【健康被害の拡大】過ちをこれ以上繰り返さないために必要なことは何か?

 皆さんは、「予防原則」という言葉を聞いたことがありますか?意味を以下に記します。 「人間が人工的に作り出した物質(放射性物質、化学物質、遺伝子組み換え作物など)は、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、そのメカニズムは複雑で、科学的に100%確実に予測できない場合も多いのです。何らかの不... 続きを読む

Pocket

Pocket

【福島原発事故】ドイツの科学者による健康被害報告

 IPPNW(=International Physicians for the Prevention of Nuclear War 核戦争防止国際医師会議)の理事会メンバーで、小児科医・医学博士でもあるアレックス・ローゼン氏が、福島原発事故による健康被害に関して講演をしました。  以下に、You... 続きを読む

Pocket

Pocket

【福島原発事故】汚染食料摂取による内部被ばくの危険:IPPNWレポート

 IPPNW(=International Physicians for the Prevention of Nuclear War 核戦争防止国際医師会議)という言葉を聞いたことがありますか? 以下、ウィキペディアでの説明です。 「核戦争を医療関係者の立場から防止する活動を行うための国際組織で、... 続きを読む

Pocket

Pocket

【ダマされるのも罪!】原発反対の人は自民党議員に投票してはならない。

 自民党の所属議員でありながら、反原発の旗手として発言を続け、人気の高かった河野太郎氏。どのような人物なのでしょうか? 「河野 太郎(こうの たろう、1963年(昭和38年)1月10日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、国家公安委員長兼消費者及び食品安全担当大... 続きを読む

Pocket

Pocket

あなたは「原発は避難計画を立てれば安心」だと思ってませんか?勘違いしてる人が知っておくべき事。

 最初に、2015年9月24日付の東京新聞記事「安保法・原発 どちらもさよなら 代々木公園で集会」から一部を引用します。 引用始め *****************************  安全保障関連法や原発再稼働に反対する「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」が23日、東京都渋谷区の代... 続きを読む

Pocket

Pocket

原発再稼働のためにここまでやるか!?なりふり構わぬ推進派の狂気!

 2015年8月14日に鹿児島県の川内原子力発電所が再稼働されました。原発推進側の人たちは祝杯を上げたことでしょう。  川内原発再稼働に至るまでの過程にはいろいろと問題点が多く、福島原発事故の教訓から学んだとはいえません。いくつか例を挙げます。 1)周辺火山が噴火すると危険である。  地震と火山が... 続きを読む

Pocket

Pocket

大人の10人に1人でもいい、この人の考えに賛同したら日本は変わると思う。「未来を担う子どもたちへ」

 今回は、元京都大学原子炉実験所助教:小出裕章氏からのビデオメッセージを紹介いたします。  小出氏は原子力発電に反対し、一貫して「原子力をやめることに役に立つ研究」を行なってきた反骨の研究者です。 「未来を担う子どもたちへ」 小出裕章氏よりのメッセージ(11分36秒) 以下は、ビデオメッセージの... 続きを読む

Pocket

Pocket

日本人はチェルノブイリから何を学ぶべきか?→予防原則に基づいた健康被害対策の徹底を!

 事故が起きたチェルノブイリ原発から約140km離れたところにコロステンという名前の町があります。コロステンは、チェルノブイリ法では移住の権利ゾーンに当たります。  原発事故から28年後、この町に住む人たち(主に子供たち)の健康状態がどうなっているのか、どのような対策がされているのか取材したビデ... 続きを読む

Pocket

Pocket

【悪魔の所業!】原発のゴミで作られた兵器により生命を脅かされている人たち

 世界中の原発から発生した放射性廃棄物を安全・確実に処分する方法はあるのでしょうか?途方もないお金と時間がかかる、最終処分場の候補地すら見つからない、極めて危険である、将来世代に負の遺産を残すなど、問題山積です。  これらの事実から目を背けて原発再稼働を目論んでいる人たちは犯罪者と言っていいでしょ... 続きを読む

Pocket

Pocket

【福島原発事故の真実】高線量地域から避難している人の声に耳を傾けよう!

 上の一覧表を見ると解りますが、チェルノブイリ原発事故では高線量地域に人が居住しないように厳しい基準が設けられています。健康を第一に考えれば当たり前のことです。一方日本では、高線量地域に住むことを制限しておらず多くの住民が健康を害しています。  なぜチェルノブイリと比べて基準が甘いのか? ・多く... 続きを読む

Pocket

Pocket