知的で高い教育を受けている場合はとりわけ、そこにどの程度の虚偽が含まれていてもそれを見抜くことが他人にとっていかにむずかしいかということを、強調しておくことは重要である。」

「タイプ3は、練習した見せかけのものではあるが、非常にいい印象を与える(冷静で落ち着いた“いいやつ”というのが典型である)。彼らは、きわめて洗練されていて人当たりがよく、自分の演じている役割はどんなものでも完璧にこなすことができる。しかも、彼らは常に、他人が自分の上演を受け入れているかどうかを気にかけている。
 その振舞いがあまりにも完璧であるため、他人にとってはタイプ3に欠けているものをそれとして認めることはむずかしい。しかし、十分にじっくりと見ていれば、通常のタイプ3にはなにも本質的なものがない――淀みなく洗練された外見の下には、本物の感情も、個人としての確固たる意見も、個性も、情熱もないということがわかるであろう。彼らについてはなにもかもが完璧に見えるが、さまざまな心像を足し合わせても一個の人格にはならない。欠けているのは、個人としての約束と義務の観念である。」

「通常のタイプ3は、誰かが自分の内面の空虚さを見抜くのを恐れて、真の親密さを恐れる。しかし、その少なからぬ魅力と他人に順応する能力があるので、親密さという印象を模擬的に出し、自分自身を実際以上に現す方法は知っている。」

「通常のタイプ3は、またその心像がどのようなものであれ、それを一皮むけば冷淡で計算高いため、親密さを恐れる。彼らの言動や意見や表面的な信念はすべて、実利的に、効果が上がるよう前もって計画される。生涯を通じてこうして生きてきたため、通常のタイプ3は非常にもっともらしく見える。」

「自分を導く道徳的な体系をもっていないため、唯一の指針となるものは「なにが有効に作用するか」である。通常のタイプ3は、技術的な問題を克服するのには十分向いているが、個人的な将来像はまったくもたず、真の価値観はほとんどなく、他人に対する本当の気配りを欠いているため、おおむね優れた指導者ではない。しかし、不幸なことに、タイプ3は、名声が関わってくるので、指導者の地位に引かれる。」

「彼らは、自分の業績を自慢し、重要そうに聞こえる名前をわざとそれとなく口にし、自分が達成したことを「誇大宣伝し」、自分が信じ難いほど素晴らしく聞こえるようにし、自分の行いはなんでも、他の誰の行いよりも――そして実際よりも――よく見えるようにするなどして、自分自身を執拗に宣伝し始める。」

「自愛的なタイプ3は、傲慢で、うぬぼれが強く、自分自身に強く感じ入っている。彼らは、自分は生まれながらに他人より優れていると見ており、まるでいつも「私はあなたより優れている」といっているかのようである。」

「彼らの売り込み口上はたいていは実に説得力があるので、それを見抜くのはむずかしい。にもかかわらず、彼らが非常に優れているように見えても、人々は、本物にしてはできすぎていると感づき始めるかもしれない。」

「面倒なのは、彼らは、うぬぼれが強くなればなるほど、自分自身に対する評価や成功の見込みがいかに非現実的になってしまっているかを他人に指摘されると、すぐに腹を立てることである。皮肉なことに、その大げさな見込みのために、彼らは現実には自分で自分に失望をもたらす。」

写真(テレビ番組出演中にアベノミクスを批判され激昂する安倍総理) 出典:TBS NEWS23
写真(テレビ番組出演中にアベノミクスを批判され激昂する安倍総理) 出典:TBS NEWS23

「実際のところ、自らの自己愛が絶え間なく強められていなければ、通常のタイプ3は敵意を抱き始め、以前はもっていたであろう自分自身に対するユーモアの感覚をすべて簡単に失う。」

「彼らは実利主義者であり、なにが自分の役に立つかという以外になんの信条ももっていない。」

「彼らは、進んで裏切り、嘘をつき、「忠誠」を乗り換え、一番上になるために他人を利用する。彼らは良心を発達させてこなかったので、他人を詐取しても罪の意識を感じない。くだけた言い方をすれば、不健全なタイプ3は、やり手であり、「他人を利用しても社会的成功を追求する」人間であり、状況を利用するご都合主義者である――常に他人に損害を与える。今や、彼らが愛情に欠けていることもとりわけ役に立つ。」

