地元住民の反対を押し切り、柏崎刈羽原発を再稼働へ!イギリスのガーディアンはどう報じたか?

 他人の失敗から学ぶことができれば賢者である。賢者になれなくても、自分が痛い目に遭って、そこから学べればまだマシである。自分の失敗からも学べず、取り返しがつかない同じ過ちを繰り返す人間は思考停止であり、論外だ。  その思考停止人間ばかりで原子力村は構成されているらしい。  福島原発事故を起こして何... 続きを読む

Pocket

Pocket

福島原発汚染水の海洋放出をたくらむ日本政府。「風評被害」という心地よいウソに逃げ込む人々。

 原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は、2017年12月14日、福島原発事故で避難指示が出された市町村を訪れ、首長と意見交換する取り組みを始めました。飯舘村村長との会談では、福島原発で増え続ける放射性トリチウムを含む汚染水の処分について「希釈して海洋放出する以外の選択肢はない。風評被害を恐れ... 続きを読む

Pocket

Pocket

原発ゼロを実現しなければならない理由:国会での専門家意見陳述を紹介。

 2011年3月に福島原発事故が発生し、原発の安全神話は崩壊しました。原発マフィアたちが何兆円というお金をかけて安全キャンペーンをしても、事実に基づかない妄想に過ぎないことが白日の下にさらされたのです。安全神話が崩壊した後は、「放射能を浴びても健康被害はない」という安心神話を流布し始めました。依然と... 続きを読む

Pocket

Pocket

【放射能汚染】海外メディアからしか得られない住民目線の情報を紹介します。

 2011年3月に発生した福島原発事故から、すでに6年半が経過しました。  政府、官僚、電力会社、建設会社、マスコミ、学者などの原子力マフィアたちは汚染・健康被害情報の隠ぺいに熱心です。その「努力」の甲斐あって、一般人の無関心さにも拍車がかかり、今では、ほとんどの国民が次のように誤解しているのではな... 続きを読む

Pocket

Pocket

福島県郡山市・二本松市の放射線測定データを紹介。なぜ、ここに人が住んでいるのか?

下図は、原発事故に伴う避難基準を示しています。 チェルノブイリ原発事故で悲惨な健康被害が多発したウクライナでは、年間追加被ばく線量が5mSv以上の地域に住むことが、法律で禁じられています。年間追加被ばく線量が5mSvというのは、内部被ばくなどの影響も考慮された国際基準の数値です。(日本では内部被ば... 続きを読む

Pocket

Pocket

保険会社から見捨てられた原発に対して政府が全額補償する理由。

 自動車の所有者のほとんどが、強制保険だけでなく任意保険にも入っていると思います。対人・対物無制限が基本でしょう。お金さえ払えば、事故による心や体の傷が癒える訳ではありません。しかし、万が一事故を起こしてしまった時に損害賠償金を払う手段を確保しておくことは、加害者・被害者にとって必要不可欠です。  ... 続きを読む

Pocket

Pocket

事故直後に上空から撮影された福島第一原発の写真を眺めてみる。

2011年3月に発生した福島原発事故は、日本人のみならず世界中を震撼させました。福島第一原発は、地震、津波、トリプルメルトダウンと爆発により破壊されました。 2011年3月20~24日の事故直後に、無人航空機で上空から撮影した会社のサイトを以下に記します。なぜか、「福島第一原発の空中写真の配信を終了... 続きを読む

Pocket

Pocket

歴代総理たちの高笑いと、苦悩する福島県農家の現実。

 次のビデオは、福島県の農家たちと日本政府との交渉場面です。2013年6月6日と書かれています。  2011年3月の福島原発事故以降、放射性物質まみれの土地で農業せざるを得ない農家の本音が語られています。発言内容の要点を以下に記します。 ************************ ・自分の作... 続きを読む

Pocket

Pocket

福島原発事故後の安全宣言や強制帰還政策は国家の犯罪行為である理由。

2017年5月10日、東日本大震災復興特別委員会が参議院で行われました。自由党共同代表の山本太郎議員による反対討論を今回は紹介します。 書き起こし始め ************************* 私は、自由・社民の会派、希望の会を代表いたしまして、福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律... 続きを読む

Pocket

Pocket

「静かなる殺人・・」放射能による健康被害は確実に広がっている。

 今回は、読売テレビ系のNNNが2016年3月13日に放映したビデオを紹介します。2011年3月の福島第一原発事故が原因で、世界中に大量の放射性物質がばら撒かれ、今現在も放出は止まっていません。メルトダウンした核燃料の位置すら正確に把握できず、廃炉の目途は全く立っていないのです。恐らく、人類が存続す... 続きを読む

Pocket

Pocket