あなたの「見て見ぬふり」は、最悪の結果を招くかもしれない・・?重要事例を3個紹介。

 今回は、分かっていながら見て見ぬふりをすることがどんなに危険か、どれだけ高くつくかを論じたいと思います。項目としては、次の3つです。 1)ブラック企業の蔓延 2)アスベストによる健康被害の実例 3)放射性物質による健康被害 1)ブラック企業の蔓延  ブラック企業という言葉はすっかり市民権を得た感が... 続きを読む

Pocket

Pocket

【簡潔でも印象深い!】社会の本質を的確に表現するジョージ・カーリンの言葉

 ジョージ・カーリンというアメリカのコメディアンがいました。彼は、ユーモアを交えた毒舌でアメリカ社会や政治権力を批判し、人気を博しました。とても分かりやすい言葉で物事の本質を突き、結果として、人々の脳裏に残り続けるのです。  彼の言葉の一例を、以下に引用します。 引用始め ************... 続きを読む

Pocket

Pocket

日本の「美しい」ところだけでなく、世界最悪レベルの分野にも注目しよう。

 「日本は素晴らしい、美しい」と、日本を礼賛する風潮が強まっています。確かに、日本という国には良いところがたくさんあります。しかし、問題点やその原因に目を向けないと社会が進歩しません。問題点は、事の本質を表すことが多いのです。  日本社会の問題点、特に、世界各国との比較で最悪レベルといえる分野を今... 続きを読む

Pocket

Pocket

【北海道不明男児保護】海外メディアはどう報じたか?イギリス:ガーディアン記事の紹介

 北海道での不明男児捜索および発見については、日本国内で大きなニュースになりました。この件を海外メディアはどのように報じたのでしょうか?一例として、イギリス:ガーディアンの記事を紹介いたします。 2016年6月3日付け記事のリンクを以下に示します。かなり詳しく報じています。 「The extraor... 続きを読む

Pocket

Pocket

哲学を喪失した日本企業の病的体質を考える。

 企業不祥事が絶えません。報道されているのは氷山の一角に過ぎないと思いますが、最近の代表例を再確認しましょう。 1)  自動車メーカーのスズキは、軽自動車全16車種の燃費データ測定を、国の規定とは異なる不正なやり方で実施していた。 2)  ベネッセホールディングスは、「進研ゼミ」の大量の顧客情報流... 続きを読む

Pocket

Pocket

【タックスヘイブン】富裕層の税逃れ問題まとめ

 いわゆるパナマ文書の流出・公開を通じて、富裕層がタックスヘイブン(法人税や所得税が低い国や地域)を悪用して租税回避を行っている実態が、徐々に知れ渡るようになってきました。下図は、租税回避の仕組みを解りやすく示したものです。  富裕層や企業は複雑な経路を用いて、多額の資金をタックスヘイブンに移しま... 続きを読む

Pocket

Pocket

【パナマ文書問題】富裕層の税逃れを擁護してはならない。社会の根幹を揺るがす問題を直視せよ。

 小賢しい悪知恵を使って富裕層が税逃れしている実態がパナマ文書により明らかになりました。国家の根幹を揺るがす問題を認識するきっかけを与えてくれたのです。情報を入手し公開した人は多大な貢献をしたと言っていいでしょう。  公開された文書には日本人や日本企業の名前が多数含まれています。詳しくは、下記リン... 続きを読む

Pocket

Pocket

弱い者イジメが蔓延する国は衰退するのみである。上に対してモノを言わねば民主主義は育たない。

 戦後から今日に至るまで、日本では実質、アメリカの植民地状態が続いている。アメリカにとって利用しやすい、搾取しやすい国にするためにはどうしたらいいか?日本の官僚とアメリカ高官は日米合同委員会で定期的に話し合っている。自民党はその決定を実行するための部隊に過ぎない売国奴集団なのだ。(詳細は下記文献を参... 続きを読む

Pocket

Pocket

【どう解釈するかは自由】社会問題を考えさせてくれる絵を紹介します。

 今回は、下記リンク先の記事を紹介いたします。 「20 Chilling Photos that will Force You to Look at the Darker Side of Our Society」(社会問題を考えるきっかけになる20枚の絵)  リンク先には、ポーランドの画家が描いた絵... 続きを読む

Pocket

Pocket

【冤罪事件多発!】中世の野蛮国家を体現している日本

 そのあまりに杜撰で野蛮な刑事司法システムゆえ、「日本は中世の国か?」と国際社会が揶揄するようになってから久しい。野蛮国日本を象徴する冤罪事例を新聞記事で見つけた。 リンク: 「検察、有罪立証せず 「自然発火」になお反論 再審結審」  1995年、大阪市東住吉区の民家火災で小学6年の女児が焼死した... 続きを読む

Pocket

Pocket