写真(福島原発事故により大量の放射性物質が放出されたが、健康問題は発生しないと安倍総理は断言した。)
写真(福島原発事故により大量の放射性物質が放出されたが、健康問題は発生しないと安倍総理は断言した。)

「人々は、彼らのご都合主義にときどきは気付いていても、たいていはそのことで彼らと対決するのを恐れる。不健全なタイプ3は、人々は報復を恐れて、自分の振舞いについてあえてなにかいったりしたりはしないことを当てにする。」

「彼らは拒絶されることを恐れるが、自らの自己愛と詐取性と悪意のために、結局拒絶される結果になる。他人から容認されることをそれほどに望む人物が、とても人間とはいえないとして軽蔑される。人々が賞讃したものの、あまりにも多くのものが偽りの表面、見せかけであったということがわかり、それが崩れて内側の空虚さを露呈する。」
****************************

最後に:
 繰り返しますが、タイプ3といわれる性格自体は良くも悪くもありません。上に引用記述した性格特徴は実社会の中ではよく見られるものであり、珍しいものではありません。皆さんの周囲でも観察できるのではないでしょうか?
 何はともあれ、この記事が安倍晋三氏を理解するための一助になれば幸いです。

 なお、今回参考にした書籍は「性格のタイプ:自己発見のためのエニアグラム」の初版ですが、最新版は以下となります。

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

中古価格
¥99,743から
(2015/7/19 23:37時点)

以上

Pocket

【唖然!】安倍総理の米国議会演説を「公約」と表現するNHK

Pocket

出典:ANNニュース
出典:ANNニュース

 上の写真は、安倍総理がアメリカ議会で演説したときのものです。安保法案を夏までに成立させますと勝手に約束するのはルール違反ですし、非常識ですね。安倍さんは日本国民のために働く政治家ではなく、アメリカというご主人様に仕える忠実な部下だということが改めて証明されました。

 その安倍さんのお友達である籾井さんが2014年1月、NHKの会長として送り込まれました。

写真の出典は不明
写真の出典は不明

 この政府ベッタリの経営トップの下、NHK職員たちは僅かな良心さえも完全に失ってしまったようです。典型的な例を次に示しましょう。安倍総理がアメリカ議会で勝手にしゃべった内容は「公約」なんだそうです。ニュースビデオの中で何の違和感もなくしゃべっています。どうぞ、ご覧ください。

 日本国民として少しでも問題意識が有れば、「とんでもない!」と思うはずです。読者の皆さんはどうですか?

以下に、ツイッター上の意見を引用いたします。参考にしてください。

以上

Pocket

【自衛隊員必見!】安保法案の正体は戦争法案だと30分で理解できるビデオを紹介いたします。

Pocket

出典:しんぶん赤旗(2015年6月20日)
出典:しんぶん赤旗(2015年6月20日)

 戦前回帰願望が強い安倍政権が推し進めている安保法案には様々な問題点があります。しかし、政府はゴマカシ答弁に終始し、御用マスコミも本質の隠ぺいに協力的なため、国民の理解は一向に進んでいません。

 今の日本で、安保法案の危険性・問題点を明確に理解できている人がどの位いるのでしょうか?頭が混乱し、考えるのが面倒になっている人も多いのではないでしょうか?それでは安倍政権の思う壺です。

 安保法案の問題点を短時間で整理・理解できる格好のビデオを見つけたので、以下に紹介いたします。

正体は「戦争法案」(33分22秒)

 このビデオを日本共産党が作成したものですが、非常に良くまとまっています。物議を醸している安保法案の本質を30分程度で理解できます。戦場に駆り出される可能性がある自衛隊員の人達はもちろん、自民党に投票した人もこのビデオを見て欲しいと思います。

以上

Pocket

【あなたはどっち?】「原子力緊急事態宣言」VS「福島安全宣言」

Pocket

写真(小出裕章氏) 出典:YouTube「Hiroaki Koide: "The Trouble with Nuclear Power"」
写真(小出裕章氏) 出典:YouTube「Hiroaki Koide: “The Trouble with Nuclear Power”」

 元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏が2015年4月25に日本外国特派員協会で記者会見を行い、福島の現状について要点を述べています。この内容を基にして海外メディアは世界中に情報を発信したはずです。詳細は下記ビデオをご覧ください。

