日本で民主主義が機能しない原因をマズローの欲求段階説に基づいて考察する。

Pocket

 アメリカの心理学者であるアブラハム・マズローは、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化しました。

%e3%83%9e%e3%82%ba%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%ac%b2%e6%b1%825%e6%ae%b5%e9%9a%8e%e8%aa%ac

 人間は機械ではないので、この図通りにきっちり段階を踏むわけではありませんが、人間を心理学的に理解するのに役立つ考え方です。低次の欲求から順番に説明していきます。

1)生理的欲求
 生命維持のための本能的な欲求で、食事・睡眠・排泄などが挙げられます。丸々三日間飲まず食わずだと人間は理性を失います。そんな状態の人にルール遵守を説いても無駄でしょう。

2)安全の欲求
 事件や事故に巻き込まれない、経済的に安定している、健康状態が良好である、万が一健康を損ねても社会保障制度により最低限度の生活が約束されている、などが挙げられます。

3)社会欲求と愛の欲求
 家族・地域社会・会社などの組織に属して、自分は必要とされているという感覚です。人間にとって住所不定・無職・天涯孤独という状況は耐え難いものです。

4)承認の欲求
 例えばサラリーマンならば、上司から評価されたい、後輩・部下から尊敬されたい、肩書きや権限が欲しい、などが典型的ですね。この欲求が強すぎて自己中心的な態度をとり続けると、組織内で疎んじられ、誰からも相手にされなくなります。

5)自己実現の欲求
 天職を得て、自分の能力を存分に活かして活躍するという状態です。サラリーマンではよっぽど運が良くないと難しいでしょうから、好きなことで独立起業して活躍するというイメージでしょう。

 欲求段階説を唱えたマズローによると、5つの欲求すべてを満たした人間には以下の15の特徴が見られるといいます。(ウィキペディアより)

1.現実をより有効に知覚し、より快適な関係を保つ
2.自己、他者、自然に対する受容
3.自発性、素朴さ、自然さ
4.課題中心的
5.プライバシーの欲求からの超越
6.文化と環境からの独立、能動的人間、自律性
7.認識が絶えず新鮮である
8.至高なものに触れる神秘的体験がある
9.共同社会感情
10.対人関係において心が広くて深い
11.民主主義的な性格構造
12.手段と目的、善悪の判断の区別
13.哲学的で悪意のないユーモアセンス
14.創造性
15.文化に組み込まれることに対する抵抗、文化の超越

 これら15個の特徴には、民主主義社会を機能させるために重要なものがたくさん含まれています。民主主義が根付いた暮らしやすい社会を実現するには、優秀な政治家をたくさん国会へ送り込める優秀な有権者が必要です。

 実際には政治家の劣化は目を覆うばかりですが、それは、有権者の劣化が原因です。どんな搾取政策を取られても諦めるばかりで政治には一向に関心を持たない。欲求不満を社会的弱者をイジメることで解消する堕落ぶり。上に対して声を上げる勇気も気力もない。ウソと偏見の塊でしかない「常識」に流され、問題意識を持てない。目先の損得勘定に支配され、道徳心もなく、自分の発する言葉に責任を持つこともできない・・・

 現在の日本では、民主主義の前提ともいえる上記15個の特徴を身に付けるのが難しくなっています。それは、低次の基本的な欲求が満たされていないのが原因です。

 生活保護の捕捉率が2割程度であり、多くの人が人間としての最低レベルの生活をできていません。健康を損ねても、経済的な事情で病院へ行くのを控えるケースが増えています。原発事故で避難を余儀なくされ、口には出さなくても内部被ばくの恐怖に怯えながら暮らしている人が大勢います。奨学金という多額のローンを抱えて、ブラック企業で非正規労働をさせられれば、結婚して家庭を営む余裕は生まれません。地域社会の一員として活動しようという意識も生まれません。学校では有無を言わせず日の丸・君が代を強要していますが、奴隷的な振る舞いをすることを厭わない人間が高く評価される世の中です。これでは承認欲求は満たされないし、自分を好きにもなれません。

