熱中症を警戒し屋外の運動を控えるべき時期にオリンピックを開催するのはナゼか?

スポンサードリンク

Pocket

 東京オリンピックは、2020年の7月24日から8月9日にかけて開催される予定です。統計的には猛暑が予想される時期ですが、特に屋外で行われるスポーツ競技で選手が熱中症にならないか心配です。

 私が個人的に一番心配しているのはマラソンです。まだ二十代の頃、真夏に10kmを50分位かけて走ったことがありますが、その時はフラフラになった記憶があります。昔どこかのオリンピックで、30℃を超えた条件でマラソンを行った結果、優勝候補の一流選手が途中で倒れ棄権した場面をテレビで見たことがあります。夏の暑い時期に炎天下で長距離走るのは危険なのです。野生動物たちは暑いときには日陰でじっとしています。あの姿が正しいのです。

 私が小学生だった頃は、学校行事として2〜3km程度のマラソンに取り組んでいましたが、冬の一時期だけでした。正月恒例の箱根駅伝も冬の寒い時期に行われます。夏季オリンピックと呼ばれてはいますが、熱中症で毎日多くの人が救急車で運ばれるような時期をわざわざ選ぶ必要はないはずです。ナゼ、もっと涼しい時期に開催しないのでしょうか?理由は下記の通りです。

アメリカでは、アメリカンフットボール・バスケットボール・アイスホッケー・野球の4つの人気スポーツがある。

野球は夏の時期も行われるが、それ以外の3つは夏以外の時期に実施される。

何か大きなスポーツイベントは夏にやってもらった方が全体としてうまく分散できる。

もしもオリンピックを秋などの涼しい時期に開催すると、他の人気スポーツ番組の視聴率を下げる原因になる。オリンピックのテレビ視聴率を抑制する原因にもなる。結果、スポンサー収入が落ちてしまう。

オリンピックを夏に開催すれば年間を通した番組視聴率を高くすることができるのでスポンサー料が多くなる。

IOCは、アメリカテレビネットワークから支払われる放映権料に依存しているので、視聴率を高くした方が収入が多くなる。

IOCはオリンピック開催候補地に対して、7〜8月に実施するよう要請した。

 熱中症を防ぐといった健康管理は後回しにして、金儲けを優先する構図が良く理解できます。1964年の東京オリンピックは10月、1988年のソウル五輪は9月中旬から10月初めに行われていますが、1990年以降は、シドニーを除きすべてが夏の炎天下に実施されています。

 2017年7月24日のNHKのニュースで、「今日で東京五輪の開会式まで3年となりました。」と説明していましたが、その直後の天気予報で、「熱中症には厳重な警戒を」「野外での運動は控えてください」と言っていました。もはやギャグにしか思えませんね。

 熱中症の危険があると分かっているなら、オリンピックの開催を喜んではいけないし、理不尽な真夏開催の背景を探るなどしてほしいものです。とにかく、オリンピック憲章の精神に従って、安全という目に見えにくい部分をもう一度考え直す時期に来ていると思います。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

「熱中症を警戒し屋外の運動を控えるべき時期にオリンピックを開催するのはナゼか?」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。初めまして。時々拝読させていただいています。成る程と思う良い記事が多いので、ツィッターに投稿させていただきます。

コメントは停止中です。