【子供の貧困対策が寄付頼り?】安倍政権の汚らしい意図を見抜こう!

スポンサードリンク

Pocket

 最初に、下記のYouTubeビデオをご覧ください。(44秒)

 子供の貧困対策のために寄付を呼び掛けている安倍政権のどこが問題なのか説明いたします。

1)政策の優先順位を間違えている。
 安倍政権を含めて歴代の自民党政権は、必要もない在日米軍のために、その駐留経費(思いやり予算)を大盤振る舞いしています。防衛予算を増額し軍需産業を潤すことに熱心です。経団連を初め、大企業のためには税金その他の優遇策を打ち出し、内部留保の大幅アップに貢献しています。富裕層の資産をさらに増やすため、国民から集めた年金資金を証券市場に投入して株価を操作しています。安倍総理自身の外交的体裁を整えるため、海外へ無駄なバラマキを行っています。

 その一方で、社会保障・福祉関係の予算は削り、国民負担の増大を招いています。労働規制の緩和で非正規雇用を故意に増やしたり、消費税をアップして、景気悪化の原因を作っています。子供たちは日本の将来を担う存在ですが、社会立場が弱いため特に配慮が必要なのにもかかわらず、基本的には無関心です。あまりにも経済格差が広がり、子供の貧困問題を隠せなくなってしまったために仕方なくポーズをとっていますが、税金を使って解決する気がないので政治上の優先順位は低いということが判ります。

 集めた税金は社会保障・福祉関係のために使うことを基本にしなければいけない、という大原則を安倍政権は解っていないのですね。

2)寄付という不安定な善意に頼っている。
 寄付金などという不安定な善意に頼っていたら、社会問題を解決することはできません。多額の予算と権限を警察に与えて、道路を管理・監督させているのはナゼか?車のドライバーや歩行者の注意力・思いやりだけに頼っていたら、日本中の道路が事故だらけとなり機能が麻痺してしまうからです。事故をゼロにすることは出来ませんが、ある程度安心して道路を利用することが可能なのは、しっかりしたルールを定めるとともに必要な予算・人員を掛けているからです。政治家としての意思が、具体的な形になって現れなければいけません。

 安倍政権には、子供の貧困問題を解決しようという意思がまったく感じられません。

3)政治家としての人気取りに利用している。
 安倍政権は子供の貧困問題には無関心であり、対策などやる気も無いのに、寄付の呼びかけキャンペーンをわざわざ始めたのはナゼでしょうか?来年2016年に国政選挙が予定されているため、内閣支持率を落とさないために気を遣わねばならない時期だからです。「弱い立場の国民のことを考えてくれる誠実で優しい政治家」というイメージをばら撒く必要があるのです。「国民の人権を蹂躙する不誠実な悪徳政治家」という実態を覆い隠そうとしています。これを、ブラックプロパガンダと言います。ブラックプロパガンダであっても、大手マスコミはみんな応援団ですから効果はあると思います。

 政治家の利己心に基づいた宣伝に利用されていると知ったら、実際に困窮している当事者の子どもたちはどのような気持ちになるでしょうか?

写真(子供の貧困対策) 出典:ANN
写真(子供の貧困対策) 出典:ANN

 さて、上記1)〜3)で述べたように、子供の貧困対策のために寄付を呼び掛ける安倍政権の政策には様々な問題点があります。安倍政権のやる気の無さを国民から見透かされているせいか、11月末時点で300万円程度しか寄付金が集まっていません。完全な失敗であり、当然の結果です。

関連記事リンク↓
「子ども貧困基金、寄付低調」

 冒頭のYouTubeビデオは短いニュースですが、安倍政権の汚らしい意図が充満しています。視聴者は十分に警戒しながら情報の咀嚼をしなければいけないと思います。

写真(子供が大好きな?安倍さん) 出典:不明
写真(子供が大好きな?安倍さん) 出典:不明

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です