 前出の15の特徴は衰退するばかりで、民主主義を機能させにくくする土台がどんどん強化されているのです。統治権力にとっては、もちろんこの方が都合がいいのです。1%が99%から搾取する格差社会では、生活上の基本的欲求が満たされにくいので、民主主義という高度なシステムは育ちません。逆に、独裁者を歓迎し、愚かな政治家が称賛される風潮を生み出します。

 有権者一人一人が考えるべき問題だと思います。

以上

Pocket

【オススメ】美味しんぼ「福島の真実」編は秀逸なルポルタージュである。

Pocket

 「美味しんぼ」はグルメ漫画として一世を風靡し、単行本の累計売上部数は1億冊を超えている。福島原発事故後、鼻血の描写でバッシングされたのは記憶に新しい。

 『ビッグコミックスピリッツ』2014年22・23合併号に掲載された「美味しんぼ 第604話 福島の真実その22」において、次の描写が批判の的になった。

・登場人物が福島第一原発に取材に行った後、疲労感をおぼえたり鼻血を出したりするなど、体調の異変を訴えた。
・前福島県双葉町長の井戸川克隆氏が「私も鼻血が出ます。私が知るだけでも同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです。」と言った。

図(美味しんぼの一場面)
図(美味しんぼの一場面)

 これらの描写に対して、作者や編集部に対して猛烈なバッシングが起こり、現職の大臣までもが不快感を表明するなど異常な事態となった。

 しかし、福島の鼻血問題を最初に提起したのは美味しんぼではなく、実は自民党なのである。2012年4月25日参議院の憲法審査会に出席した自民党議員の山谷えり子氏は、井戸川克隆氏の「私も鼻血が出ます。私が知るだけでも同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです。」という趣旨の発言を引用し、当時の民主党政権に対して、「双葉郡民は憲法上の国民ではないのか」と、対策を迫っている。不思議なことに、この時の国会での発言に関しては、政府も自民党も県も双葉町も一切問題としておらず、批判は起こらなかった。

 民主党政権時代に野党の自民党が鼻血問題を提起しても問題にならないが、安倍自民党政権下で『ビッグコミックスピリッツ』が鼻血場面を描写すると大問題になる。この奇怪な現象は、報道の自由度ランキングの推移を確認すれば納得できる。

図(日本の報道の自由度ランキング推移:2016年) 出典:データを基に筆者が作成
図(日本の報道の自由度ランキング推移:2016年) 出典:データを基に筆者が作成

 民主党政権は短命で終わったが、報道の自由度については世界的な評価が高かった。しかし、自民党の安倍政権が樹立されて以降、ランキングは急降下し、報道機関に対する圧力が露骨になった。大手御用マスコミの自主規制は特にひどく、政府にとって都合の悪いことはほとんど報道されなくなった。このような状況下で原発推進側にとって触れて欲しくない鼻血問題が提起されれば表現者側が叩かれるのは当然の結果であろう。「私も鼻血が出ます。私が知るだけでも同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです。」という発言や鼻血の描写は事実なので問題はないが、それを受け止めなれない環境になってしまったのである。

 さて、鼻血問題で世間の認知度をさらにアップした漫画「美味しんぼ」だが、「福島の真実」編が納められている単行本の110巻と111巻を購入して読んでみた。グルメ漫画だけあって福島県の郷土料理のことがたくさん紹介されている。作者自身の福島県に対する思い入れが強く、根底で福島県民に対する温かい気持ちを感じ取ることが出来た。その一方で、放射性物質に汚染された厳しい現実もしっかり指摘している。権力の御機嫌取りをすることもなく、心地よいウソに流されず、事実を積み重ねて結論を出そうとするスタイルはルポルタージュと言ってよい。漫画という表現方式を用いた秀逸なルポルタージュである。

 今はバッシングの対象となっているが、遠い将来には歴史的な高い評価を受けることになるだろう。以下にリンクを示すので、実際に読んでみることをお勧めする。

美味しんぼ 110 (ビッグコミックス)

新品価格
¥669から
(2016/11/23 18:05時点)

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)

新品価格
¥756から
(2016/11/23 18:06時点)

 「美味しんぼ」110巻と111巻から、海原雄山(登場人物の一人)のセリフをいくつか引用する。

引用始め:
************************
「この畑も、風向き次第では放射性物質を浴びただろう。風向き次第でこの豊かな自然を失っていたかと思うと、身の毛がよだつ。この、“危機と紙一重”というのが、福島の真実だ。」