「Hiroaki Koide: “The Trouble with Nuclear Power”」

 上記ビデオ中の小出氏発言の中から、一部を以下に引用します。

*****************************
「当時の野田首相という方が「事故収束宣言」というのを出しました。私はその時にも「冗談を言わないでください」と思いました。事故からずでに4年経っていますが、残念ながら事故は全く収束できないままです。」

「2011年3月11日に運転していた1号機から3号機は、原子炉が溶け落ちてしまったわけですが、その溶け落ちた炉心が、今現在どこに、どのような状態で存在しているか、誰もわかりません。なぜなら、4年経った今でも現場に行くことができないからです。人間が行けば即死します。そのため、ロボットを行かせようとしているのですが、ロボットも放射線というものに関しては大変弱いので、送り込んだロボットはみんな戻ってこられないという状態になっています。
4年経っても現場に行くようなことができないという事故は、原子力発電所以外には決して起きないという、そういう過酷な事故です。」

「仕方がないので、これ以上炉心を溶かすことはできないというので、ひたすら4年間水を注入し続けています。しかしそんなことをすれば、送り込んだ水が放射能で汚れた汚染水になってしまうということは避けようがありません。
今現在も毎日300トンから400トンというような放射能汚染水が増加しています。
それをなんとか環境に出さないようにしなければいけないということで、労働者が福島第一原子力発電所の現場で苦闘しています。」

「その労働者たちはもちろん東京電力の社員ではありません。下請け孫請け、そのまた下請け、孫請け。8次、9次、10次というような、多重な下請け関係の中で、労働者が賃金を受け取る時には最低賃金にも満たないというような労働者が現場で苦闘しています。」

「今現在、日本というこの国は自民党という政党が政権を取っていて、安倍さんという人が首相をやっていますが、安倍さんは「何よりも経済最優先だ」ということで、オリンピックを誘致しようとしています。そのために「福島第一原子力発電所はアンダーコントロールだ」と彼は言ったわけですが、残念ながらいまだに苦闘は続いていますし、これから労働者がどんどん被曝をしながら、何年も何十年も戦わなければいけないという、そういう状態になってしまっています。」

「残念ながらすでに大量の放射性物質が環境に放出されてしまいました。今この瞬間も福島県を中心にした汚染地帯で、人々が被曝をし続けているわけですが、その状況はこれから何年も、何十年も、あるいは何百年も続かざるを得ないという状況になっています。」

「放射能汚染水が増加しているわけですが、それを東京電力はとにかくタンクを作って溜め込もうとしてきました。それがここに、一群のタンク群としてどんどんどんどん膨れ上がってきているという状態です。今現在50万トンを超える放射能汚染水がこの中に溜まっています。
何れにしても福島第一原子力発電所の敷地には限りがありますので、タンクの増設も無限にできるわけではありませんし、あまり遠くない将来、「東京電力は放射能汚染水を海に流す」という、そういうことになるだろうと私は思っています。」

「そしてこういうタンクは、ほとんどが応急タンクです。きちっとしたタンクを作ろうとすれば、労働者がどんどん被曝をしてしまいますので、応急タンクしか建設できないという状態できていますし、あちこちで漏れが進んでいます。
その上、壊れてしまった原子炉建屋、タービン建屋などにも汚染水がたまって、そこからどんどん、日常的に放射能汚染水が敷地の中に漏れてきてしまって、今現在福島第一原子力発電所の敷地全体が、放射能の沼のような状態になってしまっています。」

「チェルノブイリで壊れた原子炉はたった1基ですけれども、福島第一原子力発電所では少なくても1号機2号機3号機という3つの原子炉が溶け落ちてしまっているわけで、これから何十年、あるいは何百年という期間に渡って、放射能を閉じ込めるという作業をしなければいけません。」

「福島第一原子力発電所の事故というのは、広島原爆の何100発分というような放射性物質を環境にまき散らし、今現在も撒き散らし続けている事故だということです。」

「もちろん日本の東北地方関東地方は猛烈に汚れているわけですけれども、日本というこの国は北半球温帯という地域に属していて、上空では偏西風という強ーい西風が吹いています。そのため福島から吹き出してきた放射性物質は偏西風に乗って太平洋の方向に流れていって、北アメリカ大陸の西海岸を強く汚染しています。
一つの事故がその現場だけではなくて地球全体に及ぶような汚染を引き起こす。
というようなものも、やはり原子力発電所以外には起きないはずだと思います。」

