独裁者の横暴よりも民衆の沈黙の方が恐ろしい。受け身である限り、事態が改善することはない。

スポンサードリンク

Pocket

 反動右翼で戦前回帰願望が強い安倍政権は、国民に対してひたすら服従を要求しています。「何も考えるな。素直に言うことを聞け!」という本音がヒシヒシと伝わってきます。

写真(記者会見でブチ切れた今村復興大臣)

 選挙で自民党に投票したのは少数派にもかかわらず、国会で多数を占めているのは小選挙区制の欠陥が原因といえます。それ以外の原因としては政治的無関心層の多さが挙げられます。最近の国政選挙での投票率は約5割という有様です。政治的・社会的な問題は厄介事なので考えないようにしているのでしょうか?

出典:asahi.com

図(2014年の衆院選における自民党獲得票数と棄権者数の比較) 出典:数値は総務省集計データ通りだが、図自体の出典は不明

 日本人は民主主義制度の中で生きていますが、自発的隷従という病理を抱えています。フランス人のエティエンヌ・ド・ラ・ボエシが書いた「自発的隷従論」の中からいくつか要点を引用します。

引用始め
***********************
「仮に、二人が、三人が、あるいは四人が、一人を相手にして勝てなかったとして、それはおかしなことだが、まだ有りうることだろう。その場合は、気概が足りなかったからだと言うことができる。だが、百人が、千人が、一人の圧制者のなすがまま、じっと我慢しているような時、それは、彼らがその者の圧制に反抗する勇気がないのではなく、圧制に反抗することを望んでいないからだと言えまいか」

「これは(支配者に人々が隷従していること)、どれほど異様な悪徳だろうか。臆病と呼ばれるにも値せず、それふさわしい卑しい名がみあたらない悪徳、自然がそんなものを作った覚えはないと言い、ことばが名づけるのを拒むような悪徳とは。」

「信じられないことに、民衆は、隷従するやいなや、自由を余りにも突然に、あまりにも甚だしく忘却してしまうので、もはや再び目覚めてそれを取り戻すことができなくなってしまう。なにしろ、あたかも自由であるかのように、あまりにも自発的に隷従するので、見たところ彼らは、自由を失ったのではなく、隷従状態を勝ち得たのだ、とさえ言いたくなるほどである。」

「先の人々(生まれながらにして首に軛を付けられている人々)は、自分たちはずっと隷従してきたし、父祖たちもまたその様に生きて来たという。彼らは、自分たちが悪を辛抱するように定められていると考えており、これまでの例によってその様に信じ込まされている。こうして彼らは、自らの手で、長い時間をかけて、自分たちに暴虐を働く者の支配を基礎づけているのである。」

「それにしても、なんと言うことか、自由を得るためにはただそれを欲しさえすればよいのに、その意志があるだけでよいのに、世の中には、それでもなお高くつきすぎると考える国民が存在するとは。」

「隷従する者達は、戦う勇気のみならず、他のあらゆる事柄においても活力を喪失し、心は卑屈で無気力になってしまっているので、偉業を成し遂げることなどさらさら出来ない。圧制者共はこのことをよく知っており、自分のしもべたちがこのような習性を身につけているのを目にするや、彼らをますます惰弱にするための助力を惜しまないのである。」
*********************
引用終わり

 自発的隷従という悪徳で埋め尽くされている日本。その結果、社会の劣化は極限レベルに近づいています。例を挙げます。

1)福島原発事故という未曽有の災害を起こした原発マフィア達がだれも裁かれない。

【巨大犯罪!】福島原発事故で誰も裁かれないのは異常だ:ジャパンタイムズの記事内容紹介

2)放射性物質による健康被害は隠ぺいし放題。

「報道ステーション:福島の甲状腺がん」を見た人へ →原発事故の健康被害はもっと広範囲で、かつ、病気の種類も多種多様である。

3)原発事故の加害者である国が、被害者である避難者に責任を押し付け、一方的に支援を打ち切る。

【権力者が弱者に責任を押し付けるための道具】自己責任論の悪用を絶対に許すな!

4)雇用が不安定化し収入が減り、税金・保険料・物価が上昇してもひたすら我慢する。

【絵を見て理解しよう】アベノミクスで暮らしはどうなったか?

5)長時間のサービス残業をさせられても文句一つ言わない。

【安倍政権が月100時間の残業を提案!】政府自ら過労死を推進。経団連と連合は蜜月の関係。労働者が何も言わねばブラック企業が栄えるのみ!

6)教育勅語を学校教育で活用することを許容する政府

写真(教育勅語を取り戻すべきと発言する稲田防衛大臣)

 戦争の原因になったという理由で、戦後は廃止の国会決議がされたのに、それを再び復活させるということです。旧日本軍に侵略された国々から見ればケンカを売っているとしか見えないでしょう。日本は歴史から学べない国だという国際的な評価がますます強固になりました。「美しい国」が台無しですね。

安倍内閣の閣僚はほとんど全員が教育勅語の信奉者だ!教育勅語がなぜ憲法違反なのか解説する。

 上記1)~6)は独裁安倍政権の滅茶苦茶ぶりを例示したものです。これらの事象に対して海外メディアは驚愕するとともに、首をかしげています。まともな民主主義国家であれば、とっくの昔に政権は転覆しているはずです。なぜ、安倍政権は安泰なのでしょうか?

 政権の横暴が許され続けているのは、御用メディアの政権御機嫌取り報道も大きな原因です。しかし、それを支えているのは日本国民全体にみられる受け身的姿勢(自発的隷従)なのです。大海に浮かぶクラゲの大群を連想せずにはおられません。

 ここで、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者:キング牧師の歴史的名言を引用します。

「問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める。」

「最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。」

「確かに、服従することは、安易な道である。しかし、道徳的な道ではない、臆病者の道だ。」

「圧制者の方から自由を自発的に与えられることは決してない。しいたげられている人間の方から要求しなくてはならないのだ。」

「最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。」

写真(マーティンルーサーキング牧師) 出典:togetter.com
写真(マーティンルーサーキング牧師) 出典:togetter.com

最後に:
 民衆一人一人が自分の問題として能動的に解決に向けて行動しない限り、事態が改善することはありません。死ぬ前に後悔したくなければ、自発的隷従などという情けない生き方から一刻も早く脱却すべきだと思います。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です