「豊かな南相馬の地に、今は入ることができない。南相馬だけではない、いくつかの地域に立ち入ることができなくなった。それは国土を喪失したに等しい。」

「安全なものは安全、危険なものは危険、きちんと見極めをつけることが福島の食材には必要なのです。消費者に真実を伝えなければいけない。」

「いったいどれほど貴重なものをわれわれは喪失してしまったのか。豊かさも喜びも輝きも幸せも。失ってはならぬものを失ってしまった。」

「真実を知らせたくない人間。何もかもうやむやにごまかしたい人間。そしてその嘘の上塗りに手を貸すマスコミ。」

「心温かくわれわれをもてなしてくれるひでじい。美しい山、さわやかな山菜。何一つ欠けるもののない素晴らしさだ。それなのにどうしてみんなの心はこわばってしまったのか。それはこの美しく豊かな福島の大地を、目に見えぬ凶悪なものが覆っているからだ。この凶悪な存在が福島の大地を深く傷つけ、人の心を凍えさせる。これが福島の真実だ。」

「原発安全神話が崩れたから、今度は放射線安全神話を作る気だ。」

「問題は、幸運にも山に囲まれて放射性物質の直撃を避けられて、安全とされている古殿町の生産物でも、食べるか食べないかは自己の責任で判断することを要求されるというこの事実だ。」

「あちこちで人々の生き甲斐が奪われていっている。これが福島の真実だ。」

「(福島原発の視察を終え)一番の印象は、破壊の程度が想像をはるかに超えていて、それに対する処置がすべて応急処置でしかないことだ。」

「放射線の被害というとガンのことばかり取り沙汰されるが、政府は体のあらゆる症状について予見を持たずに調査すべきだ。」

「あの方たちの平和な生活を奪った東電と国は、あの方たちの人の良さ、我慢強さをいいことに何も責任を取っていない。」

「政府は、自分たちと東電の利益のために、福島を安全だと言う。」

「福島に住んでいる人たちの心を傷つけるから、住むことの危険性については、言葉を控えるのが良識とされている。だが、それは偽善だろう。低線量の放射線は安全性が保証できない。国と東電は福島の人たちを安全な場所に移す義務がある。私は一人の人間として、福島の人たちに、国と東電の補償のもとで危ない所から逃げる勇気を持ってほしいと言いたいのだ。特に子供たちの行く末を考えてほしい。福島の復興は、土地の復興ではなく、人間の復興だと思うからだ。」
************************
引用終わり

 鼻血問題で猛烈なバッシングを受けた後、沈黙を守っていた原作者の雁屋哲氏が次の書物を出版した。

美味しんぼ「鼻血問題」に答える

新品価格
¥1,512から
(2016/11/23 18:07時点)

 本書では、「風評被害」だと騒いでバッシングを行った者たちに対する反論がされている。漫画で描いた汚染状況に関して補足説明をするとともに、内部被ばくの恐ろしさについても詳述している。そして最後にこう結論付けているのだ。

「福島の人たちよ、自分を守るのは自分だけです。福島から逃げる勇気を持ってください。」

 たとえ悪者になっても、勇気をもって真実を語るのが自分の生き方だと、原作者:雁屋哲氏は述べている。なかなか出来ることではない。この本を読むと、「福島を食べて応援しよう」などと言っている人間の軽薄さが良く理解できる。

 美味しんぼ:110巻、111巻と合わせて読まれることをお勧めする。

以上

Pocket

【常識を疑うべき!】買ってはいけないもの、使ってはならないものを知ろう。

Pocket

%e4%ba%8c%e5%8c%b9%e3%81%9d%e3%82%8d%e3%81%a3%e3%81%a6%e7%9b%ae%e3%82%92%e4%b8%b8%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8b%e7%8c%ab%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 世の中に流布している「常識」はウソと偏見で充満していると思います。総理大臣という立派な肩書を持っている人の言うことを聞いていれば間違いない、と思い込んでいる人が多いのには驚かされます。

