【まるで他人事!】子ども食堂に対する安倍総理の偽善メッセージを批判する。

スポンサードリンク

Pocket

 最近、新聞でも取り上げられることが多くなった「子ども食堂」。定義としては次の2種類があるそうです。引用します。

1)共生食堂型:
 貧困家庭の子たちだけを相手にするわけではない。 そうでない子どもたちも、そしてまた大人たちにも、来てほしい。 多くの人たちがごっちゃに交わる交流拠点のイメージ。みんなでわいわいやりながら、食卓を囲み、思い思いに過ごす、寄り合い所のイメージ。

2)ケア付き食堂型:
 たとえば貧困家庭の子に学習支援を行う無料塾がある。 行政や学校の紹介で子どもたちが通い、教師経験者や大学生など一定のノウハウを持つ者が対応する。 それの食事版とイメージすると、わかりやすい。 無料塾が学習面での相対的落ち込み(格差)を挽回するために行われるように、D型は食事面・栄養面での相対的落ち込みを挽回するために開かれる。 そして、一緒に食卓を囲むことを通じてつくられた信頼関係を基礎に、家族のこと、学校のこと、進路のことといった子どもの生活課題への対応(課題解決)を目指す。

引用記事のリンク:
「こども食堂」の混乱、誤解、戸惑いを整理し、今後の展望を開く

 貧富の格差を拡大する政策が長らく続けられてきたため、社会的弱者がそのしわ寄せを受けています。子ども食堂が日本中で広がっているのは、政治の貧困が原因なのです。このような基本的事実を知らない安倍総理は、次のようなメッセージを社会的弱者である子どもたちに送りました。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%82%92%e6%8b%85%e3%81%86%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b8%ef%bc%88%e5%ae%89%e5%80%8d%e7%b7%8f%e7%90%86%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb

 このメッセージに対しては多くの人が批判の声を上げています。代表的なものを以下に記します。参考にしてください。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J Iwasaki

J Iwasaki

大学卒業後、民間企業に勤めています。 皆さんに役立つ情報を提供したいと思い、ブログを始めました。 気軽に読んで頂けると嬉しいです。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です