「放射線管理区域というのは普通のみなさんが立ち入ることすら禁じられる場所ですし、私のような職業的な労働者であっても、中に入ったら最後水すらが飲めないという、そういう場所です。
日本が法律を守るというのなら、およそ1万4000平方キロメートルに及ぶ場所を放射線管理区域にしなければいけないほどに汚れていると、日本国政府自身が地図に示しているのです。
しかし日本国政府は原子力緊急事態宣言を出して、「今は緊急事態だから法律を守らなくてもいい」ということにして、人々をこの汚染地に捨ててしまったのです。」

「そういう汚染の中で今、福島を中心にして、人々が被曝をし続けているわけですが、なんとか被曝を少しでも少なくしたいと言って、自分の家の周り、学校の校庭、とかいうところから、土を剥いで集めています。もちろん田畑の土を全部剥ぎ取るということもできませんし、山の線を剥ぎ取ることもできないのです。
ごくごく一部の汚染を剥ぎ取って、こういう袋に詰めて積み上げてきています。何千万袋というような袋が、汚染地帯にこんな形で積み上げられて、どんどんどんどん、今現在も増えてきてしまっています。」

「しかしこれは袋ですので、どんどんどんどん破れてきます。実際にはこのように一度は詰めたつもりでも、中から植物が袋を突き破って外に出てくるということになっていて、この袋をこれから一体どうやって管理をしていくのか、ということは今の課題になっていますし、これから何十年も何百年もこういう放射能に向き合わなければいけないという状態になっています。」

「事故は残念ながら起きてしまいました。そしてその日に原子力緊急事態宣言というのが出されて、4年以上経った今も緊急事態宣言は解除されていないのです。だからこそ、日本の法律では許されないような場所に「人々を捨てる」というようなことも今現在行われているのです。」

「日本の国家にとって一番大切なことは、自分が出した原子力緊急事態宣言というものを撤回できるように最大限の努力をするということだと私は思いますし、オリンピックなどと浮かれている場合では今はないのだと思います。
ご質問では「私が安倍さんだったら」という仮定でご質問をいただきましたが、もし、私が安倍さんであれば、まず真っ先にやることは「子供たちを汚染地帯から避難させる」ということです。」

「人類が放射線を発見したのは1895年で、それ以降たくさんの放射線被曝と健康への影響が積み重ねられてきました。その結果、現在の学問の到達点としては、「被曝というものはどんなに低いものであっても必ず健康に影響がある」というのが現在の学問の定説なのです。
だからこそ、この地球上でほとんどすべての国に「放射線の被曝に関する法律の規制がある」という、そういうことになっているわけです。
日本の場合も、「被曝には危険が伴うから、一般の方々は1年間位1mSvしか被曝をしてはいけない」という法律があるわけだし、私のような放射線業務従事者という労働者であっても、「1年間位20mSv以上の被曝はしてはいけない」ということを法律で定めているわけです。
それが全く間違いで「被曝は健康にいいんだ」というのであれば、法律でそういう制限を撤廃するというのがまずはじめにやるべきことだと私は思いますし、世界中の国々がそういう法律を決めている以上は、法律の定めによって国をきちんと運営するというのが、国の責任だと私は思います。」
*****************************

 上記の主張をする人がいる一方で、下記のようなサイトも存在します。

福島安全宣言!:福島の放射線はもう安全です。除染も必要ありません。

 このサイトの主な主張は次の通りです。

・福島の放射線は安全です!
・20キロ圏内はすでに帰還が可能な安全レベルになっています。
・原発事故による放射能で亡くなった人は、一人もいません。
・もう避難し続ける必要はありません!
・除染は必要ありません!
・日本政府は「福島安全宣言」を出してください。

 日本人の多くは小出氏の意見よりも、「福島安全宣言」を主張するサイトに共感を寄せるのではないでしょうか?その方が精神的に楽ですから・・・

最後に:
 福島原発事故に関しては、この記事で紹介した例以外にも様々な情報が存在します。「事実に立脚しているか」「論理的か」などが情報の信頼性を判断する際の基準となります。

 最終的には、自分の考えは自分で決めねばなりません。

以上

Pocket