 我々消費者が利用している商品やサービスについても「常識」を疑う必要があると思います。有害無益なだけでなく、取り返しがつかない事態を招きかねない代物が多いのです。今回は、消費者が気付くべき事実を提示してくれる書物を紹介します。

知ってはいけない!?―消費者に隠された100の真実

中古価格
¥3,594から
(2016/11/23 10:46時点)

 本書の各章最初のページを引用します。

*************************
第1章:洗たくも、美容もナチュラルがいちばん!
・ドライより、せっかん手洗いがベスト!
・クリーニングで毒物残留“やけど”まで・・・
・合成洗剤から、自然なせっけん派へのおすすめ
・シャンプー、ボディ、歯みがきもせっけんで
・最高の整髪料は、水と天然椿油なのです
・整髪料に毒物、毛染め・日焼け止めは発ガン物質
・化粧品の正体は有毒・刺激物のエッセンス
・エステ・コンタクトに潜む恐るべき被害例

第2章:食べまちがいは生きまちがい 砂糖、油、お肉、牛乳の“甘いワナ”
・低血糖症―甘党がイラつく理由
・人工甘味料・・・。“甘味”に潜む毒性
・イオン・スポーツ飲料飲ませるな
・腹六分でデブと老化にオサラバ!
・市販サラダ油は買ってはいけない
・エコナ、マーガリンは・・・狂った油
・肉好き、牛乳好きほど早死にする
・肉に成長ホルモン、野菜に硝酸塩
・水道水そのまま飲むと3倍発ガン?
・大手浄水器から有毒銀イオンが・・・
・清涼飲料水に有毒ベンゼン生成とは

第3章:現代人は、なぜキレル?脳を狂わす化学物質汚染
・環境ホルモンで精子激減、脳はキレル
・プラスティック添加物ビスフェノールA
・“毒”が溶け出す!缶詰、プラ食器はやめろ
・「ホカ弁」チン!で環境ホルモンが溶出した
・カップめんからも大量溶出!食べるな
・スチレン樹脂は神経毒物、発ガン物質
・さらば!「サランラップ」「クレラップ」
・フッ素処理「テフロン加工」に発ガン性

第4章:ガン治療で毎年25万人が“殺されている!”
・「抗がん剤はガンを治せない」厚労省
・「ガン検診」受けた人ほど早く死ぬ!
・「笑い」はガンのベストの治療法です
・病気の原因は医者とクスリだった・・・!
・“覚醒剤”タミフル、リタリンで自殺増
・風邪を治せぬ“風邪グスリ”で飲むほど悪化

第5章:家族の心とからだを蝕む“殺人住宅”
・化学物質、電磁波、コンクリートの怖さ
・459種類もの有毒な化学物質を使用!
・アスベスト・・・今後10万人超が殺される
・団地・マンション族は9年も早死にする
・焼死ではなく青酸ガス中毒の“煙死”だ
・「防虫畳」から“脳毒”有機リン農薬が
・バルサン・・・虫は消えても“毒”消えず
・「欠陥溶接」ビル―9割以上が手抜きだ
・液状化、ゆっくり地震で超高層ビル倒壊
・超高層マンション住人ほど心身は不健康
・塩ビクロス・・・9割がビニールハウス住人
・水道管に発ガン塗料が塗られてきた恐怖
・火を吹く家電、破裂ボルトなど謎だらけ

第6章:見えない恐怖 人類“最後の公害”電磁波に気をつけろ
・高圧線でガン、白血病、自殺増・・・
・携帯電話で脳しゅよう4倍とは!
・メール中毒“ゲーム脳”で認知症に
・IH調理器で流産、ガンが多発する
・電子レンジで調理した食品はヤバイ?
・ホット・カーペットは極めて危険だ
・電気カミソリで皮ふガン!―剃刀に換える
・「自動改札」「防犯ゲート」に近づくな
・ガン、白血病・・・近けりゃ怖い東京タワー

