発表!「2017年版:報道の自由度ランキング」 日本が北朝鮮に追い付くのはいつか?

スポンサードリンク

Pocket

 国際NGOの国境なき記者団は、2017年4月26日、最新版の「報道の自由度ランキング」を発表しました。調査対象の180カ国・地域のうち、日本は前年と同じ72位でした。先進主要国7カ国中では最下位であり、民主主義国としては、かなり不名誉な結果といえます。

 ランキングの推移グラフを私の方で作成しました(下図)。安倍政権になってから特に順位が悪化しています。民主党政権は短命でしたが、報道の自由度という点では自民党より優れていたのです。懐かしいですね。

図(日本の報道の自由度ランキング推移:2017年) 出典:データを基に筆者が作成

 この報道の自由度ランキングは各地の記者や専門家へのアンケートを元に作成されています。国境なき記者団は、「世界各地で民主主義が後退し、ジャーナリズムの力が弱まっている」と警告しています。日本も例外ではなく、このままでは最下位の北朝鮮(180位)と競うようになってしまうでしょう。

 日本への評価が低いのは、大きく分けて二つの原因があります。「安倍政権のメディア敵視と圧力」、および、「メディア自身の自己検閲と権力への忖度」です。日本では、記者クラブという民主主義国ではあり得ない既得権益集団が幅を利かせており、元々、ジャーナリズム(権力の監視という仕事)は絶滅危惧種だったのです。権力の広報係にならなければ記者クラブの会員にはしてもらえず、記者会見の場に参加できる機会が限られてしまうというシステムは、海外からも奇異の目で見られています。

 ジャーナリズムが本当に死滅すれば、国民にとって必要な情報(権力側にとって不都合な事実)が得られず、有権者は正しい判断ができなくなり、選挙を通じて政策を正す機会が失われてしまいます。つまり、民主主義国家にとっては取り返しのつかない事態を招くのです。実感は湧かないと思いますが、暗黒の戦前を再現したくなければ、しっかりと現実を直視する必要があります。

 過去一年間について、報道の不自由度を象徴する写真を以下に示します。参考にしてください。

写真(バラエティ番組に出演する安倍総理) 出典:フジテレビ
写真(安倍総理を無批判に礼賛する人たち) 出典:ニュース23
写真(安倍内閣の支持率推移:2017年1月:JNN)
写真(安倍首相とマスコミ幹部の会食) 出典:朝日新聞+麦は踏まれて強くなる

共謀罪により、権力者にとって気に入らない者は、逮捕・投獄されるようになります。

写真(組織犯罪処罰法改正案が成立しなければ東京五輪は開催できないと発言する安倍総理)

写真(総裁任期延長が決まって仲間と万歳する安倍晋三氏)

汚染地で人体実験を強要されてもマスコミは騒がない。

図(原発事故の避難基準) 出典:阿部憲一氏のフェイスブック投稿資料

こんな人がまだ大臣をやっているのは、マスコミの批判報道が少ないからです。

写真(教育勅語を取り戻すべきと発言する稲田防衛大臣)

官僚は図に乗って、情報を隠し放題です。

写真(森友学園との交渉記録は廃棄したと述べる財務省の担当者)

写真(記者会見でブチ切れた今村復興大臣:「原発事故の自主避難は自己責任だ!」)

マスコミは安倍総理のご機嫌を取り、内閣支持率のアップに貢献する。

写真(北朝鮮の危機を煽る一方で、喜び組と花見を楽しむ安倍総理夫妻) 出典:朝日新聞

これは北朝鮮版の喜び組です。

写真(北朝鮮:喜び組に囲まれてご満悦の金正恩氏)

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です