第7章:気をつけろ!“毒”まみれの「食」「農」「医」
・狂牛病・・・バーガー、牛丼好きの末路?
・殺虫剤10倍で虫害2倍のジレンマ
・虫除けスプレーで子どもに事故多発
・抗菌グッズで湿疹、頭痛、咳、ただれ
・ペット感染症―噛まれて死亡例も!
・お年寄りに注意・・・レジオネラ菌肺炎
・農薬の95%は肉と牛乳から体内へ
・コンビニ弁当喰わせたブタに死産続出
・農薬残留、白菜3枚で金魚10匹死んだ
・アルミは有毒金属―鍋、ホイルに注意
・“アルミの粉末”市販胃腸薬はすぐやめろ!
・アルツハイマー発病はアルミ汚染も疑え
・体が鉛汚染されているほど犯罪に走る
・アジア食品―危ないのは中国だけじゃない
*************************

 この本に書いていることを100%実行するのは難しいと思います。我々の周囲にはまがい物が溢れるようになってしまったからです。しかし、知っているのと知らないのでは天と地の差が生まれます。知っていれば、意識的に避けることが可能になります。間違った選択を少しづつでも避けていけば、長い人生では大きな差になって現れます。多くの人が間違った選択を避け、正しい選択をするようになれば、商品・サービス提供者に対する圧力になり、是正を促すことができます。性懲りもせずに害毒を流し続けるような業者を淘汰することが出来るのです。

 とにかく、正しい事実をより多くの人が知るべきなのです。知ることが出発点です。知らなければ行動を起こすきっかけすら得ることができません。今回紹介する書物が何らかのお役に立てば幸いです。

知ってはいけない!?―消費者に隠された100の真実

中古価格
¥3,594から
(2016/11/23 10:46時点)

以上

Pocket

今の日本を1枚の画像で表現する。

Pocket

これで暴動が起きないのが不思議です。

福島原発事故による放射能汚染が典型的ですね。心地よいウソに流されている人がほとんどです。左の列に並ばない限り進歩はありません。

この写真を見ても何も疑問に感じない人が日本には大勢いるんだと思う。

トリクルダウンは起きず、格差は広がり、1%が99%から搾取する状況が悪化しています。アベノミクスの破綻とも言います。

稲田朋美防衛大臣に従う素直な人たち(南スーダンへ派遣される自衛隊員のための壮行会にて)

誰のために政治をやっているのか・・・

原発という名の発電設備が生み出した負の遺産は、後の世代を苦しめ続ける。

政治家のレベルが低いのは、有権者の責任である。

「強いリーダー」が大モテ・・・?

日本はアメリカの植民地なので、こういうことが起きる。

現実味を帯びてきましたね。

軍国主義と放射能のコラボレーション?
%e8%bb%8d%e5%9b%bd%e4%b8%bb%e7%be%a9%e3%81%a8%e6%94%be%e5%b0%84%e8%83%bd%e6%b1%9a%e6%9f%93

安倍総理大臣の得意技は手のひら返し。

以上

Pocket

【多国籍企業による寡占化!】我々が消費する食料はこれらの企業が支配している。

Pocket

 多国籍企業による寡占化が様々な業界で進んでいますが、食料品もその例外ではありません。寡占化による弊害を以下に列挙します。

・中小零細企業が淘汰され、吸収合併された場合、従業員は巨大企業の下請け作業者になってしまう。
・個性や多様性が失われ、非人間的な仕事環境が生まれる。
・価格が安くなっても、栄養価が失われ、味も落ちる。
・利益最優先主義が徹底され、効率化のために、食の安全性がないがしろにされる。
・巨大企業が政治家に献金することで法規制の緩和をさせている。
・薬漬け、添加物まみれの食品が蔓延し、人々の健康を害する。
・企業はお金の力でマスコミを支配し、消費者にとって必要だが企業にとって都合が悪い情報を流さなくなる。

 今回は、我々が日常的に購入する食料をコントロールする会社を10個紹介します。馴染みのある会社ばかりです。

参考リンク:
「10 Corporations Controlling Everything You Buy at the Grocery Store」

1)Kellogg’s
 アメリカに本社を置くKellogg’sは、2015年の売り上げが135億ドルにもなる。
kellogg

2)Associated British Foods
 イギリスのロンドンに本社を置くこの会社は、2015年の売り上げが166億ドル。
associated-british-foods

3)General Mills
 アメリカのミネソタ州に本社を置くGeneral Millsは、2015年の売り上げが176億ドル。
general-mills

4)Danone
 フランスのパリに本社を置くDanone。2015年度の売り上げは249億ドル。
danone

5)Mondelez
 アメリカのニュージャージー州に本社を置くMondelez。2015年度の売り上げは296億ドル。
mondelez

6)Mars
 アメリカに本社を置くMars。2015年度の売り上げは330億ドル。
mars

7)Coca-Cola
 アメリカのジョージア州に本社を置くCoca-Cola。2015年度の売り上げは443億ドル。
coca-cola

8)Unilever
 オランダとイギリスに本社を置くUnilever。2015年度の売り上げは591億ドル。
unilever

9)PepsiCo
 アメリカのニューヨークに本社を置くPepsiCo。2015年度の売り上げは630億ドル。
pepsico

10)Nestlé
 スイスに本社を置くNestlé。2015年度の売り上げは870億ドルであり、世界最大の食品製造会社だ。
nestle

 これらの会社はみな、何兆円という単位の売り上げを誇る大会社ばかりです。会社名も商品も皆さんに馴染みがあるものばかりです。知らず知らずのうちに慣らされてしまい、こういったものに囲まれて暮らすのが当たり前だと思い込むのは危険です。これらの会社は遺伝子組み換え作物を躊躇なく使用し、日本へも大量に輸出しているのです。

 我々消費者が一歩立ち止まって、問題意識を持つことが大切だと思います。

以上

新・買ってはいけない(10)

新品価格
¥1,296から
(2016/11/19 20:25時点)

Pocket

【まるで他人事!】子ども食堂に対する安倍総理の偽善メッセージを批判する。

Pocket

 最近、新聞でも取り上げられることが多くなった「子ども食堂」。定義としては次の2種類があるそうです。引用します。

1)共生食堂型:
 貧困家庭の子たちだけを相手にするわけではない。 そうでない子どもたちも、そしてまた大人たちにも、来てほしい。 多くの人たちがごっちゃに交わる交流拠点のイメージ。みんなでわいわいやりながら、食卓を囲み、思い思いに過ごす、寄り合い所のイメージ。

2)ケア付き食堂型:
 たとえば貧困家庭の子に学習支援を行う無料塾がある。 行政や学校の紹介で子どもたちが通い、教師経験者や大学生など一定のノウハウを持つ者が対応する。 それの食事版とイメージすると、わかりやすい。 無料塾が学習面での相対的落ち込み(格差)を挽回するために行われるように、D型は食事面・栄養面での相対的落ち込みを挽回するために開かれる。 そして、一緒に食卓を囲むことを通じてつくられた信頼関係を基礎に、家族のこと、学校のこと、進路のことといった子どもの生活課題への対応(課題解決)を目指す。

引用記事のリンク:
「こども食堂」の混乱、誤解、戸惑いを整理し、今後の展望を開く

 貧富の格差を拡大する政策が長らく続けられてきたため、社会的弱者がそのしわ寄せを受けています。子ども食堂が日本中で広がっているのは、政治の貧困が原因なのです。このような基本的事実を知らない安倍総理は、次のようなメッセージを社会的弱者である子どもたちに送りました。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%82%92%e6%8b%85%e3%81%86%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b8%ef%bc%88%e5%ae%89%e5%80%8d%e7%b7%8f%e7%90%86%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb

 このメッセージに対しては多くの人が批判の声を上げています。代表的なものを以下に記します。参考にしてください。

以上

Pocket

【博多陥没事故】早期復旧すればいいのか?原因追求と対策が甘ければ再発は免れない。

Pocket

 2016年11月8日の早朝、福岡市のJR博多駅前で大規模な道路陥没事故が発生しました。

 24時間営業のコンビニエンスストアのすぐ近くです。

写真(陥没事故現場) 出典:毎日新聞
写真(陥没事故現場) 出典:毎日新聞

 
 事故発生の時間帯が早朝だったせいか、死亡者やケガ人はいませんでした。運が良かったのです。

 連日夜を徹しての復旧穴埋め工事が行われ、数日で通行止めが解除されそうです。

写真(陥没現場の復旧工事) 出典:毎日新聞
写真(陥没現場の復旧工事) 出典:毎日新聞

 この件では、福岡市や建設会社の担当者が謝罪をしています。

写真(陥没事故で謝罪する福岡市関係者) 出典:FNN
写真(陥没事故で謝罪する福岡市関係者) 出典:FNN

 しかし、謝罪して早期復旧させればOK、という訳にはいきません。原因と再発防止策が重要です。

 事故現場の下では地下鉄の延伸工事が行われていました。

図(道路陥没現場のイメージ) 出典:東京新聞
図(道路陥没現場のイメージ) 出典:東京新聞

 関係者が謝罪する時も、原因は調査中と述べるにとどまりました。今後、再発防止策は出てくるのでしょうか?

 地下鉄工事現場では、過去にたくさんの陥没事故が発生しています。

図(地下鉄工事現場で過去に発生した陥没事故) 出典:毎日新聞
図(地下鉄工事現場で過去に発生した陥没事故) 出典:毎日新聞

 大事故が発生してケガ人も出ているというのに、再発防止策が不十分であったため、繰り返し同じ間違いを犯してきたと考えるべきでしょう。地下の工事は一般人の目に見えにくく、コスト削減のために手抜きが横行していると聞きます。建設業者にとってはうまみのある分野なのです。大きな組織では責任感や罪悪感が希釈されやすく、切実感を持って愚直に行動する人は干されてしまうでしょう。大企業病は日本病でもあります。

 工事業者など関係者がオイシイ思いをしても、事故で迷惑を被る一般利用者はたまったものではありません。今回のJR博多駅前道路陥没事故は、発生時間帯が真昼間であれば多数の死傷者が出てもおかしくないケースでした。取り返しのつかない事態が将来起きないように、明確な再発防止策を実行しなければなりません。

 福島原発事故もそうですが、日本人の「喉元過ぎれば熱さを忘れる」病は深刻です。歴史の教訓から学べない民族は美しくないし、世界から尊敬されることもないでしょう。

以上

Pocket

【日米同盟は安泰?】トランプと安倍晋三の見分け方をお教えします。

Pocket

写真(トランプ次期米大統領と安倍晋三総理) 出典:日刊ゲンダイ
写真(トランプ次期米大統領と安倍晋三総理) 出典:日刊ゲンダイ

 マスメディアの喧伝とは裏腹に、ドナルド・トランプさんがアメリカの次期大統領になることが決まりした。何千億円というお金を選挙キャンペーンに注ぎ込んできたヒラリー・クリントンさんは、とても悔しがっていると思います。

 安倍晋三総理は予想外の事態に慌てふためいて、トランプさんとのコネクション作りに一生懸命のようです。今後も、日本はアメリカの植民地であり続けたいと思っているのでしょうか?

 さて、Facebook上で大西航さんという方が、「トランプと安倍晋三の見分け方」と題した一覧表を公開なさっています。以下に引用させていただきます。

図(トランプと安倍晋三の見分け方)
図(トランプと安倍晋三の見分け方)

 短い言葉ながら的確に本質を突いており、かつ、ユーモアも感じられます。政治に無関心な日本国民を覚醒させるのに役立つのではないでしょうか。

 ご同意いただけたら、ネット上での拡散をお願い致します。

以上

Pocket

福島県内の自動車整備工場で洗車汚泥が高濃度放射性廃棄物と化している。この問題は氷山の一角に過ぎない・・・

Pocket

 福島県内には、国が認証した自動車整備工場が約1700か所あります。自動車を洗車した時に発生する汚水は地下に溜められ、油・水と汚泥が分離され、有害でない水だけ排水されています。福島原発事故以降、沈殿した汚泥は高濃度の放射性廃棄物と化しています。

図(洗車場の油水分離槽) 出典:東京新聞
図(洗車場の油水分離槽) 出典:東京新聞

 第三者機関による調査では、整備工場1700か所のうち36か所を調べたにすぎませんが、国の指定廃棄物基準(1キログラム当たり8000ベクレル超)の7倍以上(最大57400ベクレル)の放射性物質を検出していたことが、業界三団体への取材で判明しました。

参考リンク:
福島の整備工場 洗車汚泥に放射性物質

Car wash septic tanks emerge as radiation threat in Fukushima

 福島原発事故により、チェルノブイリ原発事故よりも多い放射性物質が世界中に拡散しました。現在も放出し続けており、東日本一帯は特に汚染状況がひどいのです。

写真(放射性セシウムによる土壌汚染) 出典:IPPNW-Report "Health consequences resulting from Fukushima Update 2015"
写真(放射性セシウムによる土壌汚染) 出典:IPPNW-Report “Health consequences resulting from Fukushima Update 2015”

 福島県内の自動車整備工場で放射性廃棄物が蓄積されていても何の不思議もありません。この件で何が問題なのか、以下に箇条書きします。

・法律による報告義務は、下水の汚泥と焼却灰だけが対象とされており、多くの抜け穴がある。

・福島県内の自動車整備工場だけで数千トンの高濃度放射性汚泥が溜まっている。汚泥が溢れないように、健康不安におののきながら手作業で汚泥を汲み上げる作業をしている。

・業界団体は何年も前から日本政府に対して対策を求め続けていたのに、事実上、放置されていた。行政の怠慢である。

・各自動車整備工場は顧客を失うことを恐れ、長らくこの事実を公表することが出来なかった。彼らの保管能力は限界に達しつつある。

・今回、第三者機関による調査はわずかに36か所であり、国による全数調査を早急に実施しなければならない。

・自動車整備工場の放射性汚泥問題は、福島県内だけの問題ではない。放射性物質が付着した自動車は日本中を走り回っており、日本中に拡散している。汚染状況調査は日本全国で行わなければならない。

・放射性廃棄物は、自動車整備工場だけの問題ではない。今回判明した事実は、氷山の一角に過ぎない。ありとあらゆる分野で汚染が放置され、日本国民は事実を調べようともしないし、見ようともしていない。

・問題の先送りは健康被害という形で現れる。呼吸や食事を通じて体内に取り込んだ場合の内部被ばくが恐ろしいのだ。体重1キログラム当たり50ベクレルを超えると、心臓血管系・神経系・内分泌系・免疫系・生殖系・消化器系・排泄系で病的な変化が増加する。人工放射性物質には、これ以下なら安全という閾値は存在しない。チェルノブイリ原発事故後の調査ですでに明らかになった事実だ。

最後に:
 新聞テレビなどの主要メディアは、このニュース(自動車整備工場の放射性廃棄物問題)をほとんど取り上げていません。運良くこの情報に接することができた人は、「福島県内だけのことだ」「自動車整備工場限定の問題だ」と思わない方がいいです。問題の矮小化は死を招きます。

以上

Pocket

【人間社会を破壊する発電設備】福島原発周辺の町は今どうなっているのか?

Pocket

 2011年3月に発生した東日本大震災は、広範な地域に壊滅的な被害をもたらした。犠牲者や行方不明者が多く、心の傷はまだまだ癒えないだろうが、復興は進んでいる。しかし、立ち入り禁止の区域では、人が戻ることもできず、後片付けすらできない状態だ。原発という名の発電施設が事故を起こし、半永久的に人が住めない場所が出来てしまったのだ。放射性物質による汚染があまりにもひどいため、さすがの安倍政権も居住を許可できない区域がある。

 今回は、外国人の写真家:Arkadiusz Podniesinski氏が撮影したものを何枚か紹介する。

写真(富岡町の保育園で放置された三輪車)
写真(富岡町の保育園で放置された三輪車)
写真(双葉町の保育園で放置されたままのカバン)
写真(双葉町の保育園で放置されたままのカバン)
写真(富岡町のレンタルDVDショップ)
写真(富岡町のレンタルDVDショップ)
写真(パチンコ店は客も来ないまま、床に球が散乱している)
写真(パチンコ店は客も来ないまま、床に球が散乱している)
写真(薬局は放置されたまま片づける者もいない)
写真(薬局は放置されたまま片づける者もいない)
写真(無数の家畜が飢え死にし、放置されたままだ)
写真(無数の家畜が飢え死にし、放置されたままだ)
写真(病院の機能は停止したままだ)
写真(病院の機能は停止したままだ)

 たかだか発電施設が事故を起こしただけで、人間社会を再起不能にしてしまったのだ。原発と人間が共存できないことを直感で理解して頂けたらと思う。

参照リンク:
Photos give rare glimpse inside the abandoned city of Fukushima

以